薬剤師が不足しているから今の職場から辞めるのは難しそう

そう思っていませんか?

良い転職先が見つかり、採用されることが決定したとしても今の薬局を辞めることができなければ転職成功とはなりません。

退職願を提出してもすんなりと退職を認めてくれないことがほとんどだと思います。

なぜなら、会社側はコストをかけて採用して育てた薬剤師に辞めてもらっては困りますからなんとかして退職を考え直してもらえるよう、その薬剤師に対して引き留め工作をしてくるのです。

薬剤師に辞められないように行う引き留め工作の例

転職することを決めたのであれば、会社側の引き留め工作にのってはいけません。

転職のために薬局を円満に退職するにはどうすればよいのでしょうか

転職のため薬局を円満に退職する方法

転職時期が決まったら上長(上司)に早めに伝える

転職時期が決まったら上長(上司)に早めに伝えましょう。もっとも大事な事です。

法的には2週間前に退職の意志を伝えれば辞められることにはなっていますが、会社(薬局)の就業規則に退職時期の項目があればそれに従う必要があります。

まずは今いる会社の就業規則を確認しましょう。

例えば今いる薬局の就業規則に、「退職する場合は1か月以上に退職の意志を申し出ること」とあったとしても、就業規則が薬剤師不足の現状に対応しているわけではないので仮に1か月と3日前に申し出たとしても「そんな急に辞められては困る」という返事が来ると思います。

次の薬剤師を探す時間、別の薬局から異動者を決めるまでの時間を会社側に与えてあげましょう。

2~3か月くらい先を退職日に設定し、転職先の薬局が決まっているのでそれ以上伸ばすのは無理という旨を会社側にはしっかりと伝えましょう。

転職するという決意は固いのだと解らせる

まだ退職することを迷っているといった様子を出してしまうと会社側は引き留め工作を強めてきます。どうやっても無理とわからせない限り引き留め工作は終わりません。

薬剤師が今の職場を退職するときには、この2つのポイントを守りさえすれば辞められないことはないと思いはずです。


正しい薬局の辞め方と退職交渉術 嫌な薬局をすんなり辞めるための7つのポイント