五月病とは

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である

新入社員にありがちな症状でしたが、異動や昇進、スタッフの入れ替え、担当業務変更など環境が大きく変わると誰もが五月病になる可能性があります。

五月病の症状

五月病の症状は人によってさまざまですが、自律神経が乱れますので次のような症状が出やすくなります。

  • 朝起きられない
  • 動悸がする
  • 頭痛がする、肩がこる
  • 食欲がなくなる
  • 不安感に襲われる
  • 日中ひどく眠くなる
  • 夜眠れない

五月病の予防方法

長期連休の前半はしっかりと体を(心も)休めます。連休後半は徐々に生活リズムを通常に戻していくのが良いでしょう。

生活リズムを整えれば自律神経の乱れが修正されて症状が出にくくなります。
また、普段から体を動かしたり、趣味を楽しんだりすることはストレスの解消、心の病の予防として大変効果的です。

しかし残念ながら根本的な問題解決にはなりません。

解決すべきは職場環境

根本的に問題を解決するには職場環境を変えなければなりません。

あなたが今悩んでいる状況を、上司(管理薬剤師)は知っているでしょうか。

まずは管理薬剤師へ相談し、問題点を改善してもらいましょう。

なかなか言いづらい部分もあると思いますが、管理薬剤師に伝えないと改善はまずあり得ません。
管理薬剤師に伝えるのが難しい場合は先輩薬剤師でも構いません。
管理薬剤師とは普段からコミュニケーションをしっかりとり、話しやすい環境を作っておきましょう。
但し、管理薬剤師が五月病の根源である場合は対処方法が変わってきます。
ひどい管理薬剤師は部下の健康状態のことなど全く関心を示すことはないでしょう。おそらく何サボっているんだという感じで対応してきます。
もしくは何もせず見て見ぬふりということもあるでしょう。
薬局は全国に五万軒以上あります。その薬局で無理をせずとも、他にもっと良い薬局がたくさんあります。

転職先の薬局の情報を得るためにも登録しておくことをおすすめします。

↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴

↓ファルマスタッフへの登録は↓

ファルマスタッフ ファルマスタッフの特徴

↓薬剤師転職ドットコムへの登録は↓

薬剤師の転職ドットコム 薬剤師転職ドットコムの特徴

↓リクナビ薬剤師への登録は↓

リクナビ薬剤師 リクナビ薬剤師の特徴

↓薬剤師の転職 お仕事ラボに登録↓

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ お仕事ラボの特徴