注目

「薬剤師転職支援サイト」タグの記事一覧

個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット

大手調剤薬局チェーン

当サイトでは薬局へ転職するのであればある程度の規模のチェーンをお勧めしております。小規模チェーンや個人薬局への転職はリスクが大きいと判断しているからです。

小規模チェーン薬局、個人薬局へ転職するデメリット

  • 将来のポストが少ない
  • 会社の将来性がない(少ない)
  • 薬局数が少ないと経営難に陥りやすい
  • 十分な設備投資がされない
  • 知名度や魅力が乏しいと薬剤師が充分に採用できない
  • 社長と一緒に働く
  • もしくは社長の奥さんと一緒に働く
  • 薬局(職場)の人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。より

上記の他にも、大手調剤チェ―ンに買収されてしまうというリスクもあります。

大手チェーン薬局へ転職するメリット

チェーン展開している薬局は、店舗が多数あることで経営リスクが分散されています。いくつかの薬局で経営状態が少し悪くなったとしても他の薬局でカバーできる体制が整っているため、小規模チェーン薬局や個人経営の薬局よりも収益が安定していると言えます。

経営が安定しているからこそ、継続的な投資が可能となります。自動錠剤分包機、自動水剤分注機、軟膏混合器などの調剤機器や調剤過誤防止システム、電子薬歴の導入などを通じて薬剤師が働きやすい環境が構築されています。

福利厚生・教育制度・幅広いキャリアパスなどの価値を提供することができます。

また、住宅手当、借り上げ社宅、財形貯蓄制度、資格取得支援の補助など、安定した収益に基づく福利厚生が整っています。子育て支援が充実している会社も多く、女性も長く活躍できる環境があります。

二年に一度の調剤報酬改定により薬局の収入は大きく左右されます。1薬局だけの経営であればそれだけで一気に経営難に陥ることも。

様々な特徴を持つ薬局を複数持っている大手調剤薬局チェーンであれば今後も安定して成長していくことが可能であると言えます。

大手調剤薬局チェーンの求人を絞り込んで検索する方法をまとめました。

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

このページにたどり着いた方は、おそらく頭に「転職」という2文字が浮かんでいる薬剤師だと思います。

職場で辛いことがあったのでしょう。

現状に不満を感じているのでしょう。

もう薬剤師を辞めたい!と考えている薬剤師もいるのではないでしょうか。

 

自分も薬剤師であり、転職を2回経験しています。最初の1回は失敗しました。

私の転職失敗談

 

本当に転職したほうが良いのか。それともしない方が良いのか。

一緒に考えていきませんか?

薬剤師専門転職コンサルタント、キャリアアドバイザー、コンシェルジュの違い

薬剤師転職支援サイトに登録すると担当者から電話やメールなどで連絡が来ます。

詳細な流れは⇒「薬剤師転職支援サイトに登録した後は何をすべきか」で紹介しますが、連絡をくれる担当者の呼び方(肩書き)は薬剤師転職支援会社によって様々です。

薬剤師のための転職支援サービスの内容はほとんど変わりませんが呼び方がいろいろあるのでちょっとまとめてみました。

薬剤師転職サイトに登録しない理由は何?

転職を考えているなら登録が早い方が良い3つの理由

登録完了順に紹介が始まる

先に登録し、かつ連絡が取れた薬剤師から転職先の紹介が始まります。似たような条件で転職先を探していた場合先に取られてしまう可能性があります。

薬剤師転職サイト登録キャンペーン情報

転職を考えている薬剤師へ。

せっかく薬剤師転職支援サイトに登録するのであればお得な時期にしたいもの。

薬剤師転職支援サイトで現在実施中のキャンペーンについてまとめました。

期間や条件等の詳細につきましては各社の公式ホームページでご確認をお願いいたします。

まずはこちらから

転職お祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職支援サイト一覧

転職祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職支援サイト

薬剤師転職ボーナス

薬剤師が転職すると転職お祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職サイトをまとめました。

どうせ転職するならお得にしたいもの。同じ条件の求人であれば転職お祝い金のある紹介会社で転職したほうがお得です。

但し、転職お祝い金をもらう事に執着していて給与交渉がおろそかにされていては本末転倒。

どの紹介会社を使ってどの職場に転職をするのかは、給与等の条件交渉をしっかりやってもらったうえで総合的に考えましょう。

どの薬剤師転職サイトに登録すれば良いか(業種×雇用形態別)

薬剤師が転職する際にどこの薬剤師転職支援サイトに登録するのが良いか、希望の業種と雇用形態別にまとめてみました。

複数登録することで情報収集量が増し転職成功確率がアップします。

当サイトでは以下の8つの薬剤師転職支援・求人サイトを掲載しています。

薬キャリ マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ リクナビ薬剤師 ファーマジョブ PHGET ジョブデポ薬剤師 ヤクステ ヤクジョ

たくさんあってどこに登録すれば良いのか迷ってしまうと思います。

それぞれに強みがありますのでどこの転職支援・求人サイトに登録すれば良いのかを業種×雇用形態別)にまとめてみました。

薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴

薬キャリの特徴

薬剤師転職支援サイトのうち今回はm3.comでおなじみのエムスリーグループが運営する「薬キャリ」の紹介です。薬キャリの特徴についてまとめました。

リクナビ薬剤師の特徴

薬剤師転職支援サイトのうち今回はリクナビ薬剤師の紹介です。リクナビ薬剤師に登録するメリットについてまとめました。

マイナビ薬剤師の特徴

マイナビ薬剤師の特徴

薬剤師転職支援サイトはいくつもあります。いったいどこに登録すれば良いのでしょうか?今回はマイナビ薬剤師の特徴についてまとめてみました。

薬剤師転職支援サイト職種別求人数比較(2016年2月版)

薬剤師が転職するときにはどこの転職支援サイトを使うべきか迷うこともあると思います。

参考にする際の資料として公開されている薬剤師の求人数を職種別に集計しました。但し、非公開求人は数に含まれていません。非公開求人は登録後に紹介されます。

まずは求人数が最も多い調剤薬局から。件数はいずれも2016年2月5日現在です。

薬剤師転職サイト求人ランキング2016

薬剤師転職支援サイトランキング

最新の薬剤師転職支援サイト比較ランキング2017はこちらから⇒薬剤師転職支援サイト比較ランキング2017

転職支援サイトは1つだけ登録すれば良いというわけではありません。

触れることができる求人情報が多ければ多いほど、選択肢が広がり希望に沿った求人を見つけられる可能性が高まります。

こちらのランキングにある薬剤師転職支援サイト全てに登録する必要はありませんが、少なくとも2つ以上のサイトに登録して転職活動を進めていきましょう。

 

複数の薬剤師転職支援サイトに登録すべき3つの理由

  1. 転職支援コンサルタントからの求人紹介数を増やすため
  2. 希望によっては求人紹介ペースが落ちるがそれを防ぐため
  3. セカンドオピニオンとして使う

 

効率的に薬局の求人情報をあつめるなら転職支援サイトの併用は必須です。

複数の転職支援サイトを併用しながら、自分の希望にあった求人で話を進めていきましょう。

複数の薬剤師転職支援サイトを利用していればセカンドオピニオン的な使い方も可能になります。

 

 

薬剤師転職支援サイトランキング

当サイトから転職された方が多いサイトのランキングです。薬剤師転職サイトの比較にどうぞ。

    <薬剤師転職部門>

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)

     

    薬キャリ(エムスリーキャリア)はm3.comでおなじみの東証一部上場エムスリーグループが運営する薬剤師向け転職支援サイト。

    登録企業は最大級。未登録でも検索可能ですが、勤務先名称は伏せられています。

    登録すればもちろん全て公開されるのでご安心ください。

     

    薬キャリ(エムスリーキャリア)

    ⇒当サイトが薬キャリ(エムスリーキャリア)をオススメする4つの理由

    image

    薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴

  • リクナビ薬剤師

    リクナビ薬剤師は、あのリクルートが運営する薬剤師転職支援サイトです。

    様々な業種の転職を支援しているリクルートですが、リクナビ薬剤師の転職アドバイザーは薬剤師専任ですから情報の質が違います。

    きっとあなたの薬局に対する希望を叶えてくれることでしょう。

    リクナビ薬剤師

     

    image

    リクナビ薬剤師の特徴

  • マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師は毎日コミュニケーショングループが運営していて安心感があります。

    大手チェーン薬局の求人が大変豊富で勤務先名称も公開されています。

    チェーン薬局間の求人条件の比較に便利です。

     

    マイナビ薬剤師

     

    image

    マイナビ薬剤師の特徴

 

    <派遣薬剤師部門>

  1. ファルマスタッフ

    image

    薬剤師派遣会社ファルマスタッフ(PHARMA STAFF)の特徴

    <薬剤師転職部門>

  1. 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  2. リクナビ薬剤師

  3. マイナビ薬剤師

    <派遣薬剤師部門>

  1. ファルマスタッフ

  2. 結局のところどの薬剤師転職支援サイトに登録すれば良いの?(正社員・パート・派遣‐薬局・病院・クリニック・ドラッグストア)

薬剤師の転職 12月開始のメリットデメリット

12月から転職活動を始めるのはどうですか?

薬剤師が12月から転職活動を開始するメリットとデメリットを教えてください。

薬剤師の転職 11月から転職活動を始めるのは良い時期?

11月から転職活動を始めるのは良い季節でしょうか?

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

病院薬剤師として働いていた20代の女性薬剤師のCさんが転職先に決めた薬局は、ハーブやアロマに力を入れているという薬局でした。しかし、その転職は大失敗。

なぜ大失敗だったのでしょうか?

 

転職を考えるようになったきっかけ

Cさんの勤務先は病院の薬剤部。病棟業務が忙しくて夜勤があり、さらに4週6休のためプライベートが充実できないこと、給料が思ったほど上がらないことが転職を考えたきっかけでした。

 

転職先薬局の希望条件

仕事とプライベートをうまく両立させたいという思いがあったCさん。

希望の条件は以下の通りです。

  • 完全週休2日制
  • 残業がさほど多くない
  • 研修制度がしっかりしている
  • 自宅から通勤可能

 

転職活動は薬剤師転職支援サイトを利用

Cさんは仕事を続けながら転職活動を始めました。

効率的に情報収集が可能な、薬剤師転職支援サイトに登録して連絡を待ちます。

サイトに登録後、コンサルタントから連絡があり、Cさんの条件に合う薬局をいくつか紹介してくれました。

Cさんは休みが少ないため転職活動に使える時間に限りがあります。複数紹介された薬局から3か所にしぼって見学と面接をお願いすることにしました。

 

3つの薬局で面接を受ける

3つの薬局で見学をさせてもらい、面接を受けました。

 

1つ目は面処方箋を多く受け付ける調剤薬局。

薬局の雰囲気もよく、完全週休2日制。研修制度は充実していました。多くの医療機関からの処方せんが持ち込まれるので薬の在庫品目数が多く、知識が偏ることがないことも利点でした。

 

2つ目は個人医院(内科)の門前薬局。

完全週休2日制で残業はほぼゼロ。内科の門前です。3つの薬局のうち一番給与提示が良かったのはこの薬局です。

 

3つ目も開業医(内科)の門前薬局

ハーブとアロマに力を入れている薬局でした。研修制度は充実しています。完全週休2日制で残業はほぼありません。

 

希望条件に合致した薬局に転職して年収もアップ

3つの薬局からどこにしようかと悩んだ末、Cさんは3つ目のハーブとアロマに力を入れている薬局に決めました。

希望条件も満たしていた上、今の年収よりもアップしました。

 

でもその転職は失敗に

条件に合っていた上に年収もアップ。ハーブはアロマにも少し興味があったので楽しそうです。

働き始めて半年後、Cさんに思わぬことが起きました。

市内にある同じ会社の別の薬局への異動です。

 

同じ会社なので給与体系は同じでしたが、異動先の薬局は週に2日午後休みのシフト制週40時間勤務でした。門前の医療機関が夜7時まで診療をしているので薬局閉局は夜8時近く。残業も増えてしまいました。

そしてその薬局ではハーブもアロマもまったく力を入れていません。というかゼロでした。

 

当初希望した条件のうち、「完全週休2日制」と「残業がさほど多くない」が合っていません。

結局病院に勤務していた時と比べて帰宅時間はむしろ遅くなってしまいました。

 

転職失敗の理由

Cさんが薬剤師転職支援サイトを利用して転職活動をしたまでは良かったのですが、その先が失敗でした。

薬剤師転職支援サイトのコンサルタントは様々な情報を提供してくれて、かつ相談に乗ってくれますが、最終的に決めるのは自分です。

コンサルタントからは、「ハーブやアロマに会社全体で力を入れているわけではないですよ。」という助言はあったようですが、見学に行った薬局でのアロマに力を入れている所に気に入ってしまいました。

自分が転職を決めたきっかけは「プライベートを充実させたい」ということ。それが目的で転職をきめたのに、途中から「ハーブとアロマ」に目がくらんでしまったことが失敗の原因です。

 

転職失敗を避けるには

その薬局が異動させることを最初から考えていたのかどうかは不明ですが、会社全体でどう考えているのかを見ることも重要です。

コンサルタントの助言を聞きながら、自分が最も大切にしている条件は何かを再度よく考えましょう。

その条件に最も合致するのはどこの薬局なのかを十分に考えてから最終決断をすることが転職失敗を避ける秘訣です。

 

転職失敗回避の方法には失敗例を知ることが大事

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・必読8つの実例

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてから?それとも仕事を続けながら?

転職を考えている薬剤師がいます。

転職活動は仕事を辞めてから始めたほうが良いのでしょうか?

それとも仕事を続けながら転職活動をした方が良いのでしょうか?

薬剤師転職サイトを利用するメリットとデメリットとは

当サイト「薬剤師のための年収アップ・転職ガイド」では、薬剤師転職支援サイトを利用して転職をすることで、失敗の少ない転職活動が可能であるとご紹介してきました。

ここで、もう一度薬剤師転職支援サイトを利用することのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

今後転職するなら「かかりつけ薬局」じゃないと先が見えなくなります

厚生労働省が、「かかりつけ薬局を推進していく」という記事はすでに薬局薬剤師薬の説明の方で書きました。

 

いわゆる「門前薬局」から「かかりつけ薬局」となれるように調剤報酬の評価を変えていくというものです。

薬剤師が転職するのに最も良い時期はまさに今 条件は需要と供給で決まります

第100回薬剤師国家試験の合格率は昨年に引き続き低いものとなりました。

第100回薬剤師国家試験の結果と薬科大学別合格率の発表

第100回薬剤師国家試験の大学別合格率ランキング

 

その結果、採用が予定通り進まずに困っている薬局が少なくありません。

私が勤める薬局にも新卒薬剤師が配属予定でしたが、残念ながら不合格となってしまい入社に至りませんでした。

 

では、薬局は薬剤師不足を解消するためにどうするか。

 

それは

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ