30代男性薬剤師の皆様。
お疲れ様です。
皆さんの年代は薬局・ドラッグストア・病院で重要な役割を果たしていることと思います。

すでに管理薬剤師になって薬局をまとめている薬剤師もいらっしゃるでしょう。

もしかしたらエリアマネージャー等へさらに昇進している薬剤師も。

男性薬剤師の30代は悩みが一番多い時だと私は思います。
結婚、子供ができる、転勤、昇進、家の購入など大きく生活が変化する時期です。
独身時代とは異なり、自分の時間が少なくなりますから自由に勉強などしていられないでしょう。
小さい子供がいるのにほったらかしにして勉強していたら奥様に何と言われるでしょうか。
収入や教育研修の物足りなさといった不満が出てきやすい時期と言われていますが、30代男性薬剤師のあなたは現在の職場に対してどのような悩みをお持ちでしょうか?

30代男性薬剤師の悩み・不満

30代男性薬剤師の市場価値・転職状況について

30代男性薬剤師で以下のスキルを・経験を持っていると市場価値が高くて転職に有利です。

  • 管理薬剤師経験
  • マネジメントスキル
  • 在宅経験
  • コミュニケーションスキル
特に管理薬剤師経験がある薬剤師は厚遇されます。
転職市場において30代男性薬剤師は非常に価値が高いにも関わらず、転職しようとしない薬剤師が少なくありません。
不満や悩みを持ちながら今の職場で働き続けていて、他を全く知らないなんてもったいないと思いませんか?

転職によって得られるもの

正しい手順に沿って転職すれば薬剤師としてのスキルアップ、年収アップをすべて得ることができます。

スキルアップ

教育研修システムが充実している薬局へ転職することでスキルアップにつながります。
門前医療機関だけではなく、様々な処方箋を応需している薬局であれば良い経験になるでしょう。

年収アップ

薬剤師転職サイトに登録して転職活動をすれば、給与の交渉を代行してくれます。よほど法外な金額を要求しない限り、30代男性薬剤師の年収アップは難しいものではありません。

30代男性薬剤師の転職注意点

中途薬剤師を採用する立場から書きますと、30代男性薬剤師の中途採用で応募があったときに重要視するのは前職(経歴)と転職回数です。
他のスキルは話を盛ることもできますが、ここに嘘はないはずです。
30代男性薬剤師でこんな感じだと敬遠されます。

  • 1~2年ごとに転職して転々としている薬剤師
  • 仕事をしていない期間が長い薬剤師
  • 転職の理由が不明瞭
  • 新卒から調剤薬局に勤めていたのに管理薬剤師の経験が無い
また、面接で転職活動の理由を次のように語ってしまう人も敬遠されるでしょう。
もっと勉強できる環境に・・・
給料が安い
もっと休みが欲しい
それが転職の理由だったとしても言ってはダメ。
長年薬剤師としての経験があり、薬剤師の年収相場もわかってきているでしょう。自身のスキルもどの程度か把握しているはずです。
20代薬剤師ならまだしも30代にもなって面接でそんなことを言ったら確実に落とされることでしょう。

面接で不利になる転職理由については男性薬剤師、女性薬剤師とも共通です。(⇒転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

以前なら、「薬剤師なら誰でも良いから採用したい。」という状況でしたが、今は「良い薬剤師だったら採用したい。」に変わってきています。

「良い薬剤師」の「良い」の基準は薬局によって様々ですが、薬剤師なら誰でも採用されるという状況ではなくなったのは事実です。

安心材料

転職が2回目、3回目くらいであれば敬遠されることはまずありませんし、転職回数が多くても採用する薬局は絶対にあります。
スキルや知識、経験をたくさん持っている30代男性薬剤師は市場価値が高く、厚遇で迎え入れてくれる薬局は豊富に存在しています。
将来の管理薬剤師候補としても引く手あまたです。
とはいえ、20代の若い薬剤師を優先的に採用するという薬局もありますので転職の際には薬剤師転職サイトに登録し、専門のコンサルタントをつけることをおすすめします。
面接での細かいテクニック等はコンサルタントが教えてくれます。
転職理由や職歴のアピールポイントを上手に伝える方法などを身につければ、「20代の薬剤師なんかよりも採用する価値があるな」と採用側に思わせることができるでしょう。
自分のスキルや経験をしっかり伝えることができれば待遇アップも期待できます。
このあたりの相談もコンサルタントとしっかりしておくと良いでしょう。
薬剤師転職サイトのコンサルタントを味方につければ、転職成功の確率がアップ!

30代男性薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴
↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴
↓リクナビ薬剤師への登録は↓

リクナビ薬剤師 リクナビ薬剤師の特徴