薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは。薬剤師法第 21 条 調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは業務運営ガイドライン(H5.4.30 薬発第 408 号 薬務局長通知)ア 処方せんの内容に疑義があるが処方医師(又は医療機関)に連絡がつかず、疑義照会できない場合。但し、当該処方せんの患者がその薬局の近隣の患者の場合は処方せんを預かり、後刻処方医師に疑義照会して調剤すること。イ 冠婚葬祭、急病等で薬剤師が不在の場合。ウ 患者の症状等から早急に調剤薬を交付する必要があるが、医薬品の調達に時間を要する場合。但し、この場合は即時調剤可能な薬局を責任をもって紹介することエ 災害、事故等により、物理的に調剤が不可能な場合となっています。