注目

「転職」タグの記事一覧

個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット

大手調剤薬局チェーン

当サイトでは薬局へ転職するのであればある程度の規模のチェーンをお勧めしております。小規模チェーンや個人薬局への転職はリスクが大きいと判断しているからです。

小規模チェーン薬局、個人薬局へ転職するデメリット

  • 将来のポストが少ない
  • 会社の将来性がない(少ない)
  • 薬局数が少ないと経営難に陥りやすい
  • 十分な設備投資がされない
  • 知名度や魅力が乏しいと薬剤師が充分に採用できない
  • 社長と一緒に働く
  • もしくは社長の奥さんと一緒に働く
  • 薬局(職場)の人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。より

上記の他にも、大手調剤チェ―ンに買収されてしまうというリスクもあります。

大手チェーン薬局へ転職するメリット

チェーン展開している薬局は、店舗が多数あることで経営リスクが分散されています。いくつかの薬局で経営状態が少し悪くなったとしても他の薬局でカバーできる体制が整っているため、小規模チェーン薬局や個人経営の薬局よりも収益が安定していると言えます。

経営が安定しているからこそ、継続的な投資が可能となります。自動錠剤分包機、自動水剤分注機、軟膏混合器などの調剤機器や調剤過誤防止システム、電子薬歴の導入などを通じて薬剤師が働きやすい環境が構築されています。

福利厚生・教育制度・幅広いキャリアパスなどの価値を提供することができます。

また、住宅手当、借り上げ社宅、財形貯蓄制度、資格取得支援の補助など、安定した収益に基づく福利厚生が整っています。子育て支援が充実している会社も多く、女性も長く活躍できる環境があります。

二年に一度の調剤報酬改定により薬局の収入は大きく左右されます。1薬局だけの経営であればそれだけで一気に経営難に陥ることも。

様々な特徴を持つ薬局を複数持っている大手調剤薬局チェーンであれば今後も安定して成長していくことが可能であると言えます。

大手調剤薬局チェーンの求人を絞り込んで検索する方法をまとめました。

漢方専門薬局、漢方薬やアロマに力を入れている薬局への転職方法(正社員・パート・派遣)

漢方専門薬局

漢方専門薬局、漢方薬に注力している薬局、漢方薬の勉強会開催やアロマの取扱いがあるなど、美容と健康に興味のある薬剤師に良いと思われる薬局の探し方をまとめました。

漢方薬・生薬認定薬剤師取得の補助のある薬局求人もあります。

漢方専門薬局の求人は極めて少ない状況です。薬剤師転職支援サイトに登録後にコンサルタントに希望を伝えて探してもらう方法が一番の近道です。

給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)として転職する方法

管理薬剤師として転職する

一般職の薬剤師として転職するよりも管理薬剤師として転職すれば手当が上乗せされますので年収アップにつながります。

転職先の薬局でいきなり管理薬剤師になるにはデメリットも少なくありませんが高額給与は魅力ですね。

調剤薬局の管理薬剤師として転職したい!それ本当に大丈夫?

管理薬剤師の経験が長く、様々な薬局を経験した薬剤師なら転職先の薬局でも管理薬剤師としてしっかりやっていける事でしょう。

ここでは、給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)で転職可能な求人を探す方法をまとめました。

未経験やブランクありでも薬剤師が希望の職場に転職する方法(正社員・パート・派遣)

未経験・ブランクあり可

薬局業務未経験の薬剤師や、育児などでブランクがある薬剤師であっても歓迎という薬局もあります。

たとえば処方せん枚数に対して薬剤師の配置人数が多めであったり、教育研修制度が充実していたり。

未経験者やブランクがある薬剤師でも働きやすい職場を探す方法をまとめました。

企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト一覧

企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト

企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイトです。

企業といっても様々な職種があります。

例えば、医薬品卸企業の管理薬剤師。医薬品医療機器等法によって事業所ごとに管理薬剤師を配置することが定められていますので求人が途絶えることは少ないようです。

他にも医薬品製造業の品質・生産管理や医療機関の経営コンサルタント業務、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC) 学術、薬事、営業(MR・MS)などなど。

薬局や病院に比べて求人数は少ないもののじっくり探せば希望の職種に転職することも十分可能です。

企業への転職を考えている薬剤師がまずやるべき事。

それは企業からの求人情報を多く持っている転職支援サイトに登録することです。

これこそが転職成功の秘訣と言えます。

この薬剤師転職サイトがドラッグストアへの転職に強い

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト

在宅医療や簡易血液検査に力を入れている調剤併設のドラッグストアが増えており薬剤師採用の需要は旺盛です。

医療費削減の観点からスイッチOTC化の流れは今後も続き、一般用医薬品の販売による利益で調剤報酬改定による減収もカバーできる強さは調剤薬局にはない魅力。調剤薬局と比べて大手企業の比率が高く、福利厚生の面で安心できます。

医療用医薬品だけでなく一般用医薬品の知識も深めたい薬剤師にとって調剤併設ドラッグストアは魅力的な職場となるのは間違いありません。

病院への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

病院への転職につよい薬剤師転職支援サイト

病院薬剤師への転職をする時に大切なのは病院に強いパイプを持っている転職支援サイトに登録すること。以下のサイトはいずれも病院薬剤師の求人を多数持っています。

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

薬局の同僚薬剤師とうまくいっていません。雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?

薬剤師の転職可能性(100%-0%)別参考記事の紹介

転職を決心した薬剤師から転職する可能性は今のところ無い薬剤師まで。薬剤師のための転職する可能性毎の参考記事のご紹介です。

調剤薬局チェーンの紹介(7)イオン(イオンリテール株式会社)

調剤薬局チェーン イオン(イオンリテール株式会社)の特徴

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

病院薬剤師として働いていた20代の女性薬剤師のCさんが転職先に決めた薬局は、ハーブやアロマに力を入れているという薬局でした。しかし、その転職は大失敗。

なぜ大失敗だったのでしょうか?

 

転職を考えるようになったきっかけ

Cさんの勤務先は病院の薬剤部。病棟業務が忙しくて夜勤があり、さらに4週6休のためプライベートが充実できないこと、給料が思ったほど上がらないことが転職を考えたきっかけでした。

 

転職先薬局の希望条件

仕事とプライベートをうまく両立させたいという思いがあったCさん。

希望の条件は以下の通りです。

  • 完全週休2日制
  • 残業がさほど多くない
  • 研修制度がしっかりしている
  • 自宅から通勤可能

 

転職活動は薬剤師転職支援サイトを利用

Cさんは仕事を続けながら転職活動を始めました。

効率的に情報収集が可能な、薬剤師転職支援サイトに登録して連絡を待ちます。

サイトに登録後、コンサルタントから連絡があり、Cさんの条件に合う薬局をいくつか紹介してくれました。

Cさんは休みが少ないため転職活動に使える時間に限りがあります。複数紹介された薬局から3か所にしぼって見学と面接をお願いすることにしました。

 

3つの薬局で面接を受ける

3つの薬局で見学をさせてもらい、面接を受けました。

 

1つ目は面処方箋を多く受け付ける調剤薬局。

薬局の雰囲気もよく、完全週休2日制。研修制度は充実していました。多くの医療機関からの処方せんが持ち込まれるので薬の在庫品目数が多く、知識が偏ることがないことも利点でした。

 

2つ目は個人医院(内科)の門前薬局。

完全週休2日制で残業はほぼゼロ。内科の門前です。3つの薬局のうち一番給与提示が良かったのはこの薬局です。

 

3つ目も開業医(内科)の門前薬局

ハーブとアロマに力を入れている薬局でした。研修制度は充実しています。完全週休2日制で残業はほぼありません。

 

希望条件に合致した薬局に転職して年収もアップ

3つの薬局からどこにしようかと悩んだ末、Cさんは3つ目のハーブとアロマに力を入れている薬局に決めました。

希望条件も満たしていた上、今の年収よりもアップしました。

 

でもその転職は失敗に

条件に合っていた上に年収もアップ。ハーブはアロマにも少し興味があったので楽しそうです。

働き始めて半年後、Cさんに思わぬことが起きました。

市内にある同じ会社の別の薬局への異動です。

 

同じ会社なので給与体系は同じでしたが、異動先の薬局は週に2日午後休みのシフト制週40時間勤務でした。門前の医療機関が夜7時まで診療をしているので薬局閉局は夜8時近く。残業も増えてしまいました。

そしてその薬局ではハーブもアロマもまったく力を入れていません。というかゼロでした。

 

当初希望した条件のうち、「完全週休2日制」と「残業がさほど多くない」が合っていません。

結局病院に勤務していた時と比べて帰宅時間はむしろ遅くなってしまいました。

 

転職失敗の理由

Cさんが薬剤師転職支援サイトを利用して転職活動をしたまでは良かったのですが、その先が失敗でした。

薬剤師転職支援サイトのコンサルタントは様々な情報を提供してくれて、かつ相談に乗ってくれますが、最終的に決めるのは自分です。

コンサルタントからは、「ハーブやアロマに会社全体で力を入れているわけではないですよ。」という助言はあったようですが、見学に行った薬局でのアロマに力を入れている所に気に入ってしまいました。

自分が転職を決めたきっかけは「プライベートを充実させたい」ということ。それが目的で転職をきめたのに、途中から「ハーブとアロマ」に目がくらんでしまったことが失敗の原因です。

 

転職失敗を避けるには

その薬局が異動させることを最初から考えていたのかどうかは不明ですが、会社全体でどう考えているのかを見ることも重要です。

コンサルタントの助言を聞きながら、自分が最も大切にしている条件は何かを再度よく考えましょう。

その条件に最も合致するのはどこの薬局なのかを十分に考えてから最終決断をすることが転職失敗を避ける秘訣です。

 

転職失敗回避の方法には失敗例を知ることが大事

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・必読8つの実例

薬剤師の中途採用面接で面接官の私が必ず質問する7つの項目

管理薬剤師をしていると薬剤師の中途採用面接に面接官として参加することもあります。

 

私が薬剤師の採用面接で必ず聞く質問は、次の通り。

自分の給料が上がらない原因・要因を理解していますか?薬剤師の年収の現状

今年1年間でいくら昇給しましたか?

 

昇給額は3千円だった。

うちは5千円。

管理薬剤師になったから手当が5万円付きました。

 

いろいろな声が聞こえてきます。

 

 

最近昇給額が減った。

ボーナスが減った。

会社が儲かっていないからでしょ?

 

 

あなたは自分の給料が上がらない原因・要因を理解しているでしょうか?

原因・要因を分解していきましょう。

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。

それにより、今まで基準調剤加算2を算定していて在宅をやっていなかった薬局にとって今回の改定は大打撃です。

 

この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられますね。

薬剤師の評価制度とは 年功序列? 能力別評価?

薬剤師の人事評価制度について あなたの薬局の人事評価制度は?

 

あなたの薬局の環境はどれに近いでしょうか?

 

 

1.自分も含めて薬剤師全員が早く帰ろうと頑張って仕事をしている。

2.自分以外の薬剤師は「残業代」を稼ごうとダラダラ仕事をしている。

3.自分もダラダラ仕事をしている。

 

 

この「残業代」というものがあるため、仕事が遅くて残業しているの薬剤師の方が、能力が高くて早く仕事を終わらせることができる薬剤師よりも給与の支給額が高いという現状があります。

 

でも、そんなことでよいのでしょうか?

 

このサイトをご覧の薬剤師の中に3の人はいないと思います。2が多いのではないでしょうか?

皆が早く帰ろうと頑張って仕事をしているなら良いのですが、自分以外の薬剤師はちんたら仕事をしていると嫌になってきますよね。

 

そのくせ仕事を自分に回されでもしたら・・怒り心頭です。

 

 

あなたのような仕事ができる薬剤師はそんな職場からは抜けたいと考えます。

 

当然ですね。

こんな薬局にいてもモチベーションが上がりません。

 

自分がしっかりと評価される薬局へと転職して行くことでしょう。

 

 

そして残った薬剤師は仕事ができない人ばかり。患者さんも離れていきます。

薬局の評判は悪くなりいずれ淘汰されます。

 

 

私が勤めている薬局の人事評価制度は、能力別評価です。

 

仕事ができる薬剤師がきちんと評価されるような仕組みが作られています。(当然仕事が早いだけではだめです。仕事の正確性、積極性、コミニュケーション力、もちろん薬学的知識などを総合的に判断して評価をします。)

 

一時的にはどうしても残業の多い人の方が支給額が高くなってしまいますが、最終的に給料が伸びるのは早く帰ろうと頑張って仕事をしている薬剤師です。

 

 

 

 

今の職場で自分は正しく評価されていますか?

 

まわりの薬剤師の仕事の出来なささにイライラしていませんか?

 

今の職場でずっと続けていけますか?

 

他の薬剤師の働き方を変えるのは大変難しいです。

(たとえ上司でも部下の薬剤師の働き方を変える事はほぼ無理です。)

 

自分が変わるのは簡単です。

 

能力別評価で昇給額や賞与額に大きく差をつけている薬局が有ります。

 

自分がきちんと評価されていないと感じたら、転職の条件に「能力評価制度がしっかりしている薬局」を追加しましょう。

 

 

派遣薬剤師は時給が高くて高収入。裏を返せば・・デメリットがたくさんあります。

薬剤師が不足している地域の派遣薬剤師の時給は3,000円から4,000円が相場となっています。

仮に、時給3,000円で1日8時間働けば24,000円。月に20日勤務するとして月給480,000円。年収で600万円弱。

こんなにもらえるなんて羨ましい限りです。

契約内容に無い仕事はやらなくていいし、他の薬剤師社員のように残業することも無いでしょう。

 

しかし、こんな素敵な状況がずっと続くのでしょうか。

薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

転職先の薬局を探している薬剤師へ。

薬局の探し方 間違っていませんか?

 

こんにちは。1313495085_749

転職を2回経験して、今は管理薬剤師をしているpharma-diです。

 

 

転職を決意し、新たな職場を探しているのですね。

きっと今の職場に不満があるのでしょう。

 

転職は大変ですよ。

もし、転職しなくて済むのであれば転職をしないことをおすすめします。

 

まずはこちらをお読みください。(別ウインドウが開きます)

薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

 

それでもやはり転職しかない。

そう決意された薬剤師へ。

 

絶対に転職を失敗しないでください。

 

実は、私は一度転職に失敗しました。

小規模チェーン薬局から個人薬局への転職です。

勤めていた薬局の近くで個人薬局を経営している社長に引き抜かれたのです。

 

引き抜かれたというと聞こえはよいかもしれませんが、実際は違いました。

 

入社するまではあんなに良いことばかり言っていたのに。

 

給料はあがらないし

休みは取れないし

サービス残業ばかりだし・・・。

 

社長に対して、殺意さえおぼえました(笑)

よくもぬけぬけとあんな嘘がつけたなと。

 

そうはいっても自分でそう決めたのですから仕方ないとあきらめ、頑張って働こうと決めました。

なんとか1年半その薬局で働きましたが、やはり心と体がついて来ません。

 

同世代の薬剤師が転職を決めたのもきっかけになり、このままではいけないと再び転職活動をはじめました。

 

また失敗したら取り返しがつかないことになるからと本気の転職先探しを行いました。

 

今では良い会社(チェーン薬局)で勤務して充実した日々を過ごしています。

 

とにかく転職は一発で成功させて下さい。

 

 

ここで質問です。

転職先の薬局を探す際に、薬剤師のあなたは何を重視していますか?

  • 給料が良い薬局

  • 休みがしっかりとれる薬局

  • 残業が無く、定時で帰れる薬局

  • いろいろな処方せんが来て勉強できる薬局

  • 職場の人間関係が良い薬局

  • 服薬指導をしっかりとできる環境の薬局

  • 在宅をやっている薬局

  • 売上等のノルマが無い薬局

  • 研修がしっかりしている薬局

  • 鑑査システムなど、調剤機器が充実している薬局

  • 家から近く通勤が楽な薬局

  • 週休3日の薬局

  • 年収が1000万円以上の薬局

 

こんな感じでしょうか?

さすがに最後の1つはほとんどありません。(ゼロではありませんが。)

 

では自分の希望をなるべく多く満たす薬局をどのように探すのが良いのでしょう?

 

 

規模が大きく、有名な薬局を探すのであれば、

その薬局のホームページから情報を探してエントリーする、

もしくは薬学系雑誌の求人情報を探す。

 

 

地域を絞って薬局を探すのであれば、

その地域のハローワークに行くか、卸の担当者からの情報を得るのがよいでしょう。

自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探すのもよいかもしれません。

 

上記の手段には問題点があります。情報量という面ではいずれの手段でも圧倒的に不足しています。

また、効率的ではありません。

 

 

薬局のホームページやハローワークでは表面的な情報しかわかりませんし、卸等の人脈を使って調べて良い薬局が見つかっても求人していなかったり。

 

 

自力で転職先を探すのは圧倒的に情報不足。

 

 

情報不足は転職失敗に直結します。

 

 

転職を成功させるためには、とにかく質の良い情報を多く得ることです。

 

表面的な情報ではなく、本当のところはどうなのかが重要です。

 

 

 

とにかく情報を集めて下さい。

 

 

表面的な情報ではなく真の情報(薬剤師であるあなたのためになる情報)を。

 

 

もし自力で真の「薬剤師のための転職情報」を集められる自信がなければ、人の力を借りましょう。

 

 

薬剤師の転職支援サイトを活用することが一番の近道です。

 

 

私も2回目の転職のときには使わせてもらいました。いや使い倒しました。

 

一度転職に失敗した私は遠慮している場合ではなかったのです。

 

 

私は複数の薬剤師転職支援サイトに登録し、専任の担当者からそれぞれ提案のあった薬局を比較検討し(熟慮に熟慮)、実際の薬局をいくつも見学して決めた結果、今では後悔もなく良い薬局で働けています。

 

実際のところ給与面はどうなのか?

社長はどんな事を考えているか?

サービス残業はあるのか?

ノルマはどうか?

転勤の有無は?

というところもしっかり教えてくれました。

 

 

もやもやしている部分をひとつずつクリアにしていくことが大切です。

 

 

せっかく転職したのにこんなはずではなかった・・という薬剤師を私は見たくありません。

 

どんな薬局が求人を出しているのか、薬剤師の給料はどのくらいなのか、一度サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

情報量の多さがわかると思います。

 

もし登録したら、担当者に自分の薬局の評判を聞いてみるのも良い手です。

今の薬局の良さがわかるかもしれません。そうすれば転職をしなくても大丈夫。

 

薬剤師のための転職支援サイトのうち、厳選した4社を紹介します。

ホームページの閲覧はもちろん無料。求人情報を得るには登録が必要となりますが、費用は一切かかりません。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

image

エムスリーキャリアはm3.comでおなじみの東証一部上場エムスリーグループが運営する薬剤師向け転職支援サイト。登録企業は最大級。未登録でも検索可能ですが、勤務先名称は伏せられています。登録すればもちろん全て公開されるのでご安心ください。
エムスリーキャリア

エムスリーキャリア

 

マイナビ薬剤師

image

マイナビ薬剤師は毎日コミュニケーショングループが運営していて安心感があります。
大手チェーン薬局の求人が大変豊富で勤務先名称も公開されています。チェーン薬局どおしの比較にもどうぞ。
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

image

リクナビ薬剤師は、あのリクルートが運営する薬剤師転職支援サイトです。様々な業種の転職を支援しているリクルートですが、リクナビ薬剤師の転職アドバイザーは薬剤師専任ですから、情報の質が違います。きっとあなたの薬局に対する希望を叶えてくれることでしょう。
リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

 

 

 

派遣かパートで働くことを考えているならここは外せません。

ファルマスタッフ

薬剤師派遣会社ファルマスタッフ(PHARMA STAFF)の特徴

Q.4社挙げましたが、いったいどこに登録すればよいのでしょうか?

 

A.薬局側からお答えすると、薬剤師が必要となった場合には複数の転職支援サイトに求人を出します。こちらで紹介した大手4社であれば情報量に大きな差はないでしょう。但し、得意とする地域があるのでエリアによっては若干差があります。

まずは何社か登録しておき、その後コンサルタント(アドバイザー)との相性や提案案件の数などで絞っていくと良いでしょう。

4社に登録しても一切費用はかかりませんし、転職を強要される事も一切ありませんのでご安心ください。

 

絶対に転職を成功させましょう!!

 

エムスリーキャリア リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ

結局のところどの薬剤師転職支援サイトに登録すれば良いの?(正社員・パート・派遣‐薬局・病院・クリニック・ドラッグストア 業種・雇用形態別推奨組み合わせ)

 

(公式サイトへ)
エムスリーキャリア リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ

 

 

 

 

 

条件の良い薬局の求人は、情報が出たとたんにすぐ埋まります。

 

転職を考えているなら即行動を。

エムスリーキャリア
リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

 

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイトです。5分もあれば4つ全てに登録完了。

いずれも登録から転職まで完全無料。最短当日に求人情報が手元に届きます。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

⇒エムスリーキャリアの詳細はこちら

エムスリーキャリアは当サイトで一番おすすめしている薬剤師転職支援サイトです。求人数が多く、しっかりとした転職サポートが受けられます。

エムスリーキャリア

こちらもどうぞ⇒当サイトがエムスリーキャリアをオススメする4つの理由

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!エムスリーキャリア

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

 

60秒で登録完了!翌日には平均5件の求人情報が届く!! 完全無料!!
☆薬剤師限定☆通勤30分以内♪550万円以上の求人あり! リクナビ薬剤師

 

40秒で登録完了!転職完了まで完全無料!!
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」
マイナビ薬剤師

 

結局のところどの薬剤師転職支援サイトに登録すれば良いの?(正社員・パート・派遣‐薬局・病院・クリニック・ドラッグストア 業種・雇用形態別推奨組み合わせ)

1.調剤薬局の社長は何を考えているかをチェック(薬局の方向性)

社長は何を考えているかである程度会社の方向性がわかります。

薬剤師の年収比較 調剤薬局の薬剤師の年収(給与)は平均いくら??

特に2~3年目の薬剤師の方は、転職を含めて今後のことを一度考える時期が来ます。

(実際私もそうでした。)

 

チェーンの調剤薬局に入って2年目(非管理薬剤師)の月収は約27万円。

手取り額は約20万円でした。年収にするとボーナスを含めて約380万円。

 

この薬局(会社)に入って本当によかったのだろうか?

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。

薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。

実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。

 

転職するのに最適な時期とはいつでしょうか。

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ