薬剤師の転職│正しい転職先の薬局の探し方・選び方は?最も大事なこと

転職先の薬局を探している薬剤師へ。


その薬局の探し方 間違っているかもしれませんよ?

転職をすると決めたなら、正しい方法で転職先の薬局を探してください。

この記事を読んでいただけると、次の事がわかります。

  • 薬剤師の転職先を探す方法(探し方)
  • 薬剤師の転職先の選び方
  • 薬剤師の求人の探し方

こんにちは。転職を2回経験して、今は管理薬剤師をしているpharma-diです。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

あなたは転職を決意し、新たな職場を探しているのですね。

きっと今の職場に不満があるのでしょう。

転職は大変です。

今の仕事をつづけながら転職先を探さないといけません。

薬局見学や面接にも行かないといけません。


その日程調整も必要です。

今の会社との退職交渉や引き継ぎの業務も出てきます。

 

でも大丈夫です。

 

転職活動を楽に進められる方法があります。

後で説明します。

転職をしなくて済むのなら、しないに越したことはありません。

 

転職をすると、

レセコンや電子薬歴、調剤機器の使い方を一から覚えなければいけません。

調剤内規やルールが全く違うかもしれません。

転職先の薬局長がちょっと変わった人かもしれません。

 

 

それでもやはり転職しかないと決意されたあなたへ

絶対に転職を失敗しないでください。

 

いや絶対に成功させましょう!

実は、私は一度転職に失敗しました。

失敗すると本当に不幸になります。

 

 

ですから、あなたには転職で失敗して欲しくないのです。

 

 

 

私は新卒で小規模の調剤薬局チェーンに入社をしました。

 

そして薬剤師2年目には、管理薬剤師(しかも1人薬剤師!)をやらされていました。

管理薬剤師手当は付きましたが残業代が付きません。

 

わからないことも多く不安でいっぱいの時に、他の薬局の社長から声をかけられました。

 

それが1回目の転職(大失敗!)の始まりです。

 

そこを経営している社長に引き抜かれたのです。

引き抜かれたというと聞こえはよいかもしれませんが、実際は違いました。

入社するまではあんなに良いことばかり言っていたのに。

給料はあがらないし

休みは取れないし

サービス残業ばかりだし・・・。

社長に対して、殺意さえおぼえました(笑)

よくもぬけぬけとあんな嘘がつけたなと。

そうはいっても自分でそう決めたのですから仕方ないとあきらめ、頑張って働こうと決めました。

なんとか1年半その薬局で働きましたが、やはり心と体がついて来ません。

同世代の薬剤師が転職を決めたのもきっかけになり、自分もこのままではいけないと再び転職活動をはじめました。

また転職に失敗したら取り返しがつかない。

 

私は本気になって転職先探しを行いました。

 

 

転職先にはどんな人が働いているのか。

年収はどうなるのか。

休みは取れるのか。

この会社はどういう考えで経営しているのか。

 

などなど、あらゆることを納得してから転職をしました。

 

その甲斐もあって、今では良い会社(チェーン薬局)で勤務して充実した日々を過ごしています。

とにかく転職は一発で成功させて下さい

ここであなたに質問です。

転職先の薬局を探す際に、何を重視していますか?

  • 給料が良い薬局
  • 休みがしっかりとれる薬局
  • 残業が無く、定時で帰れる薬局
  • いろいろな処方せんが来て勉強できる薬局
  • 職場の人間関係が良い薬局
  • 服薬指導をしっかりとできる環境の薬局
  • 在宅をやっている薬局
  • かかりつけ薬剤師等のノルマが無い薬局
  • 研修がしっかりしている薬局
  • 鑑査システムなど、調剤機器が充実している薬局
  • 家から近くて、通勤が楽な薬局
  • 週休3日の薬局
  • とにかく年収が高い、給料が良い薬局

こんな感じでしょうか?

では自分の希望をなるべく多く満たす薬局はどうやって探しますか?

  • まずはスマホで「薬剤師 求人 地名」で検索する
  • その薬局のホームページから情報を探してエントリーする
  • 薬学系雑誌の求人情報を探す
  • 地域のハローワークに行く
  • 卸の担当者からの情報を得る
  • 自ら持っている人脈に頼る

全部間違いです!

これらの方法でも薬剤師なら転職が簡単にできてしまうのが怖いところ。


薬剤師の求人はたくさんありますからね。

 

これらの方法で転職をして、転職が成功するでしょうか。

 

答えはNoです。

「いやいや、この方法でも問題なく転職できるでしょう。」

「スマホで薬局のWEBサイトや求人情報全部見られますよ。」

 

そう思う薬剤師もいると思います。

しかし、これら方法で転職をしてしまうと、あなたは圧倒的に損をします。

本当はもっと良い条件が引き出せたのに、交渉しなかったばかりに生涯賃金で数百万円もの損をした薬剤師がいます

 

 

自分の力だけで転職活動をするのは絶対にやめてください。

 



薬局のホームページやハローワークでは表面的な情報しかわかりません。

卸や薬剤師の人脈を使って調べたとしても、そこには主観が入っています。あなたにとって良い薬局かどうかはまた別問題です。



自分の力だけで情報を集めることは非効率なばかりでなく、情報不足は転職失敗に直結。


転職を成功させるためには、とにかく質の良い情報を多く得ることが大切です。


表面的な情報ではなく、『本当のところどうなのか』が重要です。


では『本当のところどうなのか』という情報を集めるにはいったいどうすればよいのでしょうか?

薬剤師の転職成功に最も必要な事はこれ!

あなたが転職を成功させるために必要な情報を確実に集める方法。
それは、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録して転職活動をすることです。

「そんなこと知ってます。だって、いろんなサイトで薬剤師転職サイトに登録しましょう!って書いてありましたから。」

 

あなたもそう思ったのではないでしょうか。

 

ですが、あなたが今まで見てきた様々なWEBサイト。

そのサイトは転職経験がある薬剤師が作成したものでしょうか?

 

そして、最も肝心な薬剤師転職サイトに登録したあとの事までしっかり書いてありましたか?

 

 

転職成功のためには、インターネットで検索できるような表面的な情報では全く足りません。

 

大事な事なので、何度も言いますが表面的な情報ではなく、『本当のところどうなのか』が重要です。

 

薬剤師のあなたのためになる真の情報が必要です。

転職先の候補の薬局の薬局長の人柄は?

薬剤師や事務の性格は?

薬局の忙しさは?

扱っている医薬品の種類は?


薬剤師と事務の人員構成や年齢は?


使用しているレセコンや電子薬歴、調剤機器のメーカーは?


処方せん受付から投薬までの流れは?


転職後の年収は?

勤務シフトは?

休みは取れる?

有給休暇は?

残業は?

 

Googleで検索しても、残念ながら答えは出てきません。

 

 

あなたが知りたい情報がしっかり集まれば転職先をしっかりと選ぶことができますよね?

 

 

だから、薬剤師転職サイトに登録して終わりではなく、その先が重要です。

 

 

 

あなたが知りたい『本当のところどうなのか』を集めるには、

 

薬剤師の転職サイトに登録をした後が大事。

あなた専任に担当者(コンサルタント)がついてくれますが、その担当者を積極的に活用してください!

私も2回目の転職のときには活用させていただきました。

いや徹底的に使い倒しました(言葉は悪いですが)。

私は絶対に転職に失敗したくなかったので、2つの薬剤師転職サイトに登録しました。

 

そして、それぞれのサイトの担当者から提案のあった薬局を比較検討。

 

紹介されなかった方の担当者に、「この薬局はどうですか?」と聞いてみるなどしてセカンドオピニオン的に使いました。

 

それぞれの担当者と相談しながら熟慮に熟慮を重ね、実際に薬局をいくつも見学しました。

 

そうやって決めた結果、今では後悔もなく良い薬局で働けています。

 

社長はどんな事を考えているか?
サービス残業はあるのか?
ノルマはどうか?
転勤の有無は?

というところもコンサルタントがしっかりと調べて教えてくれました。

さらには給与などの条件交渉もあなたに代わってしてくれます。


薬局見学の日程調整や同行もしてくれます。


日々忙しく働いている中での転職活動はかなり楽に進めることができました。



電話や直接対面での相談ももちろんしてくれます。


もやもやしている部分をひとつずつクリアにしていくことができたので、納得して転職先を決めることができました。

「せっかく転職したのにこんなはずではなかった・・」

そんな薬剤師を私は見たくありません。

 

転職を失敗して辛かったからこそ、あなたには転職に成功して欲しいのです。

 

薬剤師として最高の仕事をするためには最高の環境が必要です。


最新の調剤機器があり、薬局のスタッフ全員で協力して患者さんの調剤をする。

 

薬局の人間関係に悩んでいたら最高の仕事はできません。


管理薬剤師(薬局長)の顔色をうかがっていても最高の仕事はできません。

 

 

薬剤師転職サイトに登録をするだけではだめです。

専任の担当者を使い倒せば、あなたにピッタリの薬局が見つかります。

あなたにピッタリの薬局が見つかったらどうなるでしょうか。

 

あなたは、薬剤師としての最高の仕事ができるのです。

 

「常に患者さんのために」を考えて仕事できます。

 

もう人間関係に悩みません。

 

管薬に振り回されることもなくなります。

 

年収だって増えます。

 

有給休暇だって取得しやすくなるでしょう。

 

 

あなたの薬剤師人生は今とまったく違うものとなるでしょう。

 

 

 

 

どの薬剤師転職サイトに登録すべきか。


ここはあまり悩むところではありません。

 

本当に悩むべきは「転職先をどこにするか」ですから。

正社員⇒薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

パート・派遣⇒薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

これで決まりです。


これでも迷うなら、両方に登録を。

 

私の過去の経験を基にした、薬剤師転職サイトランキングもあります。
よろしければ、参考程度で見てみてください。

薬剤師なら、薬剤師転職サイトの登録から転職まで費用は一切かかりません。


完全無料で、充実した転職のサポートが受けられます。

 

通常なら数万円のコンサル費用を取られれてもおかしくありませんが、あなたなら無料です。

 

仮に、転職をしないという決断をしても費用はかかりません。

 

完全に無料です。

いやいやこんなの常識でしょう。


この記事を読んでくれているあなたもすでに登録済みかもしれません。


でもちょっと待ってください。

あなたが登録したその薬剤師転職サイト

有効に活用できていますか?

 


転職で不安なことをしっかり相談できていますか?

最近の薬剤師の転職事情を教えてもらえましたか?

地域の薬剤師年収の相場は教えてもらえましたか?

希望条件に合っていない薬局ばかり紹介されていませんか?

薬局見学に同行してもらえますか?

面接対策してもらえましたか?

面接同行してもらえますか?

給与などの条件交渉をしてもらっていますか?

納得した転職活動ができていないのは、担当者との相性が良くないのかもしれません。

もしあなたが、すでにどこかの薬剤師転職サイトに登録をしていても、別の薬剤師転職サイトへの登録が可能です。

登録済みの薬剤師転職サイトをうまく活用できていないなと思ったら、別のサイトに登録して比べてみてはどうでしょう。

担当者によって情報提供力や交渉力に差があります。

 

なんか違うかもと思ったら、他の薬剤師転職サイトへ変えてみてください。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師紹介

『マイナビ薬剤師』の強みはなんと言っても豊富な薬剤師求人と薬剤師専門アドバイザーの情報力・交渉力。
 
あなたと一緒に「本当に大事な条件とは何か?」を考え、「隠された強みや弱み」を掘り下げて、あなたが最も満足できる転職先を探してくれます。
 
アドバイザー自らが担当エリアのさまざまな調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業に足を運び、自分の目で直接見学し、人事担当者や薬局長、現場スタッフにヒアリングを行っていますので情報は真実だけ。
 
マイナビ薬剤師がもっとも大切にしているキーワードは、「安心・納得」。
 
薬局長の人柄や職場の雰囲気など、店舗ごとの詳細な情報を提供してくれます。

公開求人数 施設種類 雇用形態
47,000件以上 薬局、病院、ドラッグストア、企業 正社員、パート
相談方法 おすすめの薬剤師 特記
直接面談(全国15会場)、電話、メール、オンライン 初転職、直接相談したい 土日にも相談会実施

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

マイナビ薬学生でもおなじみ
保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

ファルマスタッフ

ファルマスタッフロゴ

 
「ファルマスタッフ」は薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1!
 
正社員の転職はもちろん、パートや派遣薬剤師にも強い薬剤師転職サイトです。
 
給与アップ、スキルアップ、家庭やプライベートとの両立など多くの要望に沿った転職の実績あり。
 
今すぐの転職はちょっと・・という薬剤師も相談可。
 
直接会って話を聞いてほしい薬剤師に、特におすすめの薬剤師求人サイトです。

公開求人数 施設種類 雇用形態
41,000件以上 薬局、病院、ドラッグストア、企業 正社員、パート派遣
相談方法 おすすめの薬剤師 特記
直接面談、電話、メール、オンライン 女性、20代、30代 薬局見学にもコンサルタント同伴実績あり

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
ママ薬剤師におすすめ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

薬キャリ

「薬キャリエージェント」は薬剤師登録者数No.1の薬剤師転職サイト。

薬剤師の半数以上が登録している、m3.com運営のグループ会社です。
 
とにかく仕事が早いのが特徴で、登録即日には10件の求人が紹介されることも。
 
また、派遣薬剤師の方は福利厚生が充実しているのがおすすめ。出産育児一時金は通常の42万円に加えて9万円の付加給付があります。
 

公開求人数 施設種類 雇用形態
40,000件以上 薬局、病院、ドラッグストア、企業 正社員、パート派遣
相談方法 おすすめの薬剤師 特記
電話、メール、オンライン 女性、子育て中の女性 利用実績がとにかく多い
薬キャリエージェントで無料相談してみる

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!
派遣もあり!
派遣薬剤師で条件を満たせば、付加給付により出産育児一時金が通常42万円⇒51万円に!

この3社の薬剤師転職エージェントのうち、いったいどこに登録すればよいのでしょうか?



薬局側からお答えすると、薬剤師が必要となった場合には複数の転職サイトに求人を出します。

こちらで紹介した大手4社であれば情報量に大きな差ありません。



まずは何社か登録しておき、その後コンサルタント(アドバイザー)との相性や提案案件の数などで絞ってください。

4社に登録しても一切費用はかかりませんし、転職を強要される事も一切ありませんのでご安心ください。

あなたには絶対に転職を成功させてほしいのです。

絶対に成功させましょう!!

 

 

 薬剤師の転職先の探し方・選び方のまとめ

  1. 自分で転職先を探しても良いが、本当にあなたにピッタリの転職先が見つからない可能性が高い
  2. あなたが転職を成功させるには、薬剤師転職サイト(転職エージェント)への登録が必須
  3. 転職サイトに登録してからが転職活動のスタート。ここからが大事です。
  4. サイトに登録してなるべく多くの求人を紹介してもらい、担当者を積極的に活用(使い倒して)「本当のところはどうなのか」という情報を集める
  5. 集めた情報を基に双方の転職サイトの担当者に意見を求め、比較検討をして転職先を決める

この方法で転職活動を行えばまず間違いなく、転職に成功します。

最悪なのは薬剤師転職サイト選びに時間を使いすぎてしまい、転職先選びの時間が無くなってしまう事。

あなたもそうなってしまわないように、
薬剤師転職サイトへはササっと登録を済ませ、あなた担当のコンサルタントに思いをぶつけましょう。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

マイナビ薬学生でもおなじみ
保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
ママ薬剤師におすすめ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!
派遣もあり!
派遣薬剤師で条件を満たせば、付加給付により出産育児一時金が通常42万円⇒51万円に!

業種別
おすすめ薬剤師転職サイトランキング

雇用形態別
おすすめ薬剤師転職サイトランキング

年代別
おすすめ薬剤師転職サイトランキング

特徴別
おすすめ薬剤師転職サイトランキング