【薬剤師の転職スカウト・ヘッドハンティング】採用では使わない
g

スカウトされてみたい薬剤師

薬剤師の転職でスカウトってあるんですか?

薬局で働いていると連絡が来て、年収○○○万円でどうですか?みたいな!

スカウトマンに引き抜かれてみたいです!

薬局にスカウトマンから電話が来て、「年収1,000万円でうちの薬局に入社してもらえませんか?ポストも用意してありますよ。」

こんな話が来たら心が揺れますよね。

スカウトやヘッドハンティングの話が来たらどうしよう?

そんな風に考えている方もいるのではないでしょうか。

pharma

残念ながら、こういった話はありません。少なくとも一般薬剤師や管理薬剤師のレベルでは皆無です。

というのも、薬剤師の採用で他社から引き抜いたりスカウトしたりすることはありません。

もしも近隣の薬局から薬剤師を引き抜いたらどうなるか。考えてみればわかることですね。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • スカウトされた薬剤師も薬剤師をスカウトする人の事も聞いたことがない
  • 薬剤師の採用にスカウトは使わない
  • 転職するならスカウトを待つのではなく自分から動く
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
スカウトやヘッドハンティングは一般薬剤師や管理薬剤師レベルではありません。あるとすれば書籍を出版しているような業界の第一人者か、薬局の経営者くらいです。
通常、薬剤師の採用にスカウトや引き抜きを使う事はしません。もし薬剤師の引き抜きをしたら大変なことになるからです。

薬剤師にスカウトやヘッドハンティングが無い理由

薬剤師にスカウトやヘッドハンティングが無い理由

なぜ薬剤師にはスカウトやヘッドハンティングが無いのでしょうか。

その理由は次の通りです。

薬剤師にはスカウトやヘッドハンティングが無い理由

  • 薬剤師の採用にスカウトやヘッドハンティングは合わないから
  • 薬局は横のつながりが強いので引き抜くといろいろと問題が起きるから
  • 薬剤師転職サイトをつかえばスカウトする必要がないから

薬剤師の採用にスカウトやヘッドハンティングは合わないから

薬剤師の採用にスカウトやヘッドハンティングは合いません。

というのも、有望な薬剤師かどうかがわからないからです。

pharma

スカウトとは、有望な人材をさがし出したり、引き抜いたりすることを言います。ヘッドハンティングもほぼ同じ意味と考えてよいでしょう。

はたしてどの薬剤師が有望な人材であるかなど、他社の薬剤師を外から見るだけでわかるでしょうか?

薬局では薬剤師のレベルに大きな差が生まれにくい以上、少なくとも一般薬剤師や管理薬剤師レベルではスカウトやヘッドハンティングはありません。

もし薬局にスカウトやヘッドハンティングの電話があったら疑ってかかった方が良いでしょう。

業者が名簿を見て、手当たり次第に電話をしているだけです。

あなたの仕事ぶりを見ている人って患者さんと薬局のスタッフ以外にいませんよね?

もし連絡が来てもそれはスカウトではなく、ただの転職斡旋です。

スカウトがきたー!!!と舞い上がって冷静さを失い、変な判断をしないようにだけ気を付けてください。

スカウトやヘッドハンティングがあるとすれば、書籍を出版しているような業界の第一人者や敏腕の経営者だけ。

誰から見ても実績を上げていることが明らかな人なら、スカウトやヘッドハンティングの話が来る可能性は十分にあります。

特定の薬剤師をスカウトする(引き抜く)と問題が起きる

薬局業界は、薬剤師会での集まりや研修会、薬の分譲(小分け)など、会社が違ったとしても薬局間のつながりが強いという特徴があります。

!

隣同士の薬局であっても、薬を融通し合ったりして意外と仲が良いですもんね。

もし、近隣の薬局から薬剤師をスカウトで引き抜いたとしたらどうなるでしょうか。

pharma

『あの薬局は薬剤師を引き抜くようなことをするから気をつけろ』と、すぐに悪い評判が広まるでしょう。

薬剤師の採用に、スカウトを使って引き抜くことをしないのはこういった理由からです。

薬剤師転職サイトを使えばスカウトをする必要が無いから

薬剤師の転職には薬剤師転職サイトが大きな力を持っています。

実際、うちの会社へ転職をしてくる薬剤師の約9割が薬剤師転職サイト経由。

薬剤師転職サイトに求人を出しておけば、向こうから自動的に薬剤師が紹介されます。

もちろん、紹介してくれた薬剤師がうちの会社に入社してくれるかどうかは別問題。

その薬剤師が入社に至ったら、年収の3割程度の額を薬剤師転職サイト側に支払うのですがそれまでは費用はかかりません。

だからあえてスカウトやヘッドハンティングをしてまで薬剤師を引き抜いてくる必要が無いのです。

日経DIキャリアや薬キャリのスカウトサービスは本当のスカウトとは違う

日経DIキャリアや薬キャリのスカウトサービスは本当のスカウトとは違う

q

日経DIキャリアや薬キャリでやっているスカウトサービスは違うのですか?

pharma

日経DIキャリアや薬キャリのスカウトサービスは、厳密に言うとスカウトやヘッドハンティングとは違います。

日経DIキャリアの「薬剤師のスカウトサービス」

日経DIキャリアの「薬剤師のスカウトサービス」は、プロフィールと希望条件を登録しておくと、それを見た紹介会社のコンサルタントから条件に近い求人を紹介してもらえるというサービスです。

プロフィール登録をしておくと、希望に合った求人情報をメールで受け取れます。

結局は薬剤師転職サイト(薬剤師紹介会社)と同じですね。

薬キャリのスカウトサービス

薬キャリのスカウトサービスも日経DIキャリアのスカウトサービスと仕組みは同じ。

希望条件や経験を薬剤師が登録しておくと、その情報を見た薬剤師専門の転職支援会社から、求人や転職情報などのスカウトメールが届くというサービスです。

結局は薬剤師転職サイトを自分で選ぶのではなく、向こうから連絡が来るのを待っているだけということです。

個人情報を垂れ流しているようなものですので、オススメしません。

薬剤師が転職するならスカウトを待つのではなく自ら行動を

薬剤師が転職するならスカウトを待つのではなく自ら行動を

「研修会とかでスカウトされないかな?」

「薬局にスカウトの電話が来ないかな?」

このように待っていても、スカウトされることはありません。

pharma

知り合いの社長に冗談半分で声をかけられるくらいはあるかもしれませんが。

転職を考えているなら、スカウトを待つのではなく自分から動きましょう。

待っているだけでは何も始まりません。

日経DIキャリアや薬キャリのスカウトサービスを使わなくても、こちらから薬剤師転職サイトに登録すれば同じこと。

全く同じ転職サポートサービスが全て無料で受けられます。

 薬剤師の転職にオススメの薬剤師転職サイト

オススメ薬剤師転職サイトランキング

\薬剤師の保有求人数最大/

≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\薬局見学にも同行してくれる!/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

\メールと電話で簡単に転職できる/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。複数の薬剤師転職サイトに登録して効率的に転職活動をすることが常識となりました。

≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

【薬剤師の転職スカウト・ヘッドハンティング】採用で使わない3つの理由(まとめ)

【薬剤師の転職スカウト・ヘッドハンティング】採用で使わない3つの理由(まとめ)

調剤薬局で20年近く働いていますが、『スカウトされて転職した薬剤師』も『薬剤師をスカウトしようとしている人』もどちらも聞いたことがありません。

薬局にスカウトの電話がかかってきたことは一回もないです。

うちの薬局には複数の有能な薬剤師がいますが、それでもスカウトの電話がかかってくることはありません。

pharma

かかってくるのは不動産投資の営業電話ばかりです。管理薬剤師は氏名がWEBサイトで公開されていますから名指しでかかってきます。騙されないように注意しましょう。

転職を考えているなら、ほぼ可能性のないスカウトやヘッドハンティングを待つのではなく、自らの意思でオススメの薬剤師転職サイトの中から複数選んで登録し、転職活動をスタートさせましょう。

おすすめの薬剤師転職サイトはこの4社です。

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

転職に迷っている段階でも登録可能です。