「m3.com」タグの記事一覧

薬剤師の転職 12月開始のメリットデメリット

転職の時期 転職先の探し方

薬剤師が転職活動を12月に開始するメリットとデメリットについてまとめました。薬局の繁忙期直前には採用活動が活発化します。需給の関係から好条件の案件が期待できますが、12月開始では遅い可能性があります。エムスリーキャリアとリクナビで転職活動を同時進行させる手段。

薬剤師転職サイトに登録して希望の薬局を紹介してもらう

転職先の探し方

薬剤師転職サイトに登録後、どんな薬局で働きたいのか、希望年収、勤務時間、勤務地などの要望を伝えると、希望に合った薬局を紹介してくれます。希望通りの職場がない場合でも求人が出た時点ですぐに紹介してもらうことが可能です。一番大変であろう「給与の交渉」などもすべて転職支援コンサルタントが代理で行ってくれます。残業の有無や有給の取りやすさなど、聞きづらいけど絶対に確認しておかなくてはいけないことは転職支援コンサルタントにすべてまかせれば安心です。こんな薬剤師に向いています。給料を今よりも上げたいと思っている薬剤師、転職に失敗したくない薬剤師、働く場所にはこだわりたい薬剤師、給与の交渉など苦手だと思っている薬剤師。注意点:自分の希望通りの薬局がすぐにみつかるとは限りません。転職しようかどうか迷っているのであれば早めに登録しておきましょう。条件の良い求人情報はすぐに採用者が決まってしまいます。早いうちから動いておくことが転職を成功する秘訣です。薬剤師転職支援サイトへの登録は下記のリンクから。1か所につき約30秒ほどで登録が完了します。登録はすべて無料。情報提供時や転職後に費用請求されることは一切ありません。求職者の薬剤師は全てが無料です。

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

年収

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?