「管理薬剤師」タグの記事一覧

給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)として転職する方法

管理薬剤師
管理薬剤師として転職する

管理薬剤師として転職すると一般職の薬剤師として転職するのに比べて管理薬剤師手当分だけさらに上乗せされますので年収アップにつながります。転職先の薬局でいきなり管理薬剤師になるにはデメリットも少なくありませんが高額給与は魅力ですね。管理薬剤師の経験が長く、様々な薬局を経験した薬剤師なら転職先の薬局でも管理薬剤師としてしっかりやっていける事でしょう

薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン

ランキング 新卒薬剤師 給料
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版です。概ね初任給は250,000円~350,000円程度。どこの地域に働くかによって支給される額が変わる「地域手当」の金額差によるところが大きいです。薬剤師が不足している地方や、交通の便が悪くて人気が無く薬剤師の配置が難しい地域は「地域手当」が高額になる傾向があります。またそういった地方へ配属される場合は住宅手当の支給とは別に借り上げ社宅制度が使え、住宅費を大幅に削減することも可能で大変お得です。 ※初任給=基本給ではありませんのでご注意ください。また手取り金額でもありません。※相場よりも大幅に基本給が安く、薬剤師手当が高い場合、基本給を基に計算される賞与や昇給額を安く抑えられてしまうこともあり注意が必要です。

薬剤師が転職をせずに年収をアップさせる方法

目次 転職しないで年収アップ
転職せずに年収アップ

せっかく人間関係も良いし働きやすい環境の薬局なのだけれど給料が安い・・・。でも良い職場だから転職はしたくないという薬剤師へ。当サイトは「薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド」ですが、転職しなくても年収をアップさせる方法をいくつか挙げてみました。薬剤師転職をしなくても年収をアップさせる手段はいくつもあります。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 ランキング 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

薬剤師の中途採用面接で面接官の私が必ず質問する7つの項目

面接

管理薬剤師をしていると薬剤師の中途採用面接に面接官として参加することもあります。私が薬剤師の採用面接で必ず聞く質問は、つぎの項目です。転職を考えた理由(きっかけ)、前職でどのような業務をしてきたか、他に受けている薬局はあるかどうか、この会社(薬局)に入って何ができるか(したいか)、異動は可能かどうか、協調性について、何か質問は?、もし若い薬剤師であれば、親は今回の転職についてどう考えているかを追加で質問します。話の流れで多少前後しますが、おおむねこの順番で聞いていきます。

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。

薬剤師の採用

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。2名の転職希望薬剤師を不採用にしました。薬剤師はある程度充足してきています。以前はよほど変な人でなければ採用していましたが、今は選びます。転職を考えているなら早めに行動することが大切です。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

薬剤師転職支援サイトに登録されている年収700万円以上の求人数を比較

年収

薬剤師年収700万円以上の求人情報数。薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド調べ。薬剤師年収900万円の求人情報に比べて約50倍、薬剤師の年収800万円の求人情報と比べても約4倍の求人情報数となっていました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収700万円はかなり現実的です。

薬剤師年収800万円の求人案件ならもっとあります

年収

薬剤師年収800万円の求人案件。年収900万円に比べて約10倍の求人情報がありました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収800万円は可能です。けっこうあるものですね。非公開の求人案件を加えればこれ以上です。非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。

薬剤師が貰える手当にはどの様なものがありますか?

給料

調剤薬局の薬剤師の給料は以下の諸手当で構成されています。基本給、薬剤師手当、資格手当、職能手当、役職手当、管理薬剤師手当、通勤手当、地域手当、寒冷地手当、時間外手当、残業手当、住宅手当、借り上げ社宅制度、家族手当など。転職後の薬剤師の給料はどのくらいになるのかを計算するときにはこれらの額を十分に比較検討してみてください。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

薬剤師の転職 よくある質問2

Q&A

薬剤師の転職でよくある質問です。正社員で休みが多い薬局はありますか?管理薬剤師で採用されたいのですが。給料は高くなくても良いので休みが欲しいのですが、そういう薬局はありますか?正社員限定で。その答えはこちらにあります。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由③経験者は扱いづらい?

教育・研修システム 薬剤師の採用

過去に採用した調剤経験ありの薬剤師が大変扱いづらかったため、よほどの人材で無い限り今後は新卒か調剤未経験者しか採用しないという薬局もあります。調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用される理由のひとつです。薬剤師バブルが終焉したというのに今もなお、勘違い薬剤師っています(印象ではだいぶ減ってきましたけど。)あなたの薬局にもこんな薬剤師はいませんか?こんな薬剤師は要らない:管理薬剤師でもないのになぜか調剤室内を仕切っている薬剤師。会社の方針にいちいち文句を言う薬剤師。上司の言うことを絶対聞かない薬剤師。自分の思い通りに事が進まないとイライラしてまわりに八つ当たりする薬剤師。患者さんに対して常に上から目線の薬剤師。医師ではないのに何かと診断したがる薬剤師。間違いは全て人のせいにする薬剤師。難しい処方内容から逃げる薬剤師。患者さんを選ぶ薬剤師。コミニュケーションが取れない薬剤師。全く勉強しない薬剤師などなど・・・。いくら知識が豊富でも上記のような薬剤師だったらはっきり言って採用しません。とは言っても、面接で見抜ければの話ですが・・・。まだ知識が少なくても、医療従事者としての心構えがしっかりしている素直な調剤未経験薬剤師を採用し、一から教育して育てた方が後々良い人財になる確率が高いと私は思います。調剤未経験でも、もう一度最初から勉強して薬局で働きませんか?

あなたの薬局の管理薬剤師には残業代しっかり支払われていますか?

コンプライアンス 管理薬剤師
残業代

薬局の管理薬剤師は残業代もらえない?大部分の管理薬剤師は残業代をもらえる要件を満たしていると考えられます。薬局によっては管理薬剤師=店長として、薬の管理以外にも薬局の運営業務を行っている方も少なくは無いと思います。労働基準法上の「管理監督者」に係る判断基準からみて、十分な権限もなく、相応の待遇等も与えられていないと判断される場合には、薬局の管理薬剤師は「管理監督者」には当たらないため、残業代が支払われるべきということです。役職名だけで判断するものではないということです。2008年には日本マクドナルドの残業訴訟では、店長の労働実態では管理監督者の条件を満たしておらず、残業代の支払い義務があるとされました。あなたが勤めるの会社(薬局)の管理薬剤師には残業代は支払われていますか?経営陣の順法意識は高いですか?転職してからそんなこと知らなかったと言っても後の祭り。次の薬局を決める前に細かいこともしっかり確認しておきましょう。ただ、面接ではこういった問題は聞きづらいでしょうから、コンサルタントに確認してもらうのが手っ取り早いと思います。

失敗しない薬剤師の転職 事務さんを見れば薬局の雰囲気がわかる

雰囲気
薬局見学では事務を見よ

失敗しない薬剤師の転職 事務さんを見れば薬局の雰囲気がわかる。転職活動中の薬剤師さん、転職を考えている薬剤師さんへ。薬局見学で話をしてくれるのは、多くの場合その薬局の管理薬剤師か一般の薬剤師、エリアマネージャー的な人(会社によって役職名は異なります)くらいではないでしょうか。見学者のあなたを採用したいと思う気持ちが強い順は、エリアマネージャー>管理薬剤師>一般薬剤師です。この順でセールストークになりがちです。失敗しない薬局選びのためには、エリアマネージャーや管理薬剤師の話はそこそこに、今後同僚となる一般薬剤師からセールストークではない「本当の話」をがんばって聞きだす必要があります。薬局の残業時間や忙しさ、その会社の教育研修システムなどはここで確認しておいてください。しかし、薬局の雰囲気をしっかりつかむにはまだ十分ではありません。薬局で働いているのは薬剤師だけではありません。薬剤師以外の職種の人。そう、事務さんです。薬局の事務さんを見れば、その薬局の雰囲気がわかります。事務さんが笑顔で生き生きと仕事をしているかそれとも暗い顔で嫌々仕事をしているのか。事務さんと薬剤師の連携が取れているか。スタッフ間のコミニュケーションはどうか。受付や処方入力、会計など薬局の顔ともいうべき事務さんが素敵な笑顔で働けているということは少なくともその薬局は働く方にとって変な薬局ではないと言えます。

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

転職

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。転職するのに最適な時期。それはあなたが、転職したいと思った時。今いる薬局が嫌で嫌で仕方ない。もっと違う職場で頑張りたいと思った時が転職に最適な時期です。迷っているなら早い方が良い。6年制の新卒がどんどん出てきていますので、薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。(私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。)転職したいと思っている人は今すぐに行動を起こした方が、結果的に良い薬局に巡り合えると思います。良い薬局は人が辞めないので募集が少ないばかりか、すぐに応募者が集まり採用決定してしまいます。(募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)迷っている薬剤師へ。とりあえず登録して情報収集を始めておきましょう。今いる薬局から引き留め工作に遭ってしまうと、辞めるが本当に大変になります。(私も小規模薬局を辞めるときは大変でした・・・)次の職場をしっかり決まった状態で、今いる薬局(会社)には辞めたい旨をしっかりと伝えましょう。

管理薬剤師募集 年収700万円完全週休2日制 残業なし 社宅付

管理薬剤師 給料

調剤薬局求人募集 管理薬剤師 年収700万円 完全週休2日制 残業なし 社宅付。転職活動中のあなたが、注意すべき最大のポイント。それは、この薬局の年収700万円は残業代込なのか、そうではないのか。残業なし=管理薬剤師は管理者だから残業代はつかないという薬局もあります。表示の年収が650万円で残業代がしっかりつくチェーン薬局と、年収700万円で残業が全くつかない薬局では手取りに差が付くことになります。管理薬剤師でも残業代がつくのか、それともつかないのか。転職活動の中でしっかり確認しておく必要があります。細かいことを全て聞くのは大変ですから薬剤師転職支援サイトに登録しておくのが良いと思います。