「薬剤師の給料」タグの記事一覧

薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン

ランキング 新卒薬剤師 給料
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版です。概ね初任給は250,000円~350,000円程度。どこの地域に働くかによって支給される額が変わる「地域手当」の金額差によるところが大きいです。薬剤師が不足している地方や、交通の便が悪くて人気が無く薬剤師の配置が難しい地域は「地域手当」が高額になる傾向があります。またそういった地方へ配属される場合は住宅手当の支給とは別に借り上げ社宅制度が使え、住宅費を大幅に削減することも可能で大変お得です。 ※初任給=基本給ではありませんのでご注意ください。また手取り金額でもありません。※相場よりも大幅に基本給が安く、薬剤師手当が高い場合、基本給を基に計算される賞与や昇給額を安く抑えられてしまうこともあり注意が必要です。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

勤務時間 年収

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?どちらの薬剤師の年収(給料)が高いのかは変わってきますが、同年代の薬剤師間の給料を比較してみるとその結果は概ね「人事評価制度」によって決まります。長期的に見れば最終的に給料が高くなるのは結果を出している薬剤師です。

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

薬剤師転職支援サイトに登録されている年収700万円以上の求人数を比較

年収

薬剤師年収700万円以上の求人情報数。薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド調べ。薬剤師年収900万円の求人情報に比べて約50倍、薬剤師の年収800万円の求人情報と比べても約4倍の求人情報数となっていました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収700万円はかなり現実的です。

薬剤師年収800万円の求人案件ならもっとあります

年収

薬剤師年収800万円の求人案件。年収900万円に比べて約10倍の求人情報がありました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収800万円は可能です。けっこうあるものですね。非公開の求人案件を加えればこれ以上です。非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。

薬剤師の給与明細 どんな手当がもらえますか?

給料

調剤薬局の薬剤師の給料は以下の諸手当で構成されています。基本給、薬剤師手当、資格手当、職能手当、役職手当、管理薬剤師手当、通勤手当、地域手当、寒冷地手当、時間外手当、残業手当、住宅手当、借り上げ社宅制度、家族手当など。転職後の薬剤師の給料はどのくらいになるのかを計算するときにはこれらの額を十分に比較検討してみてください。

各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする

転職先の探し方

自力で各薬局のホームページから情報を得て、エントリーするという方法もあります。こんな薬剤師に向いています:大手・中規模チェーン調剤に転職を考えている薬剤師、ネットを用いた情報収集が得意な薬剤師、自己アピールがうまい薬剤師、交渉術に長けている薬剤師。パソコンやスマートフォンで自分の好きな時に情報を検索することができ、自分のペースで転職活動を進めることができます。面接まではどこかに出向くといったことがないため、仕事でなかなか休みが取れない薬剤師でもこの方法は使えます。注意点:自力で薬局各社のWEBサイト(ホームページ)から情報収集していくのは大変労力と時間がかかります。また、WEBサイトを作成していない薬局の情報は得られません。WEBサイトはその会社(薬局)が作成しています。さすがに嘘は書かれていないでしょうが、表面上の情報しか得られない場合が多いので注意が必要です。薬剤師の給与に関しては、「※経験及び当社規定により優遇」といった記載が多く、本当のところどうなの?といった生の情報はWEBサイトだけでは得られないでしょう。エントリーすれば、連絡が来て面接という流れになると思いますが、詳細な条件提示や給与の交渉、聞きづらいことは面接時にすべて自分でクリアにしていかなければなりません。すべて自分で交渉できる薬剤師ならこの方法が良いと思います。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

薬局の規模 調剤薬局M&A

その薬局はM&A買収する側?される側?薬剤師の転職失敗事例。最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまったという話もあります。あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?小規模あるいは中規模のチェーン薬局の中には大手調剤チェーンがねらっている薬局もあります。買収される側の薬局に勤めているのと買収する側の薬局に勤めているのとでは、「今後」が大きく異なってきます。勤めている薬局が買収されたことによる薬剤師の不満よくある6つ:①薬局の就業規則が変わってしまった。②休みが取りづらくなった。③給料が下がった。④仕事の流れを無理やり変えられた。⑤転勤を強要された。⑥利益・収益に対して厳しくなった。買収される側の薬局につとめる薬剤師がもつ良くある不満6つを挙げてみましたが、薬局の買収や合併は水面下で話が進むもの。転職先の薬局が買収されるかどうかはほとんどわかりません。あなたが転職して入ろうとしている薬局は買収する側ですか?それともされる側ですか?買収されて変えられてしまうリスクを考えてみてください。今後ますます薬局の買収・合併が進むことが予想されています。もし、あなたが今転職を考えているのであれば、今のうちにある程度規模が大きい調剤チェーン(もちろん条件の良いところ)に転職するのも良いかもしれません。