転職お祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職支援サイト一覧

    
転職祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職支援サイト

転職お祝い金(転職ボーナス)がもらえる薬剤師転職支援サイト一覧です。

どうせ転職するならお得にしたいもの。同じ条件の求人であれば転職お祝い金のある紹介会社で転職したほうがお得です。

但し、転職お祝い金をもらう事に執着していて給与交渉がおろそかにされていては本末転倒。

どの紹介会社を使ってどの職場に転職をするのかは、給与等の条件交渉をしっかりやってもらったうえで総合的に考えましょう。

公開求人数の多い薬剤師転職支援サイト一覧

    
公開求人数が多い薬剤師転職支援サイト一覧

公開求人数が多いということはそれだけ多くの求人案件を扱っているということです。薬局としてもすべての薬剤師紹介会社に求人を依頼することはありません。私が勤務する薬局では3社です。

実績の多い薬剤師転職支援サイトの中から2~3社に登録しておけば大部分の求人情報を網羅でき、希望に添った職場を紹介してもらえる確率が高まります。

あとは相性の良いコンサルタントと連絡を取り合い、希望通りの職場を絞り込んでいきましょう。

ドラッグストアへの転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

    
ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト

在宅医療や簡易血液検査に力を入れている調剤併設のドラッグストアが増えており薬剤師採用の需要は旺盛です。

医療費削減の観点からスイッチOTC化の流れは今後も続き、一般用医薬品の販売による利益で調剤報酬改定による減収もカバーできる強さは調剤薬局にはない魅力。調剤薬局と比べて大手企業の比率が高く、福利厚生の面で安心できます。

医療用医薬品だけでなく一般用医薬品の知識も深めたい薬剤師にとって調剤併設ドラッグストアは魅力的な職場となるのは間違いありません。

派遣薬剤師として働くならこちらの薬剤師派遣会社に登録

    
派遣薬剤師になるならこの紹介会社へ

派遣薬剤師は派遣会社との雇用契約であるため、どの薬剤師派遣会社から派遣されるかによって福利厚生や社会保険などの各種制度が変わってきます。

高収入かつ福利厚生など派遣のメリットをしっかり受けるにはしっかりした薬剤師派遣会社に登録することが大切です。

病院への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

    
病院への転職につよい薬剤師転職支援サイト

病院薬剤師への転職をする時に大切なのは病院に強いパイプを持っている転職支援サイトに登録すること。以下のサイトはいずれも病院薬剤師の求人を多数持っています。

薬局への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

    
調剤薬局に強い薬剤師転職支援サイト

薬局への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧です。薬局への転職は求人数とコンサルタントの力(情報週数力)によって成功か失敗かが決まります。複数のサイトに登録して同時進行で転職活動をすすめていくことが大切です。

薬局のM&A状況からみる調剤薬局業界の将来

    

調剤薬局業界は将来10~20社程度に

調剤薬局は全国に5万軒以上。上位の占有率はまだ低く今後さらに集約していくと言われています。将来的には10~20社程度に集約されていくとみています。

その要因は以下の通りです。

2016年 調剤薬局のM&A(買収・合併)の主な動き

    

2016年の調剤薬局の買収(M&A)の主なニュースです。

今年も調剤薬局のM&Aが多くありました。業界再編は今後もまだまだ続きそうです。

プレミアムフライデーと薬局薬剤師

    

平成29年2月24日(金曜日)からプレミアムフライデーというものが実施されます。薬局の薬剤師もこの制度の恩恵を受けることができるでしょうか?

育児短時間勤務の薬剤師と既存薬剤師間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

    

育児短時間勤務の薬剤師とその制度を利用していない薬剤師と間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

数年前に時短勤務制度を充実させたらしいのですが、そうしたら時短勤務の薬剤師と事務ばかりになってしまいました。

日中は人がたくさんいますが、16時になると一気に人が減ってしまいます。

その分の仕事が私に回ってきて残業が毎月50時間を超えています。私も早く帰りたいと思っているのですがどうにかならないのでしょうか?(20代女性薬剤師)

このページの先頭へ