派遣薬剤師として働くならこちらの薬剤師派遣会社に登録

    
派遣薬剤師になるならこの紹介会社へ

派遣薬剤師は派遣会社との雇用契約であるため、どの薬剤師派遣会社から派遣されるかによって福利厚生や社会保険などの各種制度が変わってきます。

高収入かつ福利厚生など派遣のメリットをしっかり受けるにはしっかりした薬剤師派遣会社に登録することが大切です。

病院への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

    
病院への転職につよい薬剤師転職支援サイト

病院薬剤師への転職をする時に大切なのは病院に強いパイプを持っている転職支援サイトに登録すること。以下のサイトはいずれも病院薬剤師の求人を多数持っています。

薬局への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧

    
調剤薬局に強い薬剤師転職支援サイト

薬局への転職におすすめの薬剤師転職支援サイト一覧です。薬局への転職は求人数とコンサルタントの力(情報週数力)によって成功か失敗かが決まります。複数のサイトに登録して同時進行で転職活動をすすめていくことが大切です。

薬局のM&A状況からみる調剤薬局業界の将来

    

調剤薬局業界は将来10~20社程度に

調剤薬局は全国に5万軒以上。上位の占有率はまだ低く今後さらに集約していくと言われています。将来的には10~20社程度に集約されていくとみています。

その要因は以下の通りです。

2016年 調剤薬局のM&A(買収・合併)の主な動き

    

2016年の調剤薬局の買収(M&A)の主なニュースです。

今年も調剤薬局のM&Aが多くありました。業界再編は今後もまだまだ続きそうです。

プレミアムフライデーと薬局薬剤師

    

平成29年2月24日(金曜日)からプレミアムフライデーというものが実施されます。薬局の薬剤師もこの制度の恩恵を受けることができるでしょうか?

育児短時間勤務の薬剤師と既存薬剤師間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

    

育児短時間勤務の薬剤師とその制度を利用していない薬剤師と間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

数年前に時短勤務制度を充実させたらしいのですが、そうしたら時短勤務の薬剤師と事務ばかりになってしまいました。

日中は人がたくさんいますが、16時になると一気に人が減ってしまいます。

その分の仕事が私に回ってきて残業が毎月50時間を超えています。私も早く帰りたいと思っているのですがどうにかならないのでしょうか?(20代女性薬剤師)

育児が一段落したママ薬剤師におすすめ ブランクあり歓迎の求人の探し方

    

育児が一段落したので職場復帰したい。

けどブランクがあるので雇ってくれるところがあるのか心配です。

休んでいる間に新薬が出たり調剤報酬制度も変わっていたり・・・。

ブランクありや未経験でも働ける職場を探す方法を教えてください。

薬剤師のための扶養の範囲内OKの薬局パート求人の探し方

    

パートで働きたいけど扶養の範囲内に抑えたい。

それが可能な求人を探す方法をご紹介いたします。

まずは以下のリンクをクリックしてファルマスタッフのサイトへ移動してください。

薬局パートの求人を探している薬剤師へ。毎月3万円捨てる気ですか?

    

パートの求人を探している薬剤師へ。

まさか求人情報そのままの時給で働こうとしていないですよね

 

こんにちは。

当サイト薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイドを運営している管理薬剤師のpharma-diです。

1313495085_749

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

自力でパート薬剤師の求人を探しているのであれば、今すぐその作業を止めてください。

もしこのまま自力でパート求人を探しつづけると、

毎月3万円を捨てることになります。

 

パート薬剤師のメリット

パート勤務は次の様な方にお勧めです。

  • 子育てとお仕事を両立したい方

  • 子供の送り迎え(幼稚園・保育園)のある方

  • 扶養控除の範囲内で働きたい方

  • ブランク期間があるので、少しずつ仕事に慣れていきたい方

薬剤師のパート求人はたくさんありますね。時給もそこそこ。

求人数も多いので働き口がないということはまずありません。

その中で一番条件の良さそうな薬局に決めようとしてはいませんか?

その求人情報にかかれている時給のまま働くのはもったいない。お金をドブに捨てるようなものです。

まだその薬局に決めるのは待ってください。

薬剤師の時給の決まり方

パート薬剤師の時給は「需給」によって決まります。

その地域の薬剤師不足度合いが高ければパートの時給が高くなりますし、不足度合いが低ければ安くなります。

慢性的な薬剤師不足の薬局は求人を通年で出しています。特にハローワークには出しっぱなしにしていますし、自社ホームページにも同じ条件で掲載し続けています。

繁忙期や急な薬剤師の退職のために急遽薬剤師が必要となってしまった場合、雇う側はどうすると思いますか?

今は緊急事態なのでパート薬剤師の時給をすこし上げてでも薬剤師を雇いたいと考えるは当然です。

が、求人情報に掲載している時給を上げることはしません。

もしここで自社ホームページに掲載しているパート薬剤師の時給を上げてしまったら・・・

当然、既に働いているパートさんから文句が出ますよね。

こういった理由で、薬局ホームページやハローワークの求人情報の時給は緊急度が反映されていないのです。

だから、求人情報の時給で契約すると毎月3万円をドブに捨てることになるのです。

働き方は全く同じなのに自由に使えるお金が毎月3万円増えたら

自由に使えるお金が毎月3万円増えたらあなたはどうしますか?

その3万円を食費の足しにする

夫に内緒のへそくりにする

子供の教育費に使う

住宅ローン返済に回す

家族で外食する

生活に余裕ができますね。

月に3万円

年間にすると36万円。

馬鹿にできない金額です。

毎月3万円をドブに捨てずに自分の財布に入れる方法

1日6時間勤務、週に5日間(月20日)働くとすると月に120時間。

もし時給が300円高い薬局でパート勤務できればどうなるでしょうか。

300円×120時間=3万6千円!

時給を300円高く契約するのは大変そうですが薬剤師パートの採用ではよくあることです。

パート薬剤師の求人を探す段階でたった1点注意するだけで、今後そこで働いている限り毎月3万円多く財布に入ります。

 

どのような点に注意して求人を探せばよいのか

注意するその1点とは自分の力だけで求人を探すのではなくプロの力を使うということ。

プロはこんな力を持っています。

  • 多くの薬局の求人情報を持っているのであなたの希望に合った薬局を複数紹介してくれる

  • 時給を上げてでも薬剤師を緊急に必要としている薬局を知っている

  • 薬局の裏情報(どんな人が働いているか、忙しさ、残業の有無、休みの取りやすさ等)を知っている

  • 時給や勤務時間、住宅補助などの条件交渉を代行してくれる

好条件(高時給)の薬局パート求人を多数持っています。

またそこまでの条件が出ていない薬局に対しては代理で「交渉」してくれますので条件アップが望めます。

プロの力を使うのにはいくらかかるのか。

無料

完全無料です。

ノーリスクで毎月3万円自由に使えるお金が増えるとしたら。

使わない手はありません。

そのプロとはこちら


 

 

条件の良い薬局の求人は、情報が出たとたんにすぐ埋まります。まずは登録して情報を得るところからはじめましょう。

 

 

好条件のパート求人を紹介してもらうも良し、あたりを付けていた薬局に交渉してもらうも良し。

プロの力を借りて充実したパート勤務を始めましょう。

結局のところどの薬剤師転職支援サイトに登録すれば良いの?(正社員・パート・派遣‐薬局・病院・クリニック・ドラッグストア 業種・雇用形態別推奨組み合わせ)

このページの先頭へ