調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴5つ【このままで大丈夫?】
q

調剤薬局事務がすぐ辞めてしまう薬局の薬剤師

うちの薬局の事務は入れ替わりが激しいです。

すぐ辞めてしまうので仕事がうまく回りません。

うちの薬局って大丈夫でしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 調剤薬局事務がすぐ辞める原因と薬局の特徴
  • 調剤薬局事務が辞めない薬局の作り方
  • 調剤薬局事務がすぐ辞める薬局で働いている薬剤師がやるべきこと
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬剤師の皆さん、事務さんがいないと仕事は回りません。もっと大切にしてあげてくださいね。

調剤薬局事務は薬局の顔とも言える存在です。


調剤薬局事務なしでは薬局の業務は回りません。


ただ、調剤薬局事務になっても長く続けることができず退職してしまう人が多いのも事実です。


入社してきてくれた調剤薬局事務が辞めてしまわないよう、薬剤師ができることをまとめました。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴

 調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴

  • 忙しすぎる
  • 人間関係がギスギスしている
  • 薬剤師と事務の不平等(差別)
  • 待遇が悪い

調剤薬局事務が辞めない薬局の作り方

 調剤薬局事務が辞めない薬局の作り方

  • コミュニケーションをしっかりとる
  • 感謝する
  • 助けあう・助ける・手伝う
  • 褒める
  • 薬剤師と事務の不平等感の是正
  • 待遇改善

調剤薬局事務にとって働きやすい薬局は、薬剤師にとっても働きやすい薬局であると言えます。


薬局見学に行った際には調剤薬局事務をよく見ましょうと言い続けてきました。

薬剤師も事務も働きやすい薬局をスタッフ全員で作り上げていきたいですね。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局で働いている薬剤師がやるべきこと

 調剤薬局事務がすぐ辞めてしまう薬局で働いていませんか?


もう慣れてしまって何も感じないのかもしれませんが、実はものすごく働きにくい環境にいるのかもしれません。


調剤薬局事務がすぐ辞めてしまう薬局は、薬剤師のあなたにとっても良い薬局でない可能性が極めて高いです。

客観的な立場で、今の薬局の状況を診断してもらってはいかがでしょうか。

今すぐの転職は考えていなくても、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの転職コンサルタント・エージェントに今の職場の現状や給料の相場など、転職に関する相談が無料でできます。

転職を考えていなくても、一度相談して今の環境を確認してみましょう。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局にずっといて、これから大丈夫ですか?