薬剤師が転職するときの決め手は【○○!?】社長や採用担当者は誤り
q

転職先の決め手を知りたい薬剤師

転職活動をしているとどの薬局も良く見えてきてしまいます。

何を決め手に転職先を選べば良いのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職先の決め手はコレ
  • これを決め手にすると危ない
  • 決め手に欠ける薬局しか紹介されない時には
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:何を決め手に転職先を選べば良いかの答えは、『この転職によって不安や悩みが解消する可能性が最も高いところ』です。

薬剤師の転職先の決め手はコレ

薬剤師が転職先を最終決定するときの決め手は、


『転職によって何を解決したいのか、自分が本当に求めているものは何か。』



これを決め手にしないで転職先を選んでしまうと、きっと後悔します。

これを決め手にすると危ない

決め手を間違えると大変なことになります。

 決め手にしてはいけないことTOP3

  1. 社長の考え方
  2. 採用担当者の人柄
  3. 自分で作り上げたイメージ

社長の考え方を決め手に転職してはいけない

社長がどのように考えているのか。どのようなビジョンを持っているか。


気になって当然です。

今後、その会社がどのように成長していくのかは転職するかどうかの判断の一つとなるくらい大切ですからね。

しかし、社長の考え方を転職先を選ぶ決め手にしてしまうのは間違いです。

よほど小さな個人経営の薬局でない限り、社長と一緒に仕事をすることはまずありません。


社長はビジョンを語るのが仕事。ビジョンはビジョン。それが現実となるかは全くの別問題です。

社長の考えよりも自分の働き方に大きな影響を及ぼすのは、直属の上司である管理薬剤師の考え方

こっちの方が何倍もいや、何十倍も大事です。

採用担当者の人柄を決め手に転職をしてはいけない

新人の薬剤師が入社する会社を決めるときについついしてしまいがちな失敗例です。

新卒の頃は、採用担当者(人事担当者)を通じてでしかその会社を見ていない、いや見えていなかったと思います。

採用担当者なんて、入社してもらってなんぼの世界で仕事をしています。


採用担当者は薬剤師を採用することが仕事なのです。そりゃ良い人を演じますよね。


採用担当者の人柄が良いからと言って、その薬局が良いとは限りません。


採用担当者は単なる窓口です。採用担当者がその薬局すべてを表しているかのように思ってはいけません。

ちょっと豪華な食事をおごってもらったくらいで心が動いてはいけませんよ。


大事な転職先です。冷静に判断を下しましょう。

自分で作り上げたイメージ

『CMを流しているくらいの薬局だからきっと良い薬局なのだろう』


『社長も会長も薬剤師なのだから、きっと良い薬局なのだろう』


『会長がコロナワクチンを優先的に受けられるくらい力があるのだからきっとすごい薬局なのだろう』


『WEBサイトに載っている薬剤師がものすごくキラキラしているからみんなそのような働き方ができているのだろう』


このように、自分で良いイメージを勝手に作ってしまっているなと思ったら要注意。


イメージではなく、実際に目で見たことや数字でしっかりと判断をしてください。

決め手に欠ける薬局しか紹介されない時には

転職活動をしていてもどうもこれという決め手がない。


良いところまで行っているのだが決め手に欠ける。

そんな時には転職しないという選択をします。

決め手に欠けたまま転職をしてしまうと後悔します。

決め手=『転職によって何を解決したいのか、自分が本当に求めているもの。』

決め手に欠けるということは、『その薬局に転職しても解決しない。自分が本当に求めているものは得られない。』ということなのです。

決め手に欠けている薬局への転職は避けましょう。

決め手に欠ける薬局しか紹介してくれない場合は、今使っている転職サイトを変えてみてはどうでしょうか。

違った視点、切り口で求人を探すと意外とすんなり見つかることがあります。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの中でまだ登録していない薬剤師転職サイトはありますか?

 まとめ
『転職によって何を解決したいのか、自分が本当に求めているものは何か。』を決め手にして転職先を選びましょう。


社長や採用担当者、イメージを決め手にしてはいけません。


決め手に欠ける薬局しか紹介されない時には、転職しないという選択を。消去法で転職先を選ぶと後悔します。


決め手に欠ける薬局しか紹介してくれない場合は、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの中でまだ登録していない薬剤師転職サイトに切り替えて転職活動をしてみましょう。