薬剤師転職サイトからの電話は多い?【連絡はメールやオンラインで】
q

電話が苦手な薬剤師

転職しようとしているのですが、電話がたくさんかかってきて大変だと聞いたことがあります。

本当でしょうか?

あまり電話には出たくないのですが、どうすれば良いでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師転職サイトに登録すると電話がたくさんかかってくる?
  • 電話に出たくない、電話が苦手、電話に出られない場合の対処法
  • メールやオンライン(WEB)での相談がおすすめ
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬剤師転職サイトに登録すると初回は原則電話で連絡が来ます。本人確認の意味もあります。電話が難しい場合はメールを中心に連絡を取り合うことも十分可能。今ならオンラインも。用途に合わせて使い分けましょう。

薬剤師転職サイトに登録すると電話がたくさんかかってくる?

薬剤師転職サイトへの登録が完了すると、速攻で電話がかかってきます。


pharma

平日の日中だと数分でかかってくることも。




薬剤師転職サイトから電話で連絡がくるのは、本人確認の意味もあります。

あなたの希望条件に合った求人を探すには、希望条件や現状の不満、考え方を担当者にしっかりと伝える必要があるのですが、メールだと時間がかかりますし、細かなニュアンスを伝えるのが難しい。

その点は電話の方が早くて確実ですね。

その後の連絡手段は、「担当者に直接会う」、「メール」、「オンライン」が選択可能です。

電話、メール、直接会う、オンラインと、使いやすい方法で連絡を取り合って希望通りの薬局を紹介してもらいましょう。

電話に出たくない、電話が苦手、電話に出られない場合の対処法

q

電話は苦手。あまり電話で話をしたくないです。
電話がたくさんかかってきたら困ります。

pharma

その場合は担当者にはっきりと「電話ではなくてメールで」と伝えましょう。

こちらの要望を無視してガンガン電話をかけてくる担当者であったらこちらを参考にしてください。

どうしても電話でないと困るという場合は、あらかじめ電話に出られる時間を伝えておきましょう。


それ以外の時間は出られませんと。

指定をした時間外に電話がかかってきても、その電話には出なくて良いです。

こちらは、薬局に「転職しませんか?」という電話がかかってきて困っている薬剤師向け。

メールやオンライン(WEB)での相談がおすすめ

電話での連絡は苦手という薬剤師が若い方を中心に増えています。

直接会って話をする方が良いなら、直接会って話すをモットーをしているファルマスタッフが良いと思います。

最近主流となっているオンライン、スマートフォンやPCがあれば相手とと1対1で相談ができる。


オンラインは、電話よりも抵抗が少なく若い薬剤師にとって人気の連絡手段です。


オンライン相談に対応している薬剤師転職サイトも増えてきていますので、ぜひ活用しましょう。

ファルマスタッフマイナビ薬剤師ならオンラインでの相談が可能。

電話が嫌という薬剤師にはおすすめです。