「転職支援サイト」タグの記事一覧

薬剤師の転職 10月からの転職活動

転職の時期

10月から転職活動を始める場合のスケジューリングについて教えてください。秋は祝日が多く、連休明けには大変混雑します。気温が下がる10月からは風邪の患者さんが増えることもあり、多くの薬局では混雑が始まります。年末にかけてさらに忙しくなる季節です。扶養の範囲内で働いている薬剤師パートさんは11月から12月にかけて勤務時間を減らす傾向にあります。

薬剤師の転職 今の薬局で引き留められたから他の薬局への転職を諦めた

円満退職の方法

薬剤師の転職 今の薬局で引き留められたから他の薬局への転職を諦めた。辞めると言ったら給料を上げる薬局(会社)は本当に良い薬局(会社)なのか。法的にも辞めさせてもらえないということはありません。いくら引き留められたとしても退職は可能です。退職交渉の方法は転職コンサルタントに相談可能です。

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方。失敗しない転職をするにはとにかく情報が必要。薬局の真の情報をたくさん集めることが重要です。表面的な情報だえに惑わされてはいけません。採用担当者の口車に乗せられてもいけません。薬剤師転職支援サイトをフルに活用して転職を成功させてください。

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ)

転職先の探し方

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ):自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す。ハローワークで薬局の求人を探す。医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらう。新聞の求人折り込みで薬局を探す。新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探す。薬学系雑誌に掲載されている求人情報で探す。薬剤師転職支援サイトからの紹介。転職で失敗しないためには、そして自分が希望する条件に合う薬局を探すにはこの中のどれを使えば間違いがないのか。

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日 正社員薬剤師

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。

小規模(個人)薬局

個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。個人薬局への転職を勧めない8つの理由。医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には注意が必要です。個人薬局への転職を勧めない8つの理由①将来のポストが少ない②会社の将来性がない(少ない)③薬局数が少ないと経営難に陥りやすい④十分な設備投資がされない⑤人手不足になった時採用が難しい⑥社長と一緒に働く⑦もしくは社長の奥さんと一緒に働く⑧人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い。実際には、大手チェーンよりもすばらしい個人薬局はたくさんあります。自分ひとりで転職活動を始めてしまうと、その薬局の事を良く分からないまま入社を決めてしまい、絶対に後悔します。良いチェーン調剤薬局を見つけるのと、良い個人薬局を見つけるのとでは、後者の方が断然難しい。調剤薬局への転職を失敗しないためにも、無料の転職支援サイトを有効に活用しましょう。

今の薬局は最悪。そんなはずではなかった。薬剤師20代女性の転職

転職理由・動機

今の薬局は最悪。そんなはずではなかった。薬剤師20代女性の転職。大学の薬学部を卒業して調剤薬局の会社に入社。入社前の薬局説明会では良いことばかり言っていたのに、入ってみたら全然違う・・・。新入社員の薬剤師が転職を考えるきっかけとなった良くある理由よくある5つ:研修後に配属された薬局のお局様的な人にいじめられた、薬局に配属されてもあまり仕事をさせてもらえない、おなじ薬局に配属された同期とどんなことも比べられてしまう、忙しそうにしていて仕事を教えてくれない(邪魔者扱いされる)、勤務時間や休日、給与や住宅補助などの制度が最初の説明と違う。20歳代の薬剤師で、転職1回目であれば不利になることはまずありません。妥当な理由があれば採用する側も納得してくれるはずです。薬剤師の転職専門のコンサルタントという味方をつけて転職活動に挑んでください。転職コンサルタントの利用は無料。薬局業界に詳しいコンサルタントに希望を伝え、自分が求める理想の薬局を探してもらいましょう。業界の事を良く知らないで転職活動をすると、会社にうまく言いくるめられてしまうから気をつけよう。

薬剤師が転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何?

人間関係 給料
薬剤師の転職活動 何を基準にするか

薬剤師のあなたが転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何でしょうか?薬局の人間関係が良くない。薬局の給料(給与)が安い。休みが無い・少ない(取れない)。先が見えない・・・。例えば、薬局の人間関係が良くないが理由だった場合、チェーンの薬局に勤めている場合であれば、転職ではなく、まずは異動を希望するべきだと思います。私も経験がありますが、転職ははっきり言って大変です。自分は何を最も重視するかをしっかりと定め、転職支援の力を借りるのが薬剤師の転職において成功する重要なポイントだと考えます。