病院から薬局へ転職の薬剤師が入社してきて少し経ったので、面談で話があった病院薬剤師と薬局薬剤師の違いについてまとめてみました。

患者さんの病状などの情報がなさすぎる

病院薬剤師はカルテを見ることができますが薬局の薬剤師はできません。患者さんの病状に対する情報が圧倒的に違います。
薬局では処方箋とお薬手帳とインタビューの中から情報を得るしかないのは当たりまえですが、その点に戸惑う薬剤師は少なくありません。

使用している調剤機器が違って慣れるまで大変

病院で使用している調剤機器と薬局で使用している調剤機器が全く異なり、メーカーも違うので慣れるまでが大変だった。
Vマスの分包機を使ったのは薬局実習で少し触った程度。使うのはそれ以来ということで最初は苦労していました。

待ち時間に対する概念が全く変わった

主に病棟業務に携わっていたときは待ち時間なんて考えていなかったが、薬局では待ち時間を気にしなくてはいけない。その点に戸惑った。
病棟では当然待ち時間という概念はありません。しかし薬局では薬を待っている人が調剤室の中をのぞいたり、まだできませんかと催促してきたりということは日常的に起こります。

保険薬剤師になったこと

病院の中で働いていたときは保険についてはあまり考えていなかった。調剤報酬とか請求とかいろいろ覚えることが大変。
保険薬剤師になった以上、保険点数については知っていて当然とされます。算定要件や疑義解釈についてもしっかり学ぶ必要がありますね。

病院薬剤師と薬局薬剤師の役割の違い

病院では主に入院中の患者さんを相手にしていたが、薬局だとそのあともずっと。自宅に行って残薬チェックや服薬指導をしたり、患者さんから薬についての質問の電話があったり。
薬局実習は経験していたものの、役割が全然違うことに最初は戸惑った。
病院薬剤師と薬局薬剤師はレベルが違うとか勉強しているしていないといった議論がよくされていますが、それは病院、薬局で括ってはいけないのかなと思います。
薬剤師それぞれがどれだけ勉強しているかの違いです。
また、病院薬剤師と薬局薬剤師では求められている役割が違います。
在宅に行ったことがない病院薬剤師がいるように、注射剤の混合をしたことがない薬局薬剤師も普通にいます。
なにができる、できないではなく、そもそも求められる役割が違うのですから比較すること自体が無意味なのかもしれません。
薬剤師法の第1条では、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。」と定められています。
病院薬剤師と薬局薬剤師それぞれが助け合って薬剤師の存在意義を高めていきたいですね。
病院から薬局への転職は最初は戸惑う部分もあると思いますが、患者さんに対してするべきことは同じです。役割の違いはありますが、。病院薬剤師だって薬局薬剤師だって患者さんのために仕事をするということについて大きな違いはありません。
求められる役割をしっかり認識し、必要とされる薬剤師になりましょう。