「雰囲気」タグの記事一覧

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

転職

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。転職するのに最適な時期。それはあなたが、転職したいと思った時。今いる薬局が嫌で嫌で仕方ない。もっと違う職場で頑張りたいと思った時が転職に最適な時期です。迷っているなら早い方が良い。6年制の新卒がどんどん出てきていますので、薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。(私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。)転職したいと思っている人は今すぐに行動を起こした方が、結果的に良い薬局に巡り合えると思います。良い薬局は人が辞めないので募集が少ないばかりか、すぐに応募者が集まり採用決定してしまいます。(募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)迷っている薬剤師へ。とりあえず登録して情報収集を始めておきましょう。今いる薬局から引き留め工作に遭ってしまうと、辞めるが本当に大変になります。(私も小規模薬局を辞めるときは大変でした・・・)次の職場をしっかり決まった状態で、今いる薬局(会社)には辞めたい旨をしっかりと伝えましょう。

薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

不満とその解消法 転職

現在勤めている薬局に不満があり、転職を考えている薬剤師へ。仕事をやめようと考える前にまずは周りの人に相談を。上司に言いづらければ同僚や同期の仲間に。同じ会社でも薬局によって人間関係も違えば雰囲気も全く違うことだってあります。せっかく入社して仲間もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいない。会社を辞めることはいろいろな面で損失となる場合があります。転職をすると多くの場合生涯賃金が低くなります。(よほど良い給与体系の薬局に転職できれば取り戻せますが。)転職ではなく、社内異動ならそのような損失は少なくとも回避できます。薬剤師のための転職ガイドと言っておきながら転職を薦めない内容となってしまいましたが、それだけ転職というものにはパワーを消費します。私も2回調剤薬局→調剤薬局の転職をしましたが、どちらも大変でした。今勤めている薬局はいい会社なので辞めるつもりはありません。転職したからこそ良い会社に入れたということかもしれませんが、軽い気持ちで転職するのはあまりおススメできません。いまの薬局が嫌で嫌で仕方が無いと考えている薬剤師さん。転職せずにすむ方法をまずは考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?