転職で出ていくべき!新卒薬剤師にとって悪い薬局の特徴【就職の失敗】
q

薬剤師

このまえ友達が転職をしました。

「もっと就職先選びをしっかりやれば良かった」と言っていました。

私もなんか今の職場に違和感があるというか、間違っているというか・・・

このままで良いのかちょっと不安です。

pharma

では、あなたが本来の自分を取り戻す方法を一緒に見て行きましょう。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

 

新卒で入社して転職歴がなければ、「その会社(薬局)の常識が世間の常識と同じ」と勘違いしてしまうのは仕方のないこと。

 

他社の薬局と比べることはなかなかできませんから。

ここでは、常識だと思っていたことが非常識だったというよくある例を挙げてみたいと思います。

 

あなたが勤務している職場は大丈夫でしょうか?

きちんとやっていますか?

もし今働いている薬局がこんな状況だったら、今すぐ逃げないと手遅れになるかもしれませんよ。

すぐにチェックしてみましょう。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(業務編)
  • 転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(環境編)
  • 転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(教育編)

転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(業務編)

最初は、転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴の業務編です。

日々の業務の中で不適切なことは行われていないでしょうか。

一番怖いのは、不正と知らずに不正を行っている(行ってしまっている)こと。

知らないって本当に恐ろしいことです。

あなたの薬局ではこんなことしていませんか?

不正請求・不当請求をしている

上司からの指示で家族の処方せんを別の薬局で調剤したことにしていませんか?

集中率を下げるための処方せん付け替え行為は立派な不正請求です。

上司の指示であっても決してやってはいけません。

不正請求と不当請求の違いについてはこちらにまとめました。

不正請求とは『故意』によるものです。

どうせバレるわけはないと、処方せんの付け替えや不正請求を平気でやる社風なのでしょう。

次はどんな不正・不当請求をするのでしょうか。

あなたはそんな指示を出してくる薬局でこれからも働き続けることができますか?

患者さんの意向を確認せず自動的に後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変えて調剤する

一般名処方であれば、後発品を調剤するよう努めなければなりませんが、勝手に変えてはいないでしょうか?

患者さんの意向を確認しているでしょうか。

後発医薬品使用率を下げたくないという理由や、在庫品目数を増やしたくないという理由で勝手に変更してはいけません。

※生活保護の場合は後発品の使用が義務化されています(例外規定あり)
保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(第8条第3項)

保険薬剤師は、処方せんに記載された医薬品に係る後発医薬品が次条に規定する厚生労働大臣の定める医薬品である場合であって、当該処方せんを発行した保険医等が後発医薬品への変更を認めているときは、患者に対して、後発医薬品に関する説明を適切に行わなければならない。この場合において、保険薬剤師は、後発医薬品を調剤するよう努めなければならない。

在庫を置きたくないから後発医薬品への変更は行わない

後発医薬品への変更不可なら仕方ありませんが、しっかりと説明をして後発医薬品を調剤するよう努める必要があります。

薬の管理が杜撰(ずさん)

薬の管理が杜撰な薬局は最低です。

薬局として問題外。

薬局なのに薬の管理がずさんということは調剤ミスが多いばかりでなく、その他のことだってきっとずさんでしょう。

錠剤棚のカセットの中の薬の使用期限とLot.はわかるようになっていますか?

散剤瓶の中の薬の使用期限とLotはわかるようになっていますか?

わかるようになっていないと、気付かぬうちに期限切れの薬を患者さんに渡してしまっているかもしれません。

薬局の中にある薬の使用期限とLot.がわからないのであれば早急に改善が必要です。

見た目ではどうせわからないからと故意に使用期限が切れた薬を使っている薬局はブラック確定です。

うちの薬局では在庫管理システムで医薬品の使用期限とLotの管理をしています。

患者さんに期限切れの医薬品を渡してしまわぬよう、期限切迫品には調剤時に気づけるように表示を工夫しています。

期限切れによる廃棄をなるべく出さないようにするためにも在庫管理をしっかりと行わなければなりません。

あなたの薬局では医薬品の使用期限とLotの管理はしっかりと行われているでしょうか。

在庫が無い場合は取り寄せや小分けなどせずに調剤拒否

薬の在庫が無いことを理由に調剤を拒否することはできません。

薬局が調剤拒否できる正当な理由はこちらにまとめました。

薬が足りなくなったら門前の病院薬局から薬を購入する

病院の薬局(正確には調剤所)は医薬品販売業の許可を取得していません。

ですから薬局が病院から薬を購入することはできません。

病院から薬を小分け(分譲)してはいけない理由はこちらにまとめました。

事務スタッフが一般用医薬品の販売や服薬指導をしている

薬剤師不足がひどい時には実際にこういった行為が行われていたようです。

取り扱いできる医薬品と資格者

処方せん医薬品→薬剤師
要指導医薬品→薬剤師
第1類医薬品→薬剤師
第2類医薬品→薬剤師、登録販売者
第3類医薬品→薬剤師、登録販売者

当たり前ですが、無資格者は販売できません。

 

薬剤師の管理、指導の下で一般用医薬品の販売は可能か?

制度変更前は薬剤師の管理及び指導の下で登録販売者や一般従事者に対面で販売させることができました。

新施行規則第159条の14(旧)

一般用医薬品の販売等の方法

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者は、法第36条の5の規定により、第一類医薬品については、医薬品の販売等に従事する薬剤師に、自ら又はその管理及び指導の下で登録販売者若しくは一般従事者をして、薬局等において対面で販売等させなければならない。

第二類医薬品又は第三類医薬品の販売等の方法

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者は、法第36条の5の規定により、第二類医薬品又は第三類医薬品については、医薬品の販売等に従事する薬剤師又は登録販売者に、自ら又はその管理及び指導の下で一般従事者をして、薬局等において対面で販売等させなければならない。ただし、薬局開設者又は店舗販売業者が第三類医薬品を販売等する場合であって、郵便等販売(薬局等以外の場所にいる者に対する郵便その他の方法による医薬品の販売等)を行う場合は、この限りではない。

が、現在はできません。

 

現在の一般用医薬品販売制度について(分類毎)

要指導医薬品

薬局開設者は、要指導医薬品につき、次の①から⑥までに掲げる方法により、その薬局において医薬品の販売・授与に従事する薬剤師に販売・授与させなければならないこと。また、薬局開設者は、要指導医薬品を使用しようとする者以外の者に対して、正当な理由なく、要指導医薬品を販売・授与してはならないこと(新法第 36 条の5及び新施行規則第 158 条の 11 関係)。

第1類医薬品

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者は、法第36条の9の規定により、第1類医薬品につき、次に掲げる方法により、その薬局、店舗又は区域において医薬品の販売若しくは授与又は配置販売に従事する薬剤師に販売させ、又は授与させなければならない。

登録販売者又は一般従事者は、第1類医薬品の代金の精算等、必ずしも薬剤師が行う必要のない業務に限り行うことが可能であること。

第2類医薬品又は第3類医薬品

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者は、法第36条の9の規定により、第2類医薬品又は第3類医薬品につき、次に掲げる方法により、その薬局、店舗又は区域において医薬品の販売若しくは授与又は配置販売に従事する薬剤師又は登録販売者に販売させ、又は授与させなければならない。

一般従事者は、第2類医薬品又は第3類医薬品の代金の精算等、必ずしも薬剤師又は登録販売者が行う必要のない業務に限り行うことが可能であること

参照:薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律等の施行等について

 

 

相談や指導、販売については、要指導医薬品、第1類医薬品は薬剤師のみ。

第2類医薬品と第3類医薬品は薬剤師または登録販売者が対応することとされています。

 

代金の清算や商品の袋詰めなどの作業を一般従事者が行うことについては問題ありません。

必要な人に対して何の説明もせずレジでお会計というのはNGです。

病院の待合室まで薬を配達する

病院やクリニックの待合室まで薬を持って行くのはダメです。

薬剤師であってもです。

門前病院の職員の薬代は割り引く

門前病院、クリニックの医師や職員に対して調剤した薬の代金の割引等を行ってはいけません。

処方せん枚数に応じて門前医院にリベートを払っている

最近ではあまり聞かれなくなりましたが、薬局が処方せん発行枚数に応じて発行元の医師に対して金銭を支払うという行為が実際に行われていました。

絶対だめです。

転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(環境編)

続いては、転職してでもすぐに逃げるべき薬局の特徴(環境編)です。

汚い・整理整頓がされていない

あなたの薬局では調剤室や事務室、休憩室などの清掃がしっかりおこなわれているでしょうか?

分包機や分注機はきれいに保たれているでしょうか?

散剤棚が粉だらけだったり、水剤台の流しが水垢やカビだらけだったりということはないでしょうか。

掃除されておらず、整理整頓がされていない状態の薬局はおそらく通常の業務もおろそかにしていることでしょう。

それで平気になってしまっている職場の空気が一番の大問題ですね。

挨拶をしない・会話がない

挨拶もしなければ会話もない。

私語厳禁。

これではコミニュケーションがとれません。

家族や恋人、友人より長い時間を一緒に過ごさなければならない職場で、この状況は辛いですよね。

スタッフ間のコミニュケーションが少ない薬局では調剤ミスが多いという統計もあります。

薬剤師や事務の入れ替わりが激しい

スタッフが定着しない薬局には必ずと言っていいほど問題があります。

それは待遇や設備ではなく確実に人間関係です。

しかもその薬局の特定のスタッフが原因であることがほとんどです。

原因の張本人と社長が気づいていないのが最大の問題。

管理薬剤師は見て見ぬふりで、その上の人も何も対処しない。

これでは一生解決しません。

研修後に配属された薬局のお局様的な人にいじめられた

大人になってもあるんですよね。いじめ。

薬局でのいじめについてはこちらにまとめました。

 

あなたはこんなことをされたことはありませんか?

  • 薬局に配属されてもあまり仕事をさせてもらえない
  • 同じ薬局に配属された同期とどんなことも比べられてしまう
  • 忙しそうにしていて仕事を教えてくれない(邪魔者扱いされる)

 

悩みの相談ができる相手はいますか?

上司でも同期でも人事部でも採用担当者でも誰でも良いのです。

一人で抱え込まずに相談してください。

転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(待遇編)

続いては、転職してでもすぐ逃げるべき薬局の特徴(待遇編)です。

就職活動の時に説明された話と違う。

なんか騙されたようだと感じたことはないでしょうか?

勤務時間や休日、給与や住宅補助などの制度が最初の説明と違う

会社説明会などで聞いた話と実際の待遇が違っていた。

結構良くある話です。

ある店舗ではそうなのかもしれないが、全店舗でそうなっているというわけではない。

人事担当者は嘘はつかないものの、確実に話を盛ってきます。

配属先によって働き方が大きく異なります。

勤務時間も休日の日数も異なります。

いわゆる「配属先ガチャ」というやつです。

残業が多すぎる

あまりにも残業が多いと体調を崩したり、自分の好きなことができなかったりなど良いことはありません。

働き方改革関連法案では、時間外労働時間の上限が定められました。

残業を良しとせず減らしていく努力が求められています。

あなたの薬局の残業はどうでしょう。

月に40時間以上あると結構きついと思いますよ。

残業時間がほとんどない薬局もあれば、残業が月に50時間にもなる薬局もあります。

残業時間も配属先によって大きく異なります。

サービス早出・サービス残業が多い

勤務時間の30分以上も前に出勤することを求められて薬局内の掃除をする。

薬歴を記載している時間は残業時間に含まれない。

昼休みは外出できず、電話番が義務づけられている。

 

これらは、コンプライアンス違反どころか全て法律違反です。

残業していないことになっていてもサービス残業が横行しているような薬局は明らかにブラックです。

周りと比較して極端に給与が安い

あなたの給料、周りの薬剤師と比べて極端に安すぎませんか?

 

給与だけが全てではありませんが、あまりにも差があるとモチベーションが下がります。

おそらく就職先を決めた時に参考にしたのは初任給でしょう。

昇給率やモデル賃金の説明も受けたかもしれません。

 

しかし、昇給率やモデル賃金はあくまでも過去の実績に基づくもの。

あなたの給料がその金額になる保証はどこにもありません。

 

給与が相場よりも大幅に低い場合は逃げることも考えておきましょう。

有給休暇の取得率(消化率)が低すぎる

あなたは有給休暇を希望した日にとることができたでしょうか?

繁忙期には休みを取るのが難しいのも事実です。

しかし、有給休暇を申請するたびに嫌味を言ってくるような薬局は話が変わってきます。

有給休暇の取得は労働者の権利。

有休が使えない会社で長く働くことなんてできません。

 

ちなみに、働き方改革関連法案では年次有給休暇を年間5日以上取得させることが義務付けられました。

対応できない薬局は罰金となります。

転職してすぐにでも逃げるべき薬局の特徴(教育編)

続いては、転職してでもすぐに逃げるべき薬局の特徴(教育編)です。

配属先でどのような教育を受けたかによって、新卒薬剤師の間で大きな差となって表れてきます。

 

薬局によって教育内容に差が

あなたはこんなことをされていませんか?

  • 忙しいという理由で何も教えてくれない(何もさせてくれない)
  • 6年制だから知ってて当然でしょ?といって何も教えてくれない
  • 配属後すぐに、「この薬出してきて」と、服薬指導させられた
  • 質問しづらい雰囲気
  • 新人教育のカリキュラムや研修が何もなく、本を読むだけ

 

集合研修では同期のみんながが同じ内容の研修を等しく受けることができましたが、その後2、3カ月経ってどうでしょうか?

すでに同期の間で差は出ていませんか?

大学時代の同級生に、別の会社の話を聞いてうらやましいと思うことはありませんでしたか?

最初に配属された薬局の質がかなり重要です。

あなたの薬局は大丈夫ですか?

こんな薬局に勤務をしてしまっていたら

以上思いつくままに、新卒薬剤師にとって悪い薬局の特徴をまとめました。

あなたの薬局の状況はいかがですか?

実は非常識なことをしていた、ということに気づいた点があったのではないでしょうか。

就職活動の時は全然わからなかったけど入社してみたらその薬局は最悪だった。

良くある話です。

ほとんどの薬剤師は、内定前に配属先の薬局見学をしていません。

配属されて初めて実情を知る。

こんなリスクの高いことはありません。

もはや運です。『ガチャ』です。

入社前の薬局説明会では良いことばかり言っていたのに、入ってみたら全然違う・・・。

あなたが、今の会社(薬局)に入社を決めた理由は何だったか覚えていますか?

給料が他よりも少し良かった。

雰囲気が良さそうだった。

人事担当者が優しい人だった。

福利厚生が良かった。

こんな感じではないですか?

もし、あなたが悩んでいるならまずは上司に。上司に言いづらいことなら人事担当者に相談をしてください。

仕事の事や生活の事など、新入社員にはいろんな不安や悩みがあると思います。

そういった悩みを聞いてくれる人が社内にいるはずです。

一人で悩まず早めに相談しましょう。会社に窓口があればそちらに相談を。

直属の上司(管理薬剤師)に言いづらければ同僚や同期の仲間に。

いろいろ不満があって転職を考えているのだと思いますが、気の合う仲間に相談してみるだけで解決してしまうことだってあります。

上司が動いてくれて良い方向に向かうこともあるでしょう。

特に薬局では少人数で長時間一緒にいますので薬局の人間関係で悩むことも多いと思います。

同じ会社でも薬局によって人間関係も違えば雰囲気も全く違うことだってあります。

せっかく入社して薬剤師の仲間もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいない。

会社を辞めることはいろいろな面で損失となる場合があります。

上手に転職をしないと生涯賃金がさがります。

転職ではなく、社内異動ならそのような損失は少なくとも回避できます。

(参考)薬剤師が転職すると得られるメリットとデメリット

薬剤師のための転職ガイドと言っておきながら転職を薦めない内容となってしまいましたが、それだけ転職というものにはパワーを消費します。

私自身も2回転職をしています。1回目も2回目も調剤薬局から調剤薬局への転職でしたが、どちらも大変でした。

特に1回目の転職は薬剤師転職サイトを利用せず1人で転職活動を行ったのでそれはもう大変でしたし、だいぶ損をしてしまいました。

もっとよい条件の薬局を見つけられることも可能だったはずなのにそれができなかったのです。

2回目の転職では薬剤師転職サイトを利用しましたので1回目に比べて転職はスムーズでした。

希望条件に合致した薬局に転職することができました。

今勤めている薬局はいい会社なので辞めるつもりはありません。

薬剤師転職サイト経由で転職したからこそ良い会社に入れたということかもしれませんが、だからと言って軽い気持ちで転職するのはおすすめしません。

今の薬局が嫌で嫌で仕方が無いと考えている薬剤師へ。

転職せずにすむ方法をまずは考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

(参考)薬剤師の不満解消法

それでも転職の決意が固いなら薬剤師転職サイトを利用して転職することをおすすめします。

薬剤師の就職活動と転職活動は全く別物

薬剤師の就職活動と転職活動は全く別物です。

もしあなたが、転職をするのであればまずはこちら参考にして転職のやり方を理解しましょう。

大事な事なのでもう一度言います。

次は就職ではありあません。転職です。

転職先を人事担当者の人柄なんかで決めてはいけません。

もちろん福利厚生で決めてもダメですよ。

ちなみに、入社1年目でも2年目でも転職は可能です。


3年目まで待つ必要はゼロです。

本当に大事な事なので再度言います。

学生の就活と同じような考えで転職活動に入ると必ず失敗します

失敗して同じ悩みを繰り返さないためにも絶対に転職を成功させなければなりません。

その為には味方を持つ必要があります。

その味方とは、
薬剤師転職専門の転職コンサルタントです。

薬剤師の転職専門のコンサルタントという味方をつけて転職活動に挑んでください。

転職コンサルタントの利用は無料。

薬局業界に詳しいコンサルタントに希望を伝え、自分が求める理想の薬局を探してもらいましょう。

\おすすめ薬剤師転職サイト/

業界の事を良く知らないまま転職活動をすると、会社に足元を見られてうまく言いくるめられてしまいます。

こちらも情報武装が必要ですが、プロのコンサルタントという味方をつけて転職活動を行えばそんな失敗ありえません。

まとめ
1つの薬局(会社)でしか働いたことのない薬剤師は、その薬局のルールが常識であると勘違いしてしまうことが少なくありません。

経験の少ない薬剤師ならなおさらです。

  1. 一つの会社(薬局)しか知らないこともリスク。今の会社の常識が世間の常識であるとは限りません。
  2. おかれた環境があまりにもひどい場合には異動や転職も必要。薬剤師として、今後大きな差になって表れてきます。
  3. 悩みがあれば、一人で抱え込まずに相談を。同期でも上司でも人事担当者でも。必ず話を聞いてくれる人がいるはずです。
  4. 転職して他の景色を見るのも良い勉強

いかがだったでしょうか。

もし当てはまるものが無ければ、そのまま今の薬局で頑張りましょう。

いくつか当てはまるものがあれば危険です。

法に触れているような薬局なら、早めに逃げておいた方が身のためです。

今すぐ転職をしないとしても、情報収集だけは初めておいて損はありません。

もちろん料金はかかりません。

無料です。

\おすすめ薬剤師転職サイト/