調剤薬局の企業理念と社長メッセージは大切!?【転職先のチェック方法】
q

転職先の会社が気になる薬剤師

調剤薬局の社長って何をしているんでしょうか。

大きい会社だと社長の考えってあんまり関係ないと思うのですが。

えっ!? 結構重要なんですか?

転職先を決めるときに見るべきポイントを教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 企業理念と社長メッセージが転職先の選択に大切な理由
  • 調剤薬局の社長の写真からわかる避けるべき薬局
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
企業理念と社長メッセージは会社のイメージをつかむには重要です。その会社のWEBサイト見るだけで、避けるべきかどうかがわかります。

企業理念と社長メッセージが転職先の選択に大切な理由

会社の企業理念・経営理念

薬局のホームページには、「企業理念」や「社長挨拶」、「社長のメッセージ」があるはずです。


しっかりと読み込んだことがあるでしょうか。


薬局の場所や募集要項しか見ていないということはありませんか?


「企業理念」や「社長挨拶」、「社長のメッセージ」には良いことしか書かれていません。


どうせ口だけでしょと思うかもしれませんが、ここをしっかりと読み込むことによって、この薬局の社長が何を大切に考えているのかがわかります。

実際には、企業理念や社長メッセージに書かれている社長の考えが、全て達成されている薬局は少ないでしょう。


だからといって企業理念や社長の考えが無意味という事ではありません。


そもそも、企業理念が低ければ、実際の薬局の質はもっと低いはず。


企業理念や社長の考えが各薬局まで浸透しているかどうかが大事なのは言うまでもありませんが、会社として社長が何を掲げているのかを見ることはとても大切な事なのです。

でも、その薬局が働きやすいかどうかが決まるのは、一番影響力のある管理薬剤師ですけど。

社長の写真からわかる転職で避けるべき薬局

社長の写真からわかる転職で避けるべき薬局

企業のウェブサイト(WEBサイト・ホームページ)には社長の写真が載っていると思います。


社長の写真は、WEBサイトを見る人に対して、一瞬で会社のイメージを伝える大変重要なツールです。


会社を背負っている社長の表情やポーズには、メッセージが滲み出てくるはずです。


そして、誤ったイメージを伝えてしまわないように、何枚も撮影した中から掲載する写真を選んでいることでしょう。


服装、姿勢、撮影場所(背景)、他に映っている物・・・


そのすべてが転職先選びに重要な情報です。

たった1枚の社長の写真から、さまざまなことを読み取れるのです。

次のような社長の写真が会社のWEBサイトに掲載されていたら、あえてその会社で働くことを選ぶ理由はありません。

社長が腕組みをしている

社長が腕組みをしている写真が掲載されていたらNG

社長が腕組みをしている写真が掲載されていたらNG


株式市場には、「腕組みの法則」というものがあります。


社長が腕組みをしている写真がホームページに掲載されていたらその会社の株価は下落するというものです。

株価が下がっている会社の中で腕組みをした写真を掲載している社長がたまたま多かったのか、腕組みをしている写真が掲載されていることで投資家が避けたのかはわかりません。


大事なのは、こうした法則があるにも関わらず腕組みしている写真を載せてしまうということ。


その法則のことを知らないなら無知ですし、知っていてあえて腕を組んだのであれば相当な自信家の可能性が高いです。

一度自分の会社のホームページを見てください。


まさか社長が腕組みをしている写真が掲載されてはいないですよね。

人相が悪い

社長の顔写真の人相が悪い薬局には転職すべきではない

社長の写真は企業イメージを左右する大事なツールです。


人相が悪い写真が掲載されていたら、見た人はどう思うでしょうか。


撮影する時間がなかったのでしょうか。
写真の選び方が悪かったのでしょうか。
それともその写真がMAXだったのでしょうか。
プロのカメラマンを呼ばなかったのでしょうか。
社長とその周辺の人達とが上手くいっていないのでしょうか。

広報が下手な会社が将来的に成長していくことは難しいでしょう。

社長の写真が掲載されていない

社長が顔出しNG

社長あいさつが文章だけで、社長の顔写真が掲載されていない薬局もかなり多く存在しています。


掲載してしまうと何かまずいことでもあるのでしょうか。


社内で不祥事があるのでしょうか。ブラック企業だから顔を出せないのでしょうか。

撮影場所が謎

社長の写真の撮影場所が謎

社長の写真は、通常、スタジオや本社会議室、薬局で撮影されることが多いです。


ごくまれに、これどこ?いつの写真?というのも見つかります。


社長の個人旅行のスナップショットであったり、飲み会の写真であったり。


会社のイメージなんて考えていないことが明らかですね。

まとめ

  1. 企業理念と社長メッセージが転職先の選択に大切
  2. 社長の顔は会社のイメージを伝える重要なツール
  3. NG例の会社に転職するのは避けたほうが無難

薬剤師が転職先を選ぶならこの方法で【薬局の選び方おすすめ8選!】

  1. 10年後も働き続けることができるイメージができた薬局
  2. 調剤薬局の企業理念と社長メッセージに共感できる薬局⇐今ここ
  3. 店舗数が伸びている薬局
  4. 新卒薬剤師を採用できている薬局
  5. 不正が行われていない薬局
  6. キャリアプランの選択肢が多い薬局
  7. 在宅医療に積極的な薬局
  8. 本当に薬剤師のためになる勉強ができる薬局