「転職先の薬局」タグの記事一覧

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

転職前の確認ポイント

10年後も存続している薬局とは。在宅に積極的に取り組んでいなければ存続の可能性は低いでしょう。平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられます。

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方。失敗しない転職をするにはとにかく情報が必要。薬局の真の情報をたくさん集めることが重要です。表面的な情報だえに惑わされてはいけません。採用担当者の口車に乗せられてもいけません。薬剤師転職支援サイトをフルに活用して転職を成功させてください。

4.薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

コンプライアンス 不満とその解消法 転職前の確認ポイント

コンプライアンスとCSRへの取り組みから転職先の薬局を探す。転職先の薬局が、不正請求をしている・・そんな薬局で働きたいとはだれも思いませんし、そんな薬局に転職してしまったらまたすぐに転職したくなるでしょう。最近では、企業コンプライアンスとCSRの取り組みが大変重視されています。法令違反により、信頼を失い、倒産に至るケースもあります。私たちはCSRについてこのように考えていますよと公表している薬局であれば、少なくとも常識から外れた行動をしていることはないでしょう。正しいことをできる薬局に勤めて薬剤師の職能を発揮させたいと思う人はぜひ、この点を重視して転職活動を行ってください。

新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する

転職先の探し方

6.新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する。新聞の広告欄にはごくまれに薬局の求人情報が掲載されていることがあります。この情報をもとに転職活動をする方法です。こんな薬剤師に向いています:特になし。注意点:自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。 この方法だけで転職先の薬局を探すことはほぼ無理でしょう。