「門前薬局」タグの記事一覧

今後転職するなら「かかりつけ薬局」じゃないと先が見えなくなります

かかりつけ薬局 転職前の確認ポイント

残薬の削減、服薬指導の充実、24時間調剤応需、在宅業務への取り組み、ジェネリック医薬品の推進などにしっかり取り組んでいる薬局は調剤報酬で評価されます。今後薬局の収益に差がついてくることは間違いありません。立地の良さだけで大量の処方せんを確保する薬局の経営は悪化していくことでしょう。現在転職先の薬局を探している薬剤師は多くの人の「かかりつけ薬局」になっているかどうかを考慮して転職先を探しましょう。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

薬剤師のあなたが勤める薬局は門前医療機関の先生と良い関係を作れていますか?

薬局の規模 門前医療機関

今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?マンツーマン薬局で多いのが、①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。 ②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。忘年会or新年会を合同で行う。④特に何もしていない。こんな感じだと思います。もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。万が一調剤過誤が起きてしまった時の対応がうまくいかない⇒患者さんに体調変化が見られた時など先生の協力が得られないと困ります。急に先生が院外処方を中止し、院内処方にしてしまう⇒調剤薬局チェーンなら、その薬局を閉めて他へ異動が可能ですが、1薬局のみ営業している個人薬局だと異動もできません。あなたが勤めている薬局もしくは転職先の候補に挙げている薬局は、門前医療機関の先生との関係性はどうでしょうか?この辺もしっかりと転職前にチェックしておいた方が良いと思います。もし、あなたが今後長く調剤薬局で仕事をしていこうと考えているのであれば、万が一のリスクに備えて複数薬局を経営している調剤薬局チェーンへの転職をおすすめいたします。

薬剤師の残業時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

勤務時間

これから勤務する薬局の残業時間が毎月平均してどれくらいあるのかもチェックしておきたいところです。レセプト残業のように決まった期間(月初)だけなのか、毎日恒常的に残業が発生する勤務状況なのかをチェックしておきましょう。薬局の薬剤師が残業する大きな要因は主に2つあります。1つは、薬歴の記入。2つ目は勤務時間内も患者さんが来局し続けていて忙しく、帰れない場合。人員が豊富な薬局ではシフト通りに帰れるかもしれませんが、人材不足の場合は残らざるを得ません。平均残業時間だけでなく、残業の発生要因を確認しておきましょう。