調剤薬局転職ガイド完全版│転職に不安な薬剤師へ【疑問点は全て解決】
q

調剤薬局へ転職をしようと考えている薬剤師

別の調剤薬局への転職を考えているのですが、求人が多すぎてどれが自分に合っているのかわかりません。

条件の交渉なんかもうまくいくか心配です。

まずは何から始めれば良いでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 調剤薬局への転職活動の流れ
  • 調剤薬局の薬剤師求人の探し方
  • 転職先調剤薬局の絞り込み方
  • エントリーから面接、試験について
  • 転職後にすべきこと
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
転職を考えると不安になるのは当然です。今後の流れや注意すべき点がわかればその不安は軽減されるでしょう。まずはこの記事で、転職活動の流れや注意点をイメージしていただければと思います。

転職すること自体が初めてで不安がいっぱいという薬剤師は、まずこちらを読んでいただくと全体の流れがわかります。

調剤薬局への転職事情や年収の相場を知る

調剤薬局へ転職を希望しているということですね。


まずは、最近の調剤薬局への転職事情を知っておきましょう。売り手市場ではあるものの、数年前とは状況が大きく変わっています。


でもあなたなら大丈夫。この中の記事を読んでいただければ不安は解消されるはずです。


そして正しい手順で転職活動を進めていけば、転職成功の確率が格段にアップします。


すでに調剤薬局で何年も働いているからわかっているという方は、必要なところだけ読んでいただければ大丈夫です。

最新の調剤薬局への転職事情はこのようになっています。




調剤薬局の年収相場を知っておきましょう。20代、30代なら年収600万円は目指すべき最低ラインです。


定年まで長く勤務を続けるつもりなら、退職金制度も気になりますね。

年収や退職金以外では、福利厚生の充実度も各社で大きく差がついています。

調剤薬局での薬剤師雇用形態は正社員薬剤師、パート薬剤師、派遣薬剤師の3つです。

詳細についてはこちらにまとめましたのでご覧ください。

派遣薬剤師として調剤薬局で働きたい方はこちらが参考になるかもしれません。


薬剤師求人の正しい探し方

調剤薬局への転職事情はある程度理解できたのではないでしょうか。


次は、薬剤師求人の正しい探し方についてです。

調剤薬局の薬剤師求人は、簡単にたくさん見つかります。


たくさん見つかりすぎてしまうので、どこの薬局にしたらよいのか迷ってしまう薬剤師も多いのではないでしょうか。


(インターネットで検索すると求人情報が上位に表示されますが、ここに応募してはダメですよ。直接応募すると確実に損します。あなたにピッタリの好条件求人が他にあるはずですから。)

あなたの希望に合った求人を見つけるには、正しい方法で探さなくてはなりません。


非推奨の薬剤師求人の探し方もまとめてあります。

調剤薬局の薬剤師求人の探し方はいろいろありますが、転職薬剤師の約9割が利用している薬剤師転職サイト経由での転職が最も成功率が高く、また自分の手間を減らせます。



結論は、『薬剤師転職サイトに登録する』の一択です。


どこの薬剤師転職サイトに登録すべきかはこちらにまとめました。

調剤薬局への転職希望なら、以下の3社から選べば間違いなし。うちの会社によく来るのはこの3社のコンサルタントだけです。

薬剤師転職サイトに登録するのはどうしても心配、不安という方はこちらの記事が参考になるかもしれません。

薬剤師転職サイトに登録したら絶対に転職をしなくてはいけないという事ではありませんので安心してください。


pharma

転職をしないという選択肢も残っています。もし他の調剤薬局に転職をしたらどうなるかというイメージをつかむためにも、まずは話を聞いてじっくり比較してみることをおすすめします。行動あるのみです。

繰り返しになりますが、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリの3つならどこも大手で、実績十分。あなたの転職活動を全力でサポートしてくれます。ここで登録を済ませてしまいましょう。

無事に薬剤師転職サイトに登録することができたら後は待つだけ。


当日または翌営業日には電話かメールで転職コンサルタントから連絡が来ます。

転職サイトの転職コンサルタントがあなたに対してどんな転職サポートをしてくれるのかについては、こちらにまとめました。

転職コンサルタントの方に転職先に求める希望や今の職場の不満などを伝えます。

q

転職に求める条件とか漠然としすぎていて、自分でも何を求めているのか良くわかっていないです・・・


pharma

こちらの記事が参考になるかもしれません。

コンサルタントとの電話による面談の後に求人を紹介してもらえます。あとはコンサルタントと相談しながら徐々に絞り込んでいきます。

紹介された薬剤師求人から転職先を絞り込む方法

あなたの希望に合うような求人が数件から10件程紹介されますが、最終的にはここから1社に絞り込まなくてはなりません。


絞り込むのに最も有効な方法は薬局見学をすることです。

理想は気になった全ての薬局を見学することです。


とはいっても、普段から仕事で忙しく、時間的に難しいという方も多いでしょう。


薬局見学以外で転職先を絞りこんでいく方法をまとめました。

一番はあなたが最も優先している条件が叶う薬局です。他の条件が良かったとしても、最も優先している条件が叶わなければ満足感は得られないからです。

最も優先している条件が叶う薬局が複数の場合は、以下を参考にして絞り込んでいきましょう。

先の事を考えれば個人よりも大手を推奨します。


将来的にどのようなキャリアパスを歩めるのかイメージできる薬局が良いでしょう。

男性薬剤師ならではの注意点もあります。

女性薬剤師ならではの注意点もあります。

どんな薬局に転職したらよいのかはそれぞれ異なりますが、確認すべきポイントをイメージしやすいようにまとめた記事をどうぞ。




使いなれたレセコンや電子薬歴だといろいろ楽です。

こういう薬局は避けておいた方が無難です。





求人票から見抜けることって結構あります。

候補の薬局を一つに絞り込めなくても大丈夫です。最終的には薬局見学で決めれば良いのですから。


どんなに良いと思っていた薬局でも、見学して変な薬剤師がいたり雰囲気が良くなかったら嫌ですよね。


薬局見学では『感じる』ことができる部分が大きいので、絞り込むには最適な手段です。


できれば少なくとも3社程度は実際に勤務する店舗を見学させてもらいましょう。

エントリーから面接、採用までの流れ

いくつかの候補に絞り込むことができたらエントリーをします。


これは、転職サイトのコンサルタントにお願いすれば大丈夫です。


薬局見学だけでなく、面接や試験の日程の調整まで全て代行してくれます。


また、事前の条件交渉もコンサルタントがあなたの代わりにやってくれますから、交渉が苦手という方でも安心です。

履歴書が心配というかたも大丈夫。コンサルタントによるサポートあります。

面接が心配というかたも大丈夫。コンサルタントによるサポートもありますし、面接に同行してくれることもあります。



筆記試験が心配でも平気です。

今の職場が辞められるか不安な方も安心してください。確実に辞められます。



転職後にすべきこと

ここまで読んでいただきありがとうございます。


ある程度転職の流れがつかめたのではないでしょうか。

転職活動はあなたひとりで行うものではありません。


薬剤師転職サイトのコンサルタントからサポートを受けながら、一歩一歩進めていくことができます。


相談する味方がいますので転職が初めての方でも大丈夫。

さあ、一歩踏み出しましょう。

心機一転。新しい薬局で活躍している姿がイメージできますね。

 調剤薬局に転職するならこの薬剤師転職サイトに登録