「転職」タグの記事一覧

個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット

大手チェーン薬局 調剤薬局
大手調剤薬局チェーン

店舗数の多い大手チェーン薬局やドラッグストアへ転職する方法。小規模チェーン薬局、個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット、店舗数の多い大手チェーン薬局やドラッグストアの正社員求人を探す方法について。

漢方専門薬局、漢方薬やアロマに力を入れている薬局への転職方法(正社員・パート・派遣)

漢方あり
漢方専門薬局

漢方専門薬局、漢方薬やアロマに力を入れている薬局への転職方法(正社員・パート・派遣)のまとめ。漢方専門薬局、漢方薬に注力している薬局、漢方薬の勉強会開催やアロマの取扱いがある薬局の探し方をまとめました。漢方薬・生薬認定薬剤師取得の補助のある薬局求人もあります。漢方専門薬局の求人は極めて少ない状況です。薬剤師転職支援サイトに登録後にコンサルタントに希望を伝えて探してもらう方法が一番の近道です。

給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)として転職する方法

管理薬剤師
管理薬剤師として転職する

管理薬剤師として転職すると一般職の薬剤師として転職するのに比べて管理薬剤師手当分だけさらに上乗せされますので年収アップにつながります。転職先の薬局でいきなり管理薬剤師になるにはデメリットも少なくありませんが高額給与は魅力ですね。管理薬剤師の経験が長く、様々な薬局を経験した薬剤師なら転職先の薬局でも管理薬剤師としてしっかりやっていける事でしょう

未経験やブランクありでも薬剤師が希望の職場に転職する方法(正社員・パート・派遣)

未経験・ブランク可
未経験・ブランクあり可

薬局業務未経験の薬剤師や、育児などでブランクがある薬剤師であっても歓迎という薬局もあります。たとえば処方せん枚数に対して薬剤師の配置人数が多めであったり、教育研修制度が充実していたり。未経験者やブランクがある薬剤師でも働きやすい職場を探す方法をまとめました。

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

薬剤師の転職可能性(100%-0%)別参考記事の紹介

目次

転職を決心した薬剤師から転職する可能性は今のところ無い薬剤師まで。薬剤師のための転職する可能性毎の参考記事のご紹介です。転職すべきかどうか現在悩んでいる薬剤師にも参考になる記事のまとめです。転職の際は薬剤師転職支援サイトに登録して失敗しない転職を。

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

薬剤師の中途採用面接で面接官の私が必ず質問する7つの項目

面接

管理薬剤師をしていると薬剤師の中途採用面接に面接官として参加することもあります。私が薬剤師の採用面接で必ず聞く質問は、つぎの項目です。転職を考えた理由(きっかけ)、前職でどのような業務をしてきたか、他に受けている薬局はあるかどうか、この会社(薬局)に入って何ができるか(したいか)、異動は可能かどうか、協調性について、何か質問は?、もし若い薬剤師であれば、親は今回の転職についてどう考えているかを追加で質問します。話の流れで多少前後しますが、おおむねこの順番で聞いていきます。

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

転職前の確認ポイント

10年後も存続している薬局とは。在宅に積極的に取り組んでいなければ存続の可能性は低いでしょう。平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられます。

薬剤師の評価制度とは 年功序列? 能力別評価?

人事評価制度

薬剤師の人事評価制度について あなたの薬局の人事評価制度は?自分も含めて薬剤師全員が早く帰ろうと頑張って仕事をしている。自分以外の薬剤師は「残業代」を稼ごうとダラダラ仕事をしている。私が勤めている薬局の人事評価制度は、能力別評価です。仕事ができる薬剤師がきちんと評価されるような仕組みが作られています。(当然仕事が早いだけではだめです。仕事の正確性、積極性、コミニュケーション力、もちろん薬学的知識などを総合的に判断して評価をします。)今の職場で自分は正しく評価されていますか?自分がきちんと評価されていないと感じたら、能力評価制度がしっかりしている薬局への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方。失敗しない転職をするにはとにかく情報が必要。薬局の真の情報をたくさん集めることが重要です。表面的な情報だえに惑わされてはいけません。採用担当者の口車に乗せられてもいけません。薬剤師転職支援サイトをフルに活用して転職を成功させてください。