薬剤師転職サイトのコンサルタント│良い悪いの見極めポイント5つ
転職を考えている薬剤師

薬剤師転職サイトの担当者が変な人だったらどうしよう・・・。どういう担当者だったら転職がうまく行きますか?

こういう担当者だったら変えたほう良いという点があれば教えて欲しいのですが。

転職活動中の薬剤師

薬剤師転職サイトの担当者がなんだか頼りない。本当にこの人で大丈夫でしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師転職サイトの担当者(コンサルタント、キャリアアドバイザー)の見極め方のポイント
  • 担当者が頼りなかった時にすべきこと
  • コンサルタント、キャリアアドバイザーの違い

この記事を書いている私は・・・転職経験2回の管理薬剤師です。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。

転職した時の体験をもとにして解説していきます。

薬剤師転職サイトの担当者(コンサルタント、キャリアアドバイザー)の見極め方のポイント

質の良いコンサルタントとはどういう人でしょうか。

    質の良いコンサルタント

  • こちらの話をしっかりと聞いてくれる
  • 顕在化していない不満や希望についてもうまく聞き出してくれる
  • 転職するべきどうかという視点でも相談に乗ってくれる
  • こちらの希望どおりの求人を紹介してくれる
  • 電話やメールでの連絡(返信)が早い

この条件に当てはまるコンサルタントは信頼できると言えます。コンサルタントは、面談でしっかりと転職の希望条件を確認してくれます。
ただ希望条件を聞くだけでなく、転職者が本当に求めていることは何か、どういう職場ならこの薬剤師が活躍できそうかという視点で話を聞いてくれるコンサルタントなら、自分でも気づかないような細かい条件を提案してくれることもあります。

次は質の悪いコンサルタントです。

質の悪いコンサルタント

  • 自分のノルマ達成のために強引に転職を勧めてくる
  • こちらの希望とずれた求人を紹介してくる
  • メールや電話の連絡が遅くなかなか連絡がとれない
  • 連絡が取れない時間帯を伝えているにもかかわらずお構いなしに電話してくる
  • 私が転職した時のコンサルタントはこんな人ではありませんでした。条件の聞き出し方が下手であったり、またこちらの希望条件がふわっとしたものだったら希望とずれた求人を紹介されてしまうこともあります。

    希望とずれた求人を紹介された場合は改めてこちらの希望をしっかりと伝えましょう。

    面談時に希望条件を詳しく聞かず、通いやすい(家から近い)求人だけを大量に紹介してくるようなコンサルタントは、自分の営業成績だけを考えている可能性があります。

    担当者が頼りなかった時にすべきこと

    何度も条件を伝えたのに希望とずれた求人を紹介され続ける、メールや電話でのレスポンスが遅い。なんか頼りない。相性が良くない。

    そういった場合にはどうすべきか。

    結論①:担当者を変えてもらう
    結論②:退会して別の薬剤師転職サイトに登録する

    担当者を変えてもらう

    このコンサルタントに任せるのは不安。
    なんか相性が良くない。
    話が伝わらない、かみ合っていないと感じたら担当者を変えてもらいましょう。

    ただでさえ転職活動は疲れるもの。こちらの味方になってくれるはずのコンサルタントがストレスの元になってしまったら元も子もありません。

    別のコンサルタントに変えてもらえましょう。

    退会して別の薬剤師転職サイトに登録する

    別のコンサルタントに変更してもらえなかったり、変えてもらうことを言うもの嫌だったりする場合は退会します。

    退会しても料金はかかりませんので安心です。

    複数の薬剤師転職サイトにすでに登録済みであれば残ったほうの薬剤師転職サイトに切り替えて転職活動を進めていきましょう。

    薬剤師転職サイトに複数登録しても大丈夫!メリットと注意点のまとめ

    一つの薬剤師転職サイトにしか登録していない場合はすぐに登録をしましょう。

    薬剤師転職支援サイトに登録すると担当者から電話やメールなどで連絡が来ます。

    詳細な流れは⇒「薬剤師転職支援サイトに登録した後は何をすべきか」で紹介しますが、連絡をくれる担当者の呼び方(肩書き)は薬剤師転職支援会社によって様々です。

    薬剤師のための転職支援サービスの内容はほとんど変わりませんが呼び方がいろいろあるのでちょっとまとめてみました。

    薬剤師転職支援サイト別担当者の呼び方(肩書)

    薬キャリ :コンサルタント

    マイナビ薬剤師 :キャリアアドバイザー

    ファルマスタッフ :コンサルタント

    薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ :コンサルタント

    リクナビ薬剤師 :キャリアアドバイザー

    ファゲット :コンサルタント

    ファーマジョブ :コンサルタント

    ジョブデポ薬剤師 :コンサルタント

    ヤクジョ :コンシェルジュ

    呼び名によって業務内容が大きく変わるわけではありません。それぞれの薬剤師転職支援会社の特徴をよく見て選んで登録しましょう。

     おすすめした薬剤師転職サイト