あなたは上司(薬局責任者)や会社から評価されていますか?

評価される薬剤師と評価されない薬剤師の違い

あの薬剤師は暇そうにしているのになぜか評価が高い。
私だって頑張っているのに全然評価されない。

頑張って仕事をしているのにどうして評価されないのでしょうか。

評価されない薬剤師。その理由は、求められていることができていないから

これに尽きます。

評価は、会社や上司が求めていることをできているかどうかで決まります。
患者さんや上司、会社から何が求められているかを考えながら仕事をして結果を出している→評価される薬剤師

求められていることと自分がしていることにズレが生じているので結果が出せていない→評価されない薬剤師

評価されない薬剤師は求められていることとやっていることがズレています。
求められていないことを頑張っても評価されないのは理解していただけると思いますが、実際にやっちゃっている薬剤師が少なくありません。
極端な例を挙げてみます。
残業を減らすように言われているにもかかわらず、残業をして薬歴を丁寧に書く。
在庫金額を減らすよう指示が出ているにも関わらず、欠品を防ごうと在庫を増やす。
それで評価してくれと言っても無理な話です。
評価される薬剤師と評価されない薬剤師。あなたはどっちの薬剤師になりたいですか?
評価される薬剤師になるには、会社や上司が求めていることを理解する。そしてそのことに力を入れていくしかありません。

会社や上司があなたにして欲しいと思っている薬剤師の仕事とは

調剤薬局は民間企業ですから会社存続のためにもしっかりと利益出さなくてはいけません。

一般薬剤師は会社の利益についてあまり考えたことが無いかもしれませんが、役職が上になればなるほどどうやって利益を増やしていくかで頭がいっぱいのはず。

利益を出す薬剤師が評価されるのは当然ですね。
会社や上司が求めるのは利益→利益を出せる薬剤師が最も評価される
利益重視の薬局なんて患者さんに冷たそう・・・。

決してそういうわけではありません。

患者さんに対してしっかりと服薬指導、服薬フォローを行い、やったことに対しては加算を算定して正当な対価をいただく。

評価される薬剤師とは、保険調剤の決まりの中で利益を出せる仕事に注力して結果を出している薬剤師です。

では、利益を出せる仕事とは何でしょうか。
薬歴、発注、服薬指導?

利益を出せる仕事とは薬学管理料の算定です。

評価されたい薬剤師はその専門性を生かして薬学管理料を確実に算定し、正当な対価をいただくことに注力しましょう。

薬剤師が算定に注力すべき薬学管理料

  • 麻薬管理指導加算
  • 重複投薬・相互作用等防止加算
  • 特定薬剤管理指導加算1
  • 特定薬剤管理指導加算2
  • 乳幼児服薬指導加算
  • 吸入薬指導加算
  • 調剤後薬剤管理指導加算
  • かかりつけ薬剤師指導料
  • 服用薬剤調整支援料1
  • 服用薬剤調整支援料2
  • 服薬情報等提供料1
  • 服薬情報等提供料2
このあたりの加算を薬剤師個人レベルでどれだけ算定できるか。

これができる薬剤師が最も評価されます。

算定要件をしっかり理解して確実に算定していきましょう。また、他の薬剤師が算定しやすくなるようにすることも高評価を得られるポイントです。

例えば指導例、算定事例を他の薬剤師と共有する。指導用ツールを整備する。医師への情報提供書のフォーマットを作成するなどが考えられますね。

あなたが努力することで他の薬剤師の算定件数が上がれば薬局全体の利益が増えます。当然あなたは高評価を得ることができるでしょう。
この努力を全く評価してくれない薬局なら今すぐ転職して去るべきです。