調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴【このままで大丈夫?】
q

調剤薬局事務がすぐ辞めてしまう薬局の薬剤師

うちの薬局の事務は入れ替わりが激しいです。

すぐ辞めてしまうので仕事がうまく回りません。

うちの薬局って大丈夫でしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
調剤事務がすぐ辞める薬局は、100%構造的な問題を抱えています。

薬剤師のあなたがこの薬局に居続けて大丈夫なのか、よく考えてみてください。

調剤薬局事務は薬局の顔とも言える存在です。


調剤薬局事務なしでは薬局の業務は回りません。


ただ、調剤薬局事務になっても長く続けることができず退職してしまう人が多いのも事実です。


調剤薬局事務がすぐに辞めてしまう薬局の問題点をあげてみました。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴

 調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の特徴

  • 待遇が悪い(給与が安い)
  • 人間関係がギスギスしている
  • きついお局様がいる
  • 薬剤師と事務の不平等(差別)
  • 何事も常に薬剤師ファースト
  • 調剤薬局事務に人権が無い

待遇が悪い(給与が安い)

調剤薬局事務の給与は薬剤師に比べてかなり安く設定されています。

資格を持っていないからと言ってしまえばそれまでですが、事務の方が薬剤師よりも仕事量が多い場合も。

それで薬剤師の方が給料が高いのですから、やってられないという気持ちになるのもわかります。

薬剤師が暇そうにしゃべっていて、事務の仕事がたくさんある状態が続いていたらどうでしょう。

辞めたくなるのも無理はありません。

人間関係がギスギスしている

調剤薬局事務も薬剤師も退職の本当の理由は人間関係です。

同僚との関係、上司との関係が悪くて辞めてしまう場合がほとんど。

薬局はプレッシャーがかかる仕事ですから、ミスには厳しくなりがちです。

ミスを何度も指摘されることでメンタルが壊れてしまうこともあるでしょう。

少しくらい忙しくても人間関係が良ければ人は頑張れますが、その逆は無理ですね。

きついお局様がいる

自分に甘く、他人に厳しいお局様。

ミスをするとものすごい剣幕で怒ってくるお局様。

日によって機嫌が全く違うお局様。

こういう方が薬局にいるだけで厄介です。

お局様に目を付けられようものなら大変なことに。

お局様が理由で新人の調剤事務が辞めていく薬局は、数えきれないほどたくさんあります。

薬剤師と事務の不平等(差別)

有給休暇や休みの希望などはいつも薬剤師が優先。

何事も薬剤師が優先と言う職場では、調剤事務が辞めてしまいます。

調剤薬局事務に人権が無い薬局も事実存在しています。

何事も常に薬剤師ファーストというのは良くありません。

調剤事務がいないと仕事が回らないのです。

薬剤師と事務でできることとできないことに差があるのは仕方ありませんが、それ以外の部分では平等であるべきです。



調剤薬局事務が辞めない薬局の作り方

 調剤薬局事務が辞めない薬局の作り方

  • コミュニケーションをしっかりとる
  • 感謝する
  • 助けあう・助ける・手伝う
  • 褒める
  • 薬剤師と事務の不平等感の是正
  • 待遇改善

薬剤師も事務も協力して仕事ができるように、コミュニケーションをしっかり取りましょう。

薬剤師が偉くて事務が下と言う薬局で、うまく行っている例はまずありません。

事務にやってもらって当然という態度をとることは絶対にやめましょう。

感謝の言葉をかけてあげてください。

調剤薬局事務にとって働きやすい薬局は、薬剤師にとっても働きやすい薬局であると言えます。


薬局見学に行った際には調剤薬局事務をよく見ましょうと言い続けてきました。

pharma

薬剤師にとっても事務にとっても働きやすい薬局を、スタッフ全員で作り上げていきたいですね。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局の薬剤師がやるべきこと

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局で働いている、薬剤師のあなたが今すぐにやるべきこと。

それは、この薬局で働き続けていて大丈夫なのか考えること。

成長できているでしょうか。

傲慢な態度を取るような薬剤師になってしまわないでしょうか。

もう慣れてしまって何も感じないのかもしれませんが、実はものすごく働きにくい環境にいるのかもしれません。


調剤薬局事務がすぐ辞めてしまう薬局は、薬剤師のあなたにとっても良い薬局でない可能性が極めて高いです。

客観的な立場で、今の薬局の状況を診断してもらうことをおすすめします。

今すぐの転職は考えていなくても、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの転職コンサルタント・エージェントに今の職場の現状や給料の相場など、転職に関する相談が無料でできます。

転職を考えていなくても、一度相談して今の環境を確認してみましょう。

調剤薬局事務がすぐ辞める薬局にずっといて、あなたのこれからは大丈夫ですか?

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

調剤薬局事務をすぐ辞めたい方はこちら