調剤薬局の薬剤師が直面する3つの重大リスクとその解決法【2024年最新】
q

調剤薬局で働く薬剤師

収益が上がらない薬局で働き続けることに不安を感じています。

このまま調剤薬局で働き続けていて大丈夫でしょうか?

  • 給与が上がらないことでモチベーションが低下
  • 長時間労働や過労で健康に悪影響
  • 経営不安から将来のキャリアに不安を感じる

経営が厳しい薬局での勤務に不安を感じ、今後のキャリアに悩んでいませんか?

収益が上がらない薬局で働き続けることで将来的に大きな問題が発生することはないのでしょうか。

実は、収益が上がらない調剤薬局に勤務している薬剤師には重大なリスクが3つあります。

そして将来的に大きな問題を引き起こす可能性があります。

経営が厳しい薬局での勤務に不安を感じ、キャリアについて悩む薬剤師向けに具体的なリスクとその対策を解説します。

本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

  • 調剤薬局が儲からない具体的な理由
  • 儲からない薬局で働く重大なリスク
  • 薬剤師が直面する追加のリスク要因
  • 未来を見据えたキャリアプランの立て方

この記事を読むと収益が上がらない薬局で勤務することのリスクがわかり、キャリアを見直すための具体的な対策を知ることができます。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)

Instagramのフォローもお願いします!
ストーリーズでは内容の濃い情報を発信中≫ ファマディー

全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
【私が薬剤師採用のために連絡を取っている≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く100人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
儲からない薬局で働き続けることは、給与の停滞、ストレスの増加、経営破綻のリスクを伴います。

自己投資を続けつつも重大なリスクを回避し、安定した職場への転職で、より良いキャリアを築くことが重要です。

収益が上がらない調剤薬局で働くリスク

収益が上がらない調剤薬局で働くことは、薬剤師にとって非常に大きなリスクを伴います。

ここでは特に重大なリスクを3つ挙げてみます。

1. 給与の停滞とキャリアの停滞

経営が厳しい薬局では給与の増加が見込めず、昇進の機会も限られ、薬剤師のキャリアが停滞します。

収益が上がらない薬局では、利益が十分に確保できないため、社員に対する給与の引き上げやボーナスの支給が難しくなります。これは薬剤師のモチベーションを低下させるだけでなく、長期的なキャリア形成にも悪影響を与えます。また新たな薬局を開局する資金力がないため店舗数が増えず昇進の機会が限られてしまいます。

例えば、ある薬局で働く薬剤師が数年間にわたり給与が据え置かれているとします。この薬剤師は、新しい知識やスキルを学ぶ意欲を失い、結果として市場価値が下がってしまうでしょう。また、ボーナスや福利厚生が削減されることで、経済的な不安も増大し、家庭生活にも影響を及ぼすことがあります。

給与の停滞とキャリアの停滞は、薬剤師としての職務満足度を低下させるだけでなく、将来的な収入や生活の安定性を脅かす重大なリスクです。したがって、早急に対策を講じる必要があります。

2. ストレスと健康問題

人手不足や業務過多により、薬剤師にかかる負担が増加し、ストレスと健康問題が発生します。

経営が厳しい薬局では、経費削減のために人員削減が行われることが多く、残された薬剤師にかかる業務負担が増大します。これにより、長時間労働や過労が常態化し、精神的および肉体的なストレスが増加します。健康問題が発生すると、薬剤師の職務効率が低下し、さらにストレスが増すという悪循環に陥ります。

例えば、ある薬局で働く薬剤師が毎日10時間以上の長時間労働を強いられている場合、慢性的な疲労や睡眠不足に悩まされることになります。この状態が続くと、仕事のミスが増え、患者への対応にも影響が出る可能性があります。また、ストレスが原因でうつ病などの精神疾患を発症するリスクも高まります。

ストレスと健康問題は、薬剤師の職務効率や患者対応の質を低下させるだけでなく、長期的な健康にも深刻な影響を与える重大なリスクです。適切な労働環境の職場に移ることが不可欠です。

3. 経営不安による将来のリスク

経営破綻のリスクは、突然の閉店や失業を引き起こす可能性があり、生活の安定を脅かします。

経営が不安定な薬局では、収益が低迷することで資金繰りが困難になり、最悪の場合、経営破綻に至ることがあります。突然の閉店や失業は、薬剤師の生活に重大な影響を与え、再就職が難航することもあります。特に中高年の薬剤師にとって、再就職の機会が限られているため、経済的な不安が大きくなります。

例えば、経営が不安定な薬局で働く薬剤師が、ある日突然、薬局が閉店するという事態に直面した場合、次の仕事を見つけるまでの期間、無収入となります。これにより、貯金の取り崩しやローンの返済など、生活の維持が困難になることがあります。

経営不安による将来のリスクは、薬剤師の生活の安定を脅かす重大なリスクです。早急にキャリアプランを見直し、安定した職場への転職を検討することが必要です。

調剤薬局が儲からない理由

調剤薬局が利益を上げるのが難しい理由は複数あります。

調剤薬局が儲からない大きな要因を6つ挙げてみます。

調剤報酬の改悪

調剤薬局の収益の多くは保険調剤から得られますが、保険点数の改定により薬剤師の報酬が減少しています。

保険制度の改定により調剤報酬が見直されます。医療費抑制の観点から薬局に配分される調剤報酬が増える見込みはないでしょう。

さらに、ジェネリック医薬品の普及も収益にマイナスの影響を与えます。

ジェネリック医薬品は特許が切れた薬と同じ成分で作られ、開発コストが低いため、価格が安く設定されます。

このため、仕入れと薬価の差である薬価差益の額が減少します。

後発医薬品調剤体制加算がありますが、それだけでは充分な収益が上げられません。

経営コストの上昇

薬局の運営には様々なコストがかかります。例えば、薬剤の仕入れ、薬剤師の給与、店舗の家賃などです。

さらに、分包コストも無視できません。粉薬を分包するための分包紙や薬袋、容器などの材料費の値段が上がっています。これだけでもかなりのコスト増。

加えて最近では、設備投資やITシステムの導入も必要となり、経営コストはさらに上昇しています。

これらの固定費は、収益が低下しても簡単には削減できず、経営を圧迫する要因となります。

競争激化による顧客の取り合い

調剤薬局、調剤併設のドラッグストアが増えており、特に都市部では競争が激化しています。

大手チェーン薬局は豊富な資金力を背景に、顧客に対するサービスの質を高めたり、様々なキャンペーンを実施したりすることで、顧客を引き付けています。

一方、中小規模の薬局はこれに対抗するためにコストが増加し、結果的に収益が圧迫される状況が続いています。

デジタル化への適応不足

デジタル化が進む医療業界において、多くの調剤薬局は新しい技術を導入するための予算が限られているため、競争力を維持することが難しくなっています。

最新の薬歴ソフトや調剤自動化システムの導入は、効率を高め、患者の利便性を向上させるために重要ですが、多くの薬局がこれを実現するための資金を持っていません。

結果として、デジタル化に対応できない薬局は、顧客を失い、収益が減少するリスクが高まります。

人手不足と労働環境悪化

多くの薬局が、深刻な人材不足という問題に直面しています。特に薬剤師の採用力が弱い小規模薬局では、慢性的な薬剤師不足に陥っており、残されたスタッフに過度な負担がかかり、長時間労働や過労が常態化しています。

この状況は、スタッフの心身の健康を蝕み、離職リスクを高めています。

さらに、労働環境の悪化は、従業員のモチベーション低下や離職率の増加にも繋がり、薬局全体のサービス低下を招きかねません。

在庫管理とコスト管理の難しさ

薬局の在庫管理は複雑で、多くのコストが関連しています。

仕入れ価格を抑えるためには、適切な在庫管理とコスト管理が不可欠です。

スケールメリットが生かせる大手なら高い割引率で薬を卸から購入できますが、中小規模の薬局では割引率は抑えられています。

また、二次卸売業者からの購入も価格を抑えるためには一つの手段ではありますが、偽物の薬の流通の問題もあり、現実的ではありません。

これらの要因が重なり、調剤薬局の経営は非常に厳しいものとなっています。したがって、薬局は収益を上げるために、技術の導入や効率的な在庫管理、人材の確保など、多方面での改善が求められています。

調剤薬局の薬剤師がとるべき解決策

薬剤師として安定したキャリアを築くためには、現状に満足するのではなく、将来を見据えたキャリアプランを立てることが重要です。

その解決策として以下の5つのポイントをご紹介します。

経営状況を把握し、将来性を判断する

勤務先の薬局の収益状況や経営基盤を確認しましょう。
利益が出ていない薬局で働き続けることは、キャリアの停滞や将来的なリスクにつながる可能性があります。
経営状況が悪化している場合は、早めに対策を検討する必要があります。

自己分析とスキルアップでキャリアの幅を広げる

自分の強みや弱みを理解し、将来どのようなキャリアを築きたいのかを明確にしましょう。
在宅医療や医療情報技師などの資格を取得することで、キャリアの選択肢を広げることができます。
また、日々の学習やセミナー参加など、自己投資を続けることも重要です。

積極的に転職活動を行い、最適な職場を見つける

大手チェーンや成長分野への転職も視野に入れましょう。
転職エージェントを活用して、条件に合った職場を見つけましょう。
転職先を選ぶ際は、経営状況、福利厚生、労働環境、成長機会、キャリアパスなどを慎重に検討しましょう。
特に、職場の雰囲気や人間関係、労働環境、成長機会、昇進制度も重要です。

キャリアプランを定期的に見直し、目標設定を行う

自分の状況や市場の変化に合わせて、定期的にキャリアプランを見直しましょう。
具体的な目標を設定することで、モチベーションを維持し、キャリアアップすることができます。

業界情報を収集し、常に最新情報を把握する

業界誌やWebサイトを読む、セミナーやイベントに参加するなど、積極的に情報収集を行いましょう。
最新の情報を把握することで、キャリアアップに役立つ情報を得ることができます。

これらの解決策を実践することで、調剤薬局の薬剤師は将来のキャリア不安を解消し、より良いキャリアを築くことができます。

調剤薬局の薬剤師が直面する3つの重大リスクとその解決法│よくある質問 (Q&A)

調剤薬局の薬剤師のリスクに関するよくある質問をまとめました。

なぜ調剤薬局は儲からないのですか?

調剤薬局の収益は保険調剤に依存しており、その金額を薬局独自に決めることはできません。医療費抑制の観点から調剤報酬改定のたびに調剤報酬は減らされています。今後薬局の収益が増える可能性は極めて低いといえます。

経営が厳しい薬局で働き続けるリスクは何ですか?

給与の停滞、ストレスの増加、経営破綻のリスクなどが考えられます。経営が不安定な環境では、長期的なキャリア形成が難しくなるため、早めに転職を検討することが重要です。

キャリアアップのために何をすべきですか?

専門知識やスキルを向上させるために自己投資を続け、転職先の選定を慎重に行うことが重要です。

例えば、在宅医療の知識の習得を取得することで、キャリアの幅を広げることができます。

経営不安のある薬局で働くことのメリットはありますか?

短期的には薬剤師不足の薬局の方が高い給与であることが多くメリットといえます。

しかしそれがいつまで続くかはわかりません。

経営不安が続く場合は給与減額のリスクが高まるため、早めの転職を検討することが賢明です。

もしあなたが勤務している薬局がすでに経営が不安定なら迅速な行動が求められます。

転職時に注意すべき点は何ですか?

転職先の経営状況や将来性を慎重に評価し、長期的なキャリアプランを考慮することが重要です。

また、薬剤師転職エージェントの利用は必須です。エージェントを活用することで、より多くの情報を収集し、自分に適した転職先を見つけることができるからです。

調剤薬局の薬剤師が直面する3つの重大リスクとその解決法(まとめ)

調剤薬局で働くあなたにとって、経営不安や収益低迷はただの問題ではなく、将来に直結する重大なリスクです。

行動を起こさないことは、あなたのキャリア、収入、そして生活全体に深刻な影響を与える可能性があります。

ここで立ち止まることは、後悔の始まりかもしれません。

あなたが今すぐ行動を起こすべき理由

  • キャリアの停滞は将来の収入に直結する
  • 健康へのリスクが高まる
  • 突然の経営破綻に備える

具体的な解決策

  • 経営が安定している薬局への転職
  • 自己投資とスキルアップ
  • キャリアプランの策定
  • 継続的な学習と情報収集

今すぐ行動を起こし、明るい未来を手に入れましょう!

以下のリンクをクリックして、信頼できる薬剤師転職サイトに登録してください:

\保有求人数最大級/

\利用者満足度が高い!/

経営が安定している薬局や成長が見込まれる分野への転職を成功させるための情報を提供します。

転職のプロがあなたのキャリア目標に合わせたアドバイスを行い、最適な職場を見つける手助けをします。
あなたに最適な転職先を見つけるためのカスタマイズされたサポートを提供します。
あなたのキャリアと未来を守るために、今すぐ行動を起こしましょう。今日の決断が、明日の成功を決めます。

この一歩が、あなたのキャリアと生活を劇的に改善する第一歩です。未来のリスクを回避し、安定した職場環境を手に入れるために、今すぐ登録して新しいキャリアをスタートさせましょう!

オススメしている薬剤師転職サイトはこちら

転職サポートは薬剤師限定で無料。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\保有求人数最多級!/

※登録から転職まで完全無料。自分のペースでじっくり転職活動をしたい方向け。≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\転職者満足度が高い/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\全国の求人情報を保有/

≫登録前にヤクジョブ.comについて詳しく知りたい方はこちら

\出張面談に対応/

※出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ。≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

\完全独立系だから中立/

≫登録前にアプロ・ドットコムをもっと詳しく知りたい方はこちら

\逆指名制度が使える!/

≫登録前にお仕事・ラボの詳細を知りたい方はこちら

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。