「調剤経験」タグの記事一覧

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。

薬剤師の採用

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。2名の転職希望薬剤師を不採用にしました。薬剤師はある程度充足してきています。以前はよほど変な人でなければ採用していましたが、今は選びます。転職を考えているなら早めに行動することが大切です。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由②若い薬剤師が欲しい

教育・研修システム 薬剤師の採用

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由の一つとして、若い薬剤師が欲しいというものがあります。 調剤薬局を経営している会社からの視点で見てみます。   採用する側(人事)が薬剤師を中途採用する際に必ず […]

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

教育・研修システム

調剤薬局では薬剤師を採用する際の条件として、薬剤師の求人票には「要薬剤師免許」とだけ書かれている場合がほとんどです。調剤経験の年数は給与決定に考慮されますが、調剤経験の無い薬剤師でも採用拒否の理由にはならないことがほとんどです。(薬剤師が過剰になってくれば状況は変わるかもしれません。)調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用をする理由を挙げてみました。①薬剤師の人手不足:処方せん発行医療機関数には以前のような伸びはありませんが、薬局の新規開局をどんどん進めている薬局チェーンでは当然薬剤師が必要となります。また、ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしていることも薬剤師不足の要因となっています。薬科大が無い地方では、以前から慢性的な薬剤師不足の状態が続いています。調剤薬局の業務内容は処方せん調剤やOTC販売だけではありません。最近では在宅に力を入れている薬局が増えてきています。今後ますます薬剤師は在宅医療に関わっていくことでしょう。現状として、処方せん調剤だけで手一杯の薬局で在宅医療を始めるとどうしても薬剤師の人手が足りません。在宅医療への参加によって薬剤師が慢性的な不足状態となっている薬局が増加傾向にあります。このような理由で薬剤師不足になっている薬局では、調剤経験の無い薬剤師でも積極的に採用しようとしているのです。調剤経験が無い薬剤師さんが転職先を決める際には、教育・研修システムがしっかりしている会社の薬局かどうかをしっかり確認してください。教育・研修システムが整っていない会社だと、薬局に配属してすぐに調剤・投薬をするように投げ出されてしまいます。

求人から見る薬剤師の給料(年収)比較(管理薬剤師・一般薬剤師・パート薬剤師)

年収 正社員薬剤師 管理薬剤師 給料 調剤薬局

転職支援サイトに掲載されている薬局求人情報から管理薬剤師、一般薬剤師、パート薬剤師の給料をそれぞれ調査してみました。管理薬剤師(正社員)の年収は概ね500万円~800万円。管理薬剤師の給料は経験と能力によって大きく変わります。薬剤師の需給によっても給料は変わります。管理薬剤師には医薬品管理だけでなく、人材育成や経営の知識も求められます。中には年収900万円や1000万円という薬局もありますが、ごくわずかでした。一般薬剤師(正社員)の年収は350万円~650万円が多く、年収800万円という薬局もありました。一般薬剤師の給料は主に年齢、調剤経験年数、その地域の薬剤師の需給によって大きく変わります。パート薬剤師の時給は1500円~2500円が相場です。中にはパート薬剤師の時給3000円という薬局もありました。週1日、1日4時間から勤務可能という薬局もあります。勤務日数や勤務時間は相談に乗ってくれる薬局がほとんどです。パート薬剤師の給料は主に、薬剤師の需給によって決まります。慢性的な薬剤師不足の現在、薬剤師の給料は主に需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって高くなるか安くなるかが決まってきます。(今後は能力によって薬剤師の給料に差が付いてくるはずです。)どんなに知識や能力がある薬剤師であっても、その地域に薬剤師が余っていれば当然のことながら年収は低く抑えられてしまいます。逆に、薬剤師が不足している地域であれば高収入の薬局求人がたくさんあります。高収入を求めるのであれば薬剤師が不足している地方を中心に探すと良いでしょう。

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

年収

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。