薬剤師派遣会社のオススメはこの4社(ファルマスタッフ、アポプラス薬剤師、薬キャリAGENT、ファル・メイト)

q

派遣で働きたい薬剤師

派遣で働きたいと考えています。派遣で働くには薬剤師派遣会社に登録しなければならないようですが、どこの薬剤師派遣会社がよいでしょうか?

オススメの薬剤師派遣会社はありますか?

  • 派遣薬剤師になりたいけど初めてなのでよくわからない
  • どこの薬剤師派遣会社がオススメかを知りたい
  • 薬剤師派遣会社の違いを知りたい
  • パートと派遣はどっちが得?

あなたはこのようなことで疑問や悩みをお持ちではないですか?

実は、派遣薬剤師はどこの派遣会社から派遣されるかによって、働きやすさが大きく変わります。

派遣会社によって時給も違えば福利厚生も違います。派遣薬剤師にとって派遣会社選びは最重要ポイント。

派遣薬剤師として働くなら登録するべきオススメの薬剤師派遣会社を紹介します。

本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
薬剤師派遣会社に登録するならファルマスタッフがオススメ。保有求人数が多く、派遣先事業所数、派遣労働者数も多く実績十分です。

福利厚生も充実していますのでファルマスタッフに登録しておけば間違いありません。1社では不安な方はアポプラス薬剤師を追加しておきましょう。こちらで派遣就業が決まればお得に薬剤師研修を受講できます。

当サイトで最もオススメしている薬剤師派遣会社

\教育・福利厚生充実/

\eラーニング研修無料!/

この2社の薬剤師派遣会登録して派遣紹介を待ちましょう。条件の合う派遣求人があれば紹介されます。

複数の薬剤師派遣会社に登録して求人紹介を待つのは常識です。
≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

オススメの薬剤師派遣会社

オススメの薬剤師派遣会社

オススメの薬剤師派遣会社ランキング

派遣求人保有最大級
薬剤師転職支援22年の実績!
福利厚生・研修が充実

\派遣薬剤師へのサポートが充実/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分
eラーニング研修無料!

\研修受講がお得/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

薬剤師登録者数No.1
派遣薬剤師で条件を満たせば、付加給付により出産育児一時金が通常42万円⇒51万円に!

\出産一時金最多/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

1日から働ける単発派遣求人多数!
関東・関西への派遣は時給2,800円保障!
60歳以上の薬剤師にオススメ!

\単発派遣求人保有数最多/

≫登録前にファル・メイトについて詳しく知りたい方はこちら

派遣薬剤師のメリット・デメリット

派遣薬剤師のメリットとデメリット

派遣薬剤師の最大のメリットは1つの職場に縛られることなく自由な働き方ができること。

冬はスキーやスノボーができる東北や北海道で働き、夏は南の九州や沖縄で働くことも可能です。

また、地方での勤務なら派遣先の薬局が住居や引っ越し費用を用意してくれることが多いので大変お得です。

≫離島や僻地でも大丈夫!住居付き派遣薬剤師求人あります【地方なら確実】

派遣薬剤師として1日だけ働くスポット派遣や、2日~5日の短期派遣の求人もあります。

毎日働くのは難しいけれど、少しなら働けるという薬剤師も派遣の自由な働き方がぴったりです。

≫薬剤師の単発派遣(スポット・短期)とは?【1日・週1・土日のみも可】

≫薬剤師の単発派遣に強い派遣会社と登録から勤務までの流れ【完全ガイド】

派遣薬剤師をお願いする薬局は今すぐにでも薬剤師が必要という状況。他の薬局よりも時給を高めに設定して薬剤師確保に動きます。

パート薬剤師の時給は2,000円程度ですが、派遣薬剤師なら時給4,000円や4,500円という高額時給の求人も見つかります。

派遣薬剤師は短期間でしっかり稼ぎたい薬剤師にオススメの働き方。

あなたも派遣で働いてみませんか?

\派遣薬剤師へのサポートが充実/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\研修受講がお得/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

\出産一時金最多/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

\単発派遣求人保有数最多/

≫登録前にファル・メイトについて詳しく知りたい方はこちら

≫オススメの薬剤師派遣会社ランキング

≫調剤薬局が薬剤師の派遣依頼をするのはこんな時!募集理由を知れば得する

≫派遣薬剤師は高時給・高収入 メリットとデメリットを徹底解説

派遣薬剤師はこんな薬剤師にオススメ

  • 人間関係が煩わしいので同じところで長く働きたくない
  • 短期間で一気に稼ぎたい
  • 働きたい時だけ働きたい
  • 全国いろんなところで働いてみたい
  • 多くの薬局で経験を積みたい
  • リゾート地で働きたい
  • 季節によって働く場所を変えてみたい
  • 経験豊富なのでどこでもやっていける
  • 定年後の薬剤師
  • ダブルワークをしたい薬剤師

≫【60歳以上なら派遣薬剤師がお得】転職・定年再雇用・再就職より派遣!

薬剤師におすすめのダブルワーク【正社員と掛け持ちOK】パート?派遣?

派遣薬剤師のデメリットは、いくらその職場が気に入ったとしても長期間働くことができないこと。派遣期間は最長3年です。

3年間も派遣が続くことはなく、平均は2~3カ月程度の勤務となるのが一般的です。

≫【薬剤師の派遣期間】平均は2~3か月│最短1日から長期は最大3年まで可能

また、派遣薬剤師には誰でもなれるわけではありません。

派遣先の薬局やドラッグストアからは即戦力としての働きが求められます。そのため薬剤師1年目や2年目では経験不足で派遣薬剤師として働くのは不可能ではありませんが、かなり厳しいでしょう。

経験豊富な薬剤師はどこの派遣先でも重宝がられます。

薬剤師派遣会社の選び方

薬剤師派遣会社の選び方

薬剤師が派遣で働くときにはどの派遣会社から派遣されるが最も重要です。

派遣先が重要だと思う方もいると思います、万一派遣先と何かあった時に対応してくれるのは薬剤師派遣会社です。

派遣で働くあなたをしっかりとサポートしてくれる薬剤師派遣会社に登録しましょう。

時給や使える福利厚生は派遣元である派遣会社のものを利用できます。派遣先の福利厚生は利用できません。

pharma

働きやすさは派遣元の薬剤師派遣会社で決まります。うちの薬局に来てくれた派遣薬剤師はみなそう言っていました。

≫【薬剤師派遣会社の選び方】おすすめ薬剤師派遣会社4選

派遣薬剤師は有給休暇・産休・育休の取得は可能?福利厚生は派遣会社で差

≫派遣薬剤師登録から就業までの流れ【かんたん解説】

派遣薬剤師の派遣先

薬剤師の派遣先は調剤薬局とドラッグトアがメインとなります。

病院への薬剤師派遣には制限がありますので、紹介予定派遣のみとなっています。

紹介予定派遣についてはこちらをご覧ください。

≫【薬剤師の紹介予定派遣】病院への転職に使えるズルい方法(お試し勤務から正社員へ)

≫薬剤師の派遣は違法?可能?禁止されている業務と例外規定

派遣薬剤師の仕事内容

派遣薬剤師は調剤薬局かドラッグストアの調剤部門への派遣がメインとなります。

投薬・服薬指導メインの働き方となるのが一般的です。社内ルールや鑑査のルールを教える時間がもったいないし、覚えてもムダになってしまうからです。

派遣薬剤師は投薬ばかり?在宅は?業務・仕事内容を徹底解説

派遣薬剤師とパート薬剤師の違い

派遣とパートはどっちが得なのかと考える方も多いですが、それは求人次第。

1か所で長期間働きたいならパート薬剤師、短期で働きたいなら派遣薬剤師がオススメです。

パート薬剤師は会社に雇用されますが、派遣薬剤師は派遣会社に雇用されます。この違いも理解したうえで派遣とパート、どちらが良いか判断しましょう。

派遣薬剤師とパート薬剤師の違い【わかりやすく比較して解説】

薬剤師派遣の実情│今後の需要は減少?派遣で生き残るために必要なこと

ここに登録しておけば失敗しません。
派遣薬剤師におすすめの薬剤師派遣会社厳選5社!



ここからは派遣薬剤師関連の記事一覧です。