「調剤薬局」の記事一覧

↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴

↓ファルマスタッフへの登録は↓

ファルマスタッフ ファルマスタッフの特徴

↓薬剤師転職ドットコムへの登録は↓

薬剤師の転職ドットコム 薬剤師転職ドットコムの特徴

↓リクナビ薬剤師への登録は↓

リクナビ薬剤師 リクナビ薬剤師の特徴

↓薬剤師の転職 お仕事ラボに登録↓

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ お仕事ラボの特徴

個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット

大手チェーン薬局 調剤薬局
大手調剤薬局チェーン

店舗数の多い大手チェーン薬局やドラッグストアへ転職する方法。小規模チェーン薬局、個人薬局へ転職するデメリット、大手チェーン薬局へ転職するメリット、店舗数の多い大手チェーン薬局やドラッグストアの正社員求人を探す方法について。

調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング(2017-2018)

ランキング 調剤薬局

2017-2018年版の調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキングを作成しました。アインHDの薬局数1位は変わりませんが、2位以下に変更がありました。6位と7位に大きな差があります。全国5万軒以上あるなかで、1社でのシェアはまだまだ低い状況です。調剤薬局業界は今後さらにM&Aが活発に続いていくことでしょう。

大手調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2017-2018)

ランキング 調剤薬局
ドラッグストア売上高・店舗数ランキング

大手調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2017-2018)2017年-2018年版の調剤薬局の売上高ランキングです。株式上場している会社は決算情報から数字を取得しています。上位5社の調剤薬局チェーンの順位は昨年から変更ありません。まだまだ乱立状態です。M&Aが進んでいますが大手調剤チェーン同士の合併というのはまだ見られません。今後さらに合併が進んでいくでしょう。薬局の売上のみの数字を拾ってきており、物販や製薬等のセグメント分は除いています。

薬剤師転職サイトのおすすめは?薬局への転職ならこのサイト

薬剤師転職サイト 調剤薬局
調剤薬局に強い薬剤師転職支援サイト

薬剤師転職サイトのおすすめ(調剤薬局への転職版)。薬局への転職に強い薬剤師転職サイトを一覧にまとめました。薬局の求人数が豊富、転職コンサルタントの数が多く仕事が早い、薬局に強いパイプを持っている点を考慮しておすすめの薬剤師転職サイトを選びました。

調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング(2016-2017)

ランキング 調剤薬局

調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング。アインHD、総合メディカル、クオール、日本調剤、クラフト、ファーマクラスター、メディカルシステムネットワーク、アイセイ薬局、ファーマライズHD、阪神調剤HD、ファーコス、フロンティア、薬樹、トーカイ、ファルコHD、メディカル一光、アポロメディカルHD

M&A(買収と合併)をする調剤薬局とされる調剤薬局 調べる3つの方法

薬局の規模 調剤薬局 調剤薬局M&A 転職前の確認ポイント

薬局業界は寡占化が進んでいません。転職先の薬局がM&Aをする側の薬局なのかされる側の薬局なのかをチェックする3つの方法を順番に説明していきます。調剤薬局の売上ランキング、M&A実績、業務提携・資本提携・親会社一覧。

調剤薬局チェーンの紹介(8)ファーコス

調剤薬局

調剤薬局チェーン 株式会社ファーコスの特徴。ファーコス薬局の名前で山形から熊本まで展開している調剤薬局チェーン。親会社は東証1部上場の株式会社スズケン。ファーコスは、平成5年の創業当初から薬剤師による訪問服薬指導に取り組んで参りました。20年以上にわたって積み重ねてきた訪問服薬指導の実績やノウハウが、ファーコスの最大の強み。社長の島田氏は2016.7時点で日本薬剤師会の理事。薬剤師国家試験に仮に不合格であったとしても本人が希望すれば内定を延長可能。

調剤薬局チェーンの紹介(3)総合メディカル(そうごう薬局)

調剤薬局

調剤薬局売上ランキング第三位の大手調剤薬局チェーンそうごう薬局(総合メディカル)の平均年収、初任給、利益、特徴など。東証一部上場の調剤薬局チェーンの大手。医師のための転職・開業支援、経営コンサルティングに強い。開業支援⇒医院開局⇒院外処方⇒優良案件は自社で薬局開局。その他案件は他社に紹介。また、グループ会社の総合メディプロ株式会社は医療従事者転職支援行っている。薬剤師プロ・看護師プロ・コメディカルプロ

調剤薬局チェーンの紹介(2)日本調剤

調剤薬局

大手調剤薬局チェーン日本調剤株式会社の平均年収、初任給、売上、利益、特徴など。日本調剤は東証一部上場の調剤薬局チェーンの大手。大型門前薬局が多い。すべての都道府県に店舗がある。医療モール経営。日本保険薬局協会(NPhA)を退会し、日本保険薬局政治連盟からも脱退。独自路線を歩んでいる。グループ会社には「JG」の日本ジェネリック、長生堂製薬株式会社。

調剤薬局チェーンの紹介(1)アインファーマシーズ

調剤薬局

大手調剤薬局チェーンアインファーマシーズの平均年収、初任給、売上、利益、特徴など。東証一部上場の調剤薬局チェーンの最大手。24時間営業薬局開局、医療モール経営、ドラッグストア運営、セブン&アイHLDとの資本提携。新規出店の約半数はM&Aによる。在宅医療にも力を入れている。

求人から見る薬剤師の給料(年収)比較(管理薬剤師・一般薬剤師・パート薬剤師)

年収 正社員薬剤師 管理薬剤師 給料 調剤薬局

転職支援サイトに掲載されている薬局求人情報から管理薬剤師、一般薬剤師、パート薬剤師の給料をそれぞれ調査してみました。管理薬剤師(正社員)の年収は概ね500万円~800万円。管理薬剤師の給料は経験と能力によって大きく変わります。薬剤師の需給によっても給料は変わります。管理薬剤師には医薬品管理だけでなく、人材育成や経営の知識も求められます。中には年収900万円や1000万円という薬局もありますが、ごくわずかでした。一般薬剤師(正社員)の年収は350万円~650万円が多く、年収800万円という薬局もありました。一般薬剤師の給料は主に年齢、調剤経験年数、その地域の薬剤師の需給によって大きく変わります。パート薬剤師の時給は1500円~2500円が相場です。中にはパート薬剤師の時給3000円という薬局もありました。週1日、1日4時間から勤務可能という薬局もあります。勤務日数や勤務時間は相談に乗ってくれる薬局がほとんどです。パート薬剤師の給料は主に、薬剤師の需給によって決まります。慢性的な薬剤師不足の現在、薬剤師の給料は主に需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって高くなるか安くなるかが決まってきます。(今後は能力によって薬剤師の給料に差が付いてくるはずです。)どんなに知識や能力がある薬剤師であっても、その地域に薬剤師が余っていれば当然のことながら年収は低く抑えられてしまいます。逆に、薬剤師が不足している地域であれば高収入の薬局求人がたくさんあります。高収入を求めるのであれば薬剤師が不足している地方を中心に探すと良いでしょう。