派遣・薬剤師の転職なら薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド

薬剤師の転職方法を転職経験のある管理薬剤師がブログで発信。年収(給料・給与収入)を上げたい薬剤師が転職する前にぜひ見てほしい情報を集めました。

「薬剤師の転職」の記事一覧

薬剤師の勤務シフト

薬局薬剤師の勤務時間はシフト制であるところが大部分です。残業をしなくて済むようなシフトが組まれていれば残業せずに済みますが、遅く出勤して遅く帰るというシフトも当然あります。あくまでもシフト通りの勤務ということになります。

薬局内の業務量と薬剤師の人数

閉局時間を延長することがほとんど無い薬局の場合、薬剤師の勤務終了時間を決める要因は薬局内の業務量と薬剤師の人数で決まってきます。薬局内の業務量が少なく、薬剤師の人数が多ければ薬剤師1人当たりの業務量は少なくなりますから、残業せずに帰れる可能性が高まります。但し、薬剤師の頭数はそろっていてもあまり仕事をしない薬剤師がいたり、仕事を押し付けてくる薬剤師がいるとだめですが。逆に、薬局内の業務量が多く、薬剤師の人数が少なければ薬剤師1人当たりの業務量は多くなりますので、必然的に残業時間が増えます。残業の内訳で多い業務内容は薬歴記載です。薬を患者さんにお渡し後にすぐ薬歴を記載できれば残業とはなりませんが、開局時間内に薬歴を記載できない場合は閉局後に残業して薬歴を記載することになります。

薬局に転職するならココをチェック 門前医療機関の診察終了時間

門前医療機関の規模や種類、診療科によって薬局の閉局時間は大きく変わってきます。門前医療機関の種類と薬局の閉局時間(帰宅時間)の関係。大病院の門前薬局、開業医の門前薬局、午後の受付終了間際に混雑する医療機関の診療科

調剤薬局薬剤師の勤務終了時間と残業

なるべく残業が少なくて、定時で帰れる薬局で働きたいと考えている薬剤師も多いのではないでしょうか。薬局の開局時間は「届出した通り」でなければなりません。では薬局に勤務する薬剤師の勤務時間は何によって決まってくるのでしょうか?薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因、薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因は主に次の3つです。門前医療機関の診察終了時間、薬局内業務の量と薬剤師の人数、薬剤師の勤務シフト。
転職を諦めた

薬剤師の転職 今の薬局で引き留められたから他の薬局への転職を諦めた

薬剤師の転職 今の薬局で引き留められたから他の薬局への転職を諦めた。辞めると言ったら給料を上げる薬局(会社)は本当に良い薬局(会社)なのか。法的にも辞めさせてもらえないということはありません。いくら引き留められたとしても退職は可能です。退職交渉の方法は転職コンサルタントに相談可能です。

調剤薬局の売却やM&Aはそろそろピークか

2014年4月には調剤報酬改定が行われます。医療財政が厳しいことに加え、国民に薬剤師の頑張りがうまく伝わっていないということもあり改定内容は厳しいものになると予想されています。消費税のアップと調剤報酬のマイナス改定により、調剤薬局の収益は相当厳しくなるでしょう。収益が悪化して赤字経営となれば、売却額は下がってしまいますので高い値が付いているうちに買ってもらおうという考えが働くことは間違いありません。大規模チェーン調剤薬局によるM&Aの動向をよく見ておく必要があります。
薬剤師転職の流れ

薬剤師が転職を成功させるために絶対に踏むべき正しい手順(流れ)

薬剤師が良い薬局へ転職する際に重要な正しい転職方法の手順(流れ)です。この手順に沿って行けばスムーズな転職活動が可能となります。転職を考えている薬剤師なら一度確認しておきましょう。順番を間違えると転職失敗の可能性が高まってしまいます。
在宅をやっている薬局

転職を考えている薬剤師限定 在宅をやっている薬局の探し方4つ

在宅をやりたい薬剤師向け。在宅をやっている薬局を探して転職する方法。転職先の薬局の条件として在宅医療を実施している薬局を上げる薬剤師が増えてきました。入院を短期化させてなるべく在宅でという流れですから当然のことでしょう。在宅をやっている薬局はまだ少数です。在宅をやっている薬局に転職したい場合、どのように探せばよいのでしょうか?
薬剤師のキャリアパス・キャリアプラン

薬剤師のキャリアパス・キャリアプランとは。転職するならキャリアマップを見よ。

薬剤師のキャリアパスにはどんなものがあるでしょうか。キャリアプランとは何が違うのでしょうか。このページでは薬剤師のキャリアパス・キャリアプランについて説明しています。大手薬局薬剤師のキャリアマップも掲載しました。

薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

コンプライアンスとCSRへの取り組みから転職先の薬局を探す。転職先の薬局が、不正請求をしている・・そんな薬局で働きたいとはだれも思いませんし、そんな薬局に転職してしまったらまたすぐに転職したくなるでしょう。最近では、企業コンプライアンスとCSRの取り組みが大変重視されています。法令違反により、信頼を失い、倒産に至るケースもあります。私たちはCSRについてこのように考えていますよと公表している薬局であれば、少なくとも常識から外れた行動をしていることはないでしょう。正しいことをできる薬局に勤めて薬剤師の職能を発揮させたいと思う人はぜひ、この点を重視して転職活動を行ってください。
新卒薬剤師の採用

新卒薬剤師の採用を積極的に行っている薬局かどうかをチェック

10年後も働ける薬局かどうかを判断する時には、新卒の採用数が増えているかどうかをよく確認しておきましょう。将来の事業拡大を予定している薬局は新卒薬剤師の採用に力を入れているはずです。大規模に事業を拡大していく予定が無くても、新卒の薬剤師の採用数が適正に行われていなければ事業の継続もままなりません。重要なのは採用予定人数ではなく、実際に入社した人数です。ドラッグストアや他の薬局に採用負けしているということは、裏を返せばその薬局に魅力がないということです。魅力がなければ、入社を希望する薬学生は集まってきません。

薬局数が増加しているかどうかをチェックしてから転職を

10年後も働ける薬局かどうかを判断するのに、その会社の薬局数(店舗数)の増加数が参考になります。このような厳しい薬局経営状況の中でもしっかりと薬局数を増やせている会社は、それなりに資金が豊富であり、かつ薬剤師の確保もできていると考えることができます。10年後も働ける薬局かどうかをこのあたりから判断してみましょう。

将来性のある薬局かどうかを見極める7つのポイント(その薬局で10年後も働けますか?)

薬剤師が転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント。後悔しない転職先の薬局の探し方ガイドです。転職活動をしている薬剤師は「今」の給料や休みで比較検討しているかもしれません。大事なのは長期間働けるかどうか。そこを見極めるポイントを7つ公開します。
すんなり退職できた女性薬剤師

引き留めが大変だと思っていたのにすんなり退職できました。20代女性薬剤師

転職したいので退職願を出したら引き留められてしまいました。20代男性薬剤師、転職予定の薬剤師が円満に今の薬局を辞めるとき欠かせない2つの方法という2つの記事を書きましたが、最近では徐々に状況が変わりつつあります。退職希望の薬剤師への引き留め工作が行われないことが増えてきています。薬剤師バブルは終了し、薬剤師免許を持っているだけではもうだめです。退職を申し出ても引き留められない薬剤師の例