こんにちは。

最近めっきり寒くなり、気づけばもうすぐ12月です。

 

待ちにまった冬のボーナス(賞与)がもうすぐですね。

今年はいくらもらえるか金額が気になりますね。

 

支給日は会社によって異なりますが概ね12月上旬から中旬ではないでしょうか。

 

転職を考えている薬剤師にとって悩みの種となるのは、いつ退職するかということです。

 

 

では、いつ転職(退職)するのが一番良いのでしょうか?

ボーナスをもらってから退職するのか。

それともボーナスをもらう前に退職するのか。

そもそも、ボーナスをもらってから退職を申し出ればよいのか。

 

私の答えは、「転職すべきと決意したその時から転職活動を始め、現在勤めている薬局になるべく迷惑をかけないよう相談して退職日を決定する」です。

 

ボーナスをもらってから退職するかどうかは、長期的に考えれば収入に大きな差とはならないと考えられます。

 

こんな事例があります。

事例1)ボーナスをもらってから退職し、次の会社に入社。前職で満額ボーナスをもらえるように退職日を先延ばしにしたら、現職の賞与の算定期間が短くなってしまっため、転職後初めての賞与の金額が満額とはならなかった。

 

事例2)ボーナスをもらってから退職しようと目論んでいたが、(どうせ退職するからという理由で?)賞与の金額が抑えられてしまった。

 

転職前の薬局と転職後の薬局で満額の賞与をもらうのは大変難しいことです。

 

ボーナス満額もらうことももちろん大事ですが本当に大事なのは、次の薬局は本当に良い薬局かということです。

 

目の前の一回のボーナスを確保しようとして躍起になるくらいなら、じっくり転職先を探した方がよっぽど良い収入になります。

薬剤師のための正しい転職方法(手順)