派遣・薬剤師の転職なら薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド

薬剤師の転職方法を転職経験のある管理薬剤師がブログで発信。年収(給料・給与収入)を上げたい薬剤師が転職する前にぜひ見てほしい情報を集めました。

「薬剤師の転職」の記事一覧

薬剤師の退職交渉術

転職予定の薬剤師が円満に今の薬局を辞めるとき欠かせない2つの方法

退職願を提出してもすんなりと退職を認めてくれないことがほとんどだと思います。転職予定の薬剤師が円満に今の薬局を辞めるとき欠かせない2つの方法:この2つのポイントを守っていただければ、今の薬局を辞められなくて困るということは思います。

転職したいので退職願を出したら引き留められてしまいました。20代男性薬剤師

転職するので△月に辞めさせていただきたいと思います。と退職願を上司に提出してすんなり受理される薬剤師は現状ではまだ少数派だと思います。慢性的な薬剤師不足で採用に苦慮している薬局では、その薬剤師に辞められては困ってしまうため引き留め交渉(工作)に入ります。薬剤師に辞められないように行う引き留め工作の例:とにかく説得してくる、給料を上げるから・・

薬剤師転職サイト・転職エージェントを使わないで転職する方法【ダメ】

薬剤師転職サイトや転職エージェントを使わずに転職することもできますか?その方が自分のペースで転職活動できるかなと思っている薬剤師向けの記事です。答え:転職はできますが、問題が起こります。ぜひご覧ください。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

その薬局はM&A買収する側?される側?転職したら買収されてもとの会社に戻ってしまうという笑えない薬剤師の転職失敗事例です。大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。そういった点も考えて転職活動をしましょう。
週休3日の薬局

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師へ。

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?
薬剤師の転職回数

薬剤師ですが、転職回数が多いと転職に不利ですか?いえ、理由が大事です。

転職回数が多いのですが転職に不利になるでしょうか。何回までなら大丈夫ですか?次が3回目の転職なのですが、採用してもらえますか?もうこれ以上転職したくないのでなんとか次は転職を成功させたいです。こういった悩みをもつ薬剤師向けの記事です。薬剤師の採用に携わる管理薬剤師が書きました。ぜひご覧ください。
薬局見学では事務を見よ

失敗しない薬剤師の転職 事務さんを見れば薬局の雰囲気がわかる

薬局の人間関係や雰囲気を調べるのは難しいもの。求人情報にも本当のところは書かれていません。ではどのように調べればよいのでしょうか。この記事では薬局の雰囲気や人間関係を見抜く方法をまとめました。ぜひご覧ください。

調剤機器で転職先の薬局を選んではいけない3つの理由|最新設備なら良い薬局?

調剤機器の良さで薬局を選んではいけない3つの理由、設備だけで転職先の薬局を選ぼうとした薬剤師が失敗した訳、薬局見学で調剤機器を見てくる時の注意点をまとめました。調剤機器だけで転職先を選んではいけません。是非ご覧下さい。
薬剤師の転職時期

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。転職するのに最適な時期。それはあなたが、転職したいと思った時。今いる薬局が嫌で嫌で仕方ない。もっと違う職場で頑張りたいと思った時が転職に最適な時期です。迷っているなら早い方が良い。6年制の新卒がどんどん出てきていますので、薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。(私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。)転職したいと思っている人は今すぐに行動を起こした方が、結果的に良い薬局に巡り合えると思います。良い薬局は人が辞めないので募集が少ないばかりか、すぐに応募者が集まり採用決定してしまいます。(募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)迷っている薬剤師へ。とりあえず登録して情報収集を始めておきましょう。今いる薬局から引き留め工作に遭ってしまうと、辞めるが本当に大変になります。(私も小規模薬局を辞めるときは大変でした・・・)次の職場をしっかり決まった状態で、今いる薬局(会社)には辞めたい旨をしっかりと伝えましょう。

薬剤師の残業理由と残業が多い薬局の特徴【転職する前に要チェック】

残業少ない薬局で働きたいと考えている薬剤師向けの記事です。この記事を読むと、薬局薬剤師の主な残業理由、残業が多い薬局と少ない薬局の特徴、これから転職する薬剤師が残業について確認すべきことがわかります。ぜひご覧ください。

薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

薬剤師が転職をするにあたり、月収を比較するのはもちろんですがが年収に大きな差が出るポインとがこの賞与(ボーナス)です。いくらもらえるのかというよりは何を基に計算されるのか聞いておきたいところです。業績のみなのか、人事評価のみなのか業績+人事評価なのか。基本的には基本給×係数(たとえば3.0カ月分など)が賞与として支給されますから、基本給が異常に低く抑えられている場合は賞与額も少なくなってしまいます。月額給与が25万円の薬局を比較してみます。

給料について 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

転職時に一番気になるのは給料がいくらになるのかだと思います。年収はいくらもらえるのか。どういう計算方法で給料がきまるのか・・など、給料ひとつとっても転職を決める前には確認すべきポイントがたくさんあります。ここからは、薬剤師が転職に成功するために必要な給料についてのチェックポイントを挙げていきます。