【頑張らない転職活動】薬剤師はもっと気楽に転職して良い
q

転職に踏み出せない薬剤師

転職すると生涯年収が下がるとか、失敗したらどうしようとかいろいろ考えてしまいます。

そのせいで、一歩が踏み出せません。

pharma

確かに考えれば考えるほど動けなくなってしまうパターンはありますね。

転職はもっと気軽にどんどんやって良いのではないかと思います。

この記事ではその理由について書いています。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職活動なんて所詮クラス替え程度
  • 頑張らない転職活動
  • もっと気楽に転職しても大丈夫
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

今回の内容は極論です。

ですが、あながち間違っていません。

転職への一歩が踏み出せない方、転職に対して何かとんでもなくすごい事のように考えてしまっている方向けの記事となっています。

結論
『転職』を何かとても重大で崇高なものとしている薬剤師が多すぎます。

薬剤師の転職なんて所詮、学校のクラス替えみたいなもの。

もっと肩の力を抜いて気楽に転職しちゃっても大丈夫です。

だって薬局は全国に6万軒以上もあるんですよ!

薬剤師はもっと転職をして良い

薬剤師はもっと気楽に転職して良い理由を徹底解説
薬剤師の転職は所詮、学校のクラス替え程度の意味しかありません。

というのも、薬局というクラスで行われている授業(仕事)はどこも同じだから。

働く場所と、一緒に働く人が変わるだけです。

転職の希望条件としていろいろ挙げたとしても、現状では薬局間でほとんど差が無くなってきています。

  • もっと勉強になる薬局が良い
  • 残業が少ない薬局が良い
  • 雰囲気が良い薬局が良い
  • 休みが取れる薬局が良い
  • 年収は500万円以上希望

このような希望条件に合う薬局を探し出したとしても、長期的に見たら別の薬局とほとんど変わりません。

転職して入社した最初こそ希望条件を満たしているかもしれませんが、それが未来永劫続く保証は無いのです。

定年までその条件を保証しますとは会社は決して言いません。

仮に、あなたが上記の希望の通りの薬局に転職をしたとしましょう。

その数日後、急に薬剤師が退職したらどうなるでしょうか?

残業が増えそうですね。

もしかしたら一時的に休みもとりづらくなるかもしれません。

別の薬局からのヘルプで何とかなるかもしれません。

このままヘルプの体制は組めないと判断した会社は、薬剤師の補充として1人雇うことが決まりました。

しかし、ここからが大問題。

新たに採用した中途の薬剤師が全く仕事ができません。

そのせいでみんなイライラして薬局の雰囲気は悪くなる一方。

この薬剤師がいると仕事にならないので、カバーせざるを得ず、通常業務をこなすので精一杯。

勉強になるどころの話ではありません。

たった数ヶ月で薬局の状況はこのように激変です。

これは実際にあった話です。事実です。

求める条件に合う薬局を頑張って探しても、すぐにその条件が壊れてしまうことは珍しい事ではないのです。

給料だって同じこと。

入社当初は希望通りの金額がもらえるかもしれません。

ですが、退職までその金額を保証するとは誰も言っていませんし、雇用契約書にも書かれていないはずです。

書かれていたら儲けものですね。

薬剤師余りや度重なる調剤報酬改定で薬剤師の給料は減少傾向。

人事制度が急に変更されることだってあります。

他社との合併が決まり、給与水準の引き下げが行われることだってあるでしょう。

薬剤師は転職活動を頑張らなくて良い

頑張らない転職活動

薬局の状況なんてどうせコロコロ変わるのです。

調剤報酬の改悪と薬価引き下げで、2年先のことだってわからない状況です。

こんな状況で一所懸命に転職活動を頑張っても報われないことのほうが多いでしょう。

逆に、今の職場に不満があるなら我慢せずさっさと転職するというもの一つの手。

もっと気軽に転職してしまいましょう。

条件通りの薬局を探したって、状況は数年たったら変わってしまいます。

だったら、今そこにいる人だけ見て良さそうだったら入社を決めるとかそのくらいで良いのではないでしょうか。

まぁその人達だって、数年後にはいるかわかりませんが。

10年~20年単位で変わらないのは薬局の建物と立地くらいです。

家からの通いやすさで選ぶというのは理にかなっていますね。

薬剤師はもっと気楽に転職しても大丈夫

薬剤師はもっと気楽に転職しても大丈夫
最近の傾向として、転職の回数の多さはあまり問題とならなくなってきました。

むしろ経験豊富な薬剤師であるとしてプラス評価になることもあります。
 

今や、一つの会社しか知らない薬剤師の方がリスクが高いと言えます。

これから始まる薬局の大合併時代の変化の波に乗れるか、飲み込まれるか。

転職経験がある薬剤師の方が強いのは確かです。

どんどん転職をして自分の知識と経験を積み重ねていく方が、一つの薬局で働き続けるより数倍も早く成長できるのは間違いありません。

あまり深く考えず、今の職場に不満があるならサクッと転職してしまいましょう。

幸い、薬剤師には無料で使える薬剤師転職サイトがあります。

求人検索や日程調整は全て転職サイト側にお任せしちゃいましょう。

あとは担当者と一緒に薬局見学に行って、相談するだけ。

転職活動すら頑張る必要はないのです。

今の職場に不満ありますよね?
(このまま我慢し続けるのですか?)

今よりもっと良い職場が他にあると感じていますよね?
(そう思っていながらなぜ今の職場で働き続けるのですか?)

バレずに転職活動を進めたいですよね?
(バレずに転職活動できます。)

 そんなあなたに間違いない薬剤師転職サイト3選

しかも私の方で、薬剤師転職サイトはすべて比較済み。
 


 
 
 
3つ候補を上げましたが、担当者と一緒に職場見学に行ってもらいたいならファルマスタッフがおすすめです。

うちの薬局にも転職希望者の薬剤師とファルマスタッフの担当者が一緒に来たことがあります。

1人で見学するよりも、プロに加わってもらった方が聞きづらいことも聞いてくれたり、見落としがちなポイントを教えてもらえたりなど、心強いと思いませんか?

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
ママ薬剤師におすすめ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\登録から全て無料/



※転職をしなくても無料です。

薬剤師はもっと転職して良いし、転職活動を頑張らなくて良い(まとめ)

薬剤師はもっと気楽に転職して良い理由まとめ
まとめ

  1. 薬剤師は転職を大げさに考えすぎ。もっと転職をするべき
  2. 薬局はコンビニより多いし、まだまだ職はある
  3. 薬局を比べても五十歩百歩、どんぐりの背比べ
  4. それなのに今の職場に不満を持ちながら働き続けている薬剤師が多い
  5. 嫌ならサクッと次の職場に移れば良い
  6. 転職活動は頑張る必要なし。薬局の状況なんて数か月でガラッと変わるから
pharma

薬剤師は転職について考えすぎ。不満があるならサクッと職場を変えるくらいの気持ちでOK!
転職しないリスクもあるからご注意を。