転職祝い金が禁止!それでも薬剤師が得をする3つの理由【大手が吉】
q

転職祝い金が廃止になってがっかりしている薬剤師

以前は転職すると20万円とか40万円のお祝い金がもらえる薬剤師転職サイトがあったのですが、今はもらえないのでしょうか?
サイトを見てもどこにも書いていなくて・・。

転職祝い金がもらえない薬剤師転職サイトに登録するしかないのでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

あなたも転職ボーナスや転職祝い金がもらえなくなったと知ってがっかりしていませんか?

大丈夫です。

その理由がわかります。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 転職祝い金は禁止になった
  • 転職祝い金が禁止になったらどうなる?
  • 転職祝い金がなくなっても転職希望の薬剤師が得をする理由
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論:2021年4月1日に職業安定法に基づく指針が一部改正され、「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことが禁止されました。
そのため、どこの薬剤師転職サイトでも「転職お祝い金」の表示がなくなったのです。

薬剤師転職サイトの転職祝い金はすべて禁止になった

2021年4月1日に職業安定法に基づく指針が一部改正され、「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことが禁止されました。


2021年3月までは転職をすると20万円から最大60万円の転職お祝い金が出ていた薬剤師転職サイトがありましたが、現在はすべてお祝い金の表示はなくなっています。

・求職の申し込みの勧奨は、金銭の提供ではなく、職業紹介事業の質を向上させ、それをPRすることで行ってください。

・職業紹介事業者が、自ら紹介した就職者に対し転職したらお祝い金を提供するなどと持ちかけて転職を勧奨し、繰り返し手数料収入を得ようとする事例があります。このような行為は、労働市場における需給調整機能を歪め、労働者の雇用の安定を阻害する行為であり、行ってはいけません。

指針の一部改正により、『転職祝い金をプレゼントしますからぜひ登録してうちで転職をしてくださいね』という作戦が使えなくなりました。

転職祝い金制度があった薬剤師転職サイトはどうなる?

転職祝い金制度によってなんとか薬剤師を集めていた薬剤師転職サイト。

今は窮地に立たされているはずです。

 転職祝い金を薬剤師にあげていた理由はこの2つ

  • 広告宣伝費の節約
  • 知名度アップ

知名度が低い中小の薬剤師転職サイトが薬剤師に登録してもらうためには、どうしても転職祝い金が必要でした。

 薬剤師転職サイトの転職祝い金の仕組み(現在は禁止です)

  1. 転職祝い金を目的に登録してくれた薬剤師が薬局等に転職をする
  2. 薬剤師が入社した薬局等から、薬剤師転職サイトに紹介料が支払われる
  3. その紹介料の一部を転職祝い金として薬剤師に還元する

今回の禁止を受けて、中小の薬剤師転職サイトはどうなるか。


相当厳しくなるのは確実です。


今まで一定数存在していた、転職お祝い金目当てで短期間に転職を繰り替えす薬剤師がいなくなるからです。

今後は、中小の薬剤師転職サイトはより厳しくなり、大手4社の薬剤師転職サイトがさらに強くなります。

大手とは以下の4社。

この4つの薬剤師転職サイトには、もともと転職祝い金制度はありませんでした。


転職祝い金が無くても薬剤師が集まっていたからです。


理由はもちろん、薬剤師紹介の質が高く、実績があるから。

 

今後は、この大手4社が圧倒的に強くなっていくことでしょう。

(参考)マイナビ薬剤師・ファルマスタッフ・薬キャリ・リクナビ薬剤師を徹底比較

転職祝い金がなくなっても、多くの薬剤師が得する理由

転職祝い金がもらえなくなってしまったと、がっかりしなくても大丈夫です。


多くの薬剤師は恩恵を受けることの方が多いのは確実だからです。

 
その理由は3つ

  • 薬剤師の転職業界全体の質が向上する
  • 大手4社に求人が集中するので、転職サイトを選ぶ必要がなくなる
  • 転職サイト同士を競争させることができる

 

 

薬剤師転職サイトの質が向上する

今まで転職祝い金で薬剤師を集めていた薬剤師転職サイトは、質の向上をPRして薬剤師登録を集めなければいけません。


PRするだけでなく必死に質を向上させてきます。

以下の情報の提供が職業安定法第32条の16第3項により職業紹介事業者に義務付けられています。

  • 紹介により就職した人の数(2016年度に就職した人数から掲載)
  • 紹介により就職した無期雇用の人数、そのうち6か月以内に離職した人数(2018年度に就職した人数から掲載)
  • 手数料に関する事項(手数料表の内容)
  • 返戻金制度(短期間で離職した場合に手数料を返金する制度)の有無や内容
  • その他、得意とする分野など(職業紹介事業者が任意で掲載)

実績を残すためにも、薬剤師紹介業者は今まで以上に薬剤師紹介の質を向上させるように頑張るはず。

薬剤師の転職業界全体の質が向上していきます。

大手の薬剤師転職サイトに求人情報が集中する

薬剤師の転職業界全体の質が向上するとはいえ、やはり大手4社との差が埋まるとは言えないでしょう。

薬局が中途薬剤師を募集する際、従来は多くの薬剤師の目に留まるようにと多くの薬剤師転職サイトに求人を出していました。


しかし、以前ほど薬剤師不足の度合いが少なくなっていますので、人気・実績の少ない薬剤師転職サイトに求人を出す理由がありません。


転職祝い金を出して薬剤師を集めていたサイトへの求人は今後減っていくことが予想されます。

よって、大手4社の中から2社程度選ぶことで、全体の9割以上の求人を網羅できます。

求人の9割にアクセスできれば、あなたの希望条件に合った条件で転職先を探せる可能性が高まります。

もう薬剤師転職サイトの比較で悩むことがなくなりますね。


転職祝い金制度の禁止で、中小の薬剤師転職サイトに登録するメリットは完全に無くなりました。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリアポプラス薬剤師などの大手から選べば間違いはありません。

大手の薬剤師転職サイト同士で競争させられる

そして今後は、大手4社(マイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、薬キャリ、アポプラス薬剤師)による激しい薬剤師獲得競争が始まります。

転職ボーナスのような金銭によるものではなく、

  • 保有求人数の増加
  • 情報の深さ
  • コンサルタントの質の向上
  • 求人紹介の精度向上

転職希望の薬剤師にとって良いことばかりです。

 

あなたが2つの薬剤師転職サイト登録をしたとします。

そして同じ求人があって同時に申し込んだらどうなるでしょうか。

それぞれの薬剤師転職サイトの交渉力の違いによって、提示される年収や条件が異なってくることも十分あり得ます。

それぞれの薬剤師転職サイトに競争させることによってあなたは得をするのです

是非、大手4社の中から複数登録して、競争させてしまいましょう。

転職祝い金の禁止によって損をするのは、『短期間で転職を繰り返して転職祝い金を何回ももらっていた薬剤師』だけ。

それにより、あなたは恩恵を受けます

pharma

大切なことなのでもう一度言います。

中小の薬剤師転職サイトに登録するメリットはなくなりました。転職祝い金がもらえる薬剤師転職サイトはもうありません。

情報が集まり、それに伴い質がさらに高まっていくであろう大手の薬剤師転職サイトに登録しましょう

そして競争させましょう。

 おさらい
大手の薬剤師転職サイトとは、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリアポプラス薬剤師です。

そして、複数の薬剤師転職サイトに登録をして、より良い条件を引き出してもらいましょう。