「薬局の人間関係」タグの記事一覧

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 ランキング 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す

転職先の探し方

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探すもしくは卸さんに薬局を紹介してもらう。卸さんは直接その薬局に出入りしているため、そこではどういう薬剤師が働いているか、薬局雰囲気はどうか、忙しさはどんな感じかなどの「生の情報」を得ることが可能です。さらに、卸さんは各薬局の支払い状況を把握しています。経営が危ない場合は、支払いサイトを短くするか、売掛金の額に制限をかける場合があります。薬局の大まかな経営状態を把握していることも強みでしょう。こんな薬剤師に向いています:今働いている薬局の近くで転職先を探そうと考えている薬剤師。注意点:紹介してくれた薬局が実はその卸が経営している、もしくは傘下の薬局という場合もあります。セールストーク(勧誘)には十分気を付けてください。現在仕事をしていない薬剤師にとっては卸さんとの付き合いはないでしょうからこの方法は使えないでしょう。

毎年4月は薬剤師パートの応募が一番増える時期です。その理由は??

薬剤師の採用

毎年4月は薬剤師の中途採用(パートを含む)応募が増える時期です。薬剤師の供給が増えるということは、人気のある働きやすい良い薬局の求人は今まで以上に競争となります。今転職を考えている薬剤師は早めに次の職場を探し始めたほうがよいのではないでしょうか?4月からの復帰を考えている薬剤師よりも先に動き始めることが肝要です。給料が高い薬局、働きやすい環境の薬局、休みがとりやすい薬局、残業が少ない薬局は人気があり、すぐに募集が締め切られてしまう場合が少なくありません。今のうちから自分が望む条件を明確にしておき、その条件に近い薬局の求人情報を紹介してもらいましょう。転職するときになってから考えればよいと始めは自分も思っていました。でもそういう時に良い条件の薬局から求人が出ているとは限らないんですよね。自分に合った条件の薬局が出たときが転職をするベストなタイミングだと思います。転職で失敗しないためにはとにかく情報収集です。正確性が高く実用的な情報を集めましょう。

妥当でない転職理由(動機)で転職を繰り返す薬剤師は採用されません

転職理由・動機

転職を繰り返す薬剤師は採用されにくくなっています。ただそれは妥当でない転職理由(動機)である場合に限られます。理由が妥当であれば転職回数が多くても気にすることはありません。 転職回数が多く、この理由だったら採用しないなと思う例(あくまでも採用する立場で)①給料が安い⇒また同じ事を言い出すよね。きっと。②薬局の人間関係が悪い⇒判断に迷います。毎回この理由で転職している人は、その人自身が人間関係を悪くしている場合もあります。また、うまくコミニュケーションをとれない人なのかもしれません。③仕事が忙しすぎる⇒これも迷います。本当に激務の職場だったのか、その薬剤師が甘えているのか。同じ理由で辞められては困りますから採用しない方向になると思います。④もっと勉強できる職場で働きたい⇒この理由結構多いです。調剤や鑑査、服薬指導は勉強してきたことをアウトプットする場所。勉強は大事ですが、勉強だけされに来ても困ります。大事なのは患者さんの役に立つ仕事をすること。確かに単科の門前で1日30枚くらいの薬局で働いている薬剤師はその知識量に不安を持つことがあるかも知れませんが、どの職場でも勉強はできます。結局は薬剤師本人の甘えの部分が大きいです。転職回数が多くこの理由だったら採用しないなと思う例を4つ挙げてみましたが、薬剤師が転職する理由として多いのは、この4つでしょう。薬剤師が過剰となってきており、こういった理由で転職を繰り返す薬剤師を採用する薬局は今後ますます減っていきます。とはいっても、まだまだ薬剤師が不足している地方が多いのは事実。いまのうちなら転職も可能で年収がアップする案件もあります。薬剤師の求人情報が豊富な転職支援サイトに登録してたくさん紹介してもらうことが、転職成功の近道です。転職理由がどうであれ、薬剤師が不足していてどうしてもすぐに必要という薬局なら、採用されます。

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

結婚・出産・育児 転職理由・動機

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職薬剤師を採用する立場でお話しいたします。求職者の履歴書を見て、転職回数が多い場合、あれっ??と思うのは事実です。重要なのは転職の回数ではなく、その理由。面接の時にはその理由を絶対聞きます。転職理由が妥当な場合は回数が多いことはあまり気にしません。転職回数が多くても、過去の転職理由が妥当だと思う例(あくまでも採用する立場で):①勤めていた薬局が閉局⇒これは仕方のないこと。薬剤師本人にはどうしようもない部分です。②夫の転勤⇒女性が多い薬剤師。これも仕方のないことです。③結婚・出産・育児⇒②に近いですが、これも女性にとっては大切なことですから、妥当かと思います。④親の介護の都合⇒最近多いです。実家近くへの引越しに伴う転職。過去の転職理由としては良いですが、今回の転職理由だと急に休みが必要となることが多いかも、と少し心配になります。