「薬局求人」タグの記事一覧

薬剤師が自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す(すべて自力で)

転職先の探し方

薬剤師自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す(すべて自力で転職先の薬局を探す。薬剤師が転職先を探すときに、自らの人脈に頼りすべて自力で行うという方法があります。こういう方に向いています:友人・知り合いが多い薬剤師、行動力のある薬剤師、近隣の薬局に転職を考えている薬剤師。たとえば大学の同期に薬局に勤めている人はいませんか?連絡を取ってみて、薬局の評判を聞いてみるのも良いでしょう。また、薬剤師会主催の勉強会や集まりで知り合いになった近隣薬局の薬剤師に話を聞いてみるのも良いと思います。SNS(facebookやmixiなど)で薬剤師の知り合いがいれば情報をもらえることもあるでしょう。注意点:その薬局の薬剤師に強く誘われるときには要注意です!!自分が辞めるつもりで後釜を探している可能性や、だれか入社させるともらえる報奨金目当ての場合もあります。信頼できる仲である場合のみ話を聞きましょう。また、すべて自力で行った場合は情報を得られる範囲が限られてしまいます。近隣の薬局に転職を考えているのであれば有用な方法にもなりますが、別の地方の薬局を探すには向いていない方法です。

毎年4月は薬剤師パートの応募が一番増える時期です。その理由は??

薬剤師の採用

毎年4月は薬剤師の中途採用(パートを含む)応募が増える時期です。薬剤師の供給が増えるということは、人気のある働きやすい良い薬局の求人は今まで以上に競争となります。今転職を考えている薬剤師は早めに次の職場を探し始めたほうがよいのではないでしょうか?4月からの復帰を考えている薬剤師よりも先に動き始めることが肝要です。給料が高い薬局、働きやすい環境の薬局、休みがとりやすい薬局、残業が少ない薬局は人気があり、すぐに募集が締め切られてしまう場合が少なくありません。今のうちから自分が望む条件を明確にしておき、その条件に近い薬局の求人情報を紹介してもらいましょう。転職するときになってから考えればよいと始めは自分も思っていました。でもそういう時に良い条件の薬局から求人が出ているとは限らないんですよね。自分に合った条件の薬局が出たときが転職をするベストなタイミングだと思います。転職で失敗しないためにはとにかく情報収集です。正確性が高く実用的な情報を集めましょう。