薬剤師がパートで生きるならフルタイム【年収は?正社員との違いは?】
q

フルタイムパートと正社員の違いを知りたい薬剤師

うちの薬局にはフルタイムのパート薬剤師がいます。

いっそ正社員になってしまえば良いと思うのですが、何が違うのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師のフルタイムパートと正社員薬剤師の違い
  • 薬剤師のフルタイムパートの年収
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
薬剤師がパートで生きるならフルタイムパート。正社員に近い年収を稼ぐことも可能。正社員にはない自由度もあります。

薬剤師のフルタイムパートと正社員の違い

時間はあるけど、夫が転勤族なので正社員で働くのはちょっと気が引ける。
夫の休みに合わせたいので固定の曜日に休みが欲しい。


pharma

こんな要望に応えることができるのがフルタイムパートという働き方です。




フルタイムで働くなら正社員の方が良いのではないかと思う方もいるでしょう。


フルタイムパートと正社員の違いについて見ていきます。

フルタイムとは

フルタイムとは、会社が定めた週の所定労働時間のこと。


所定労働時間は1日8時間、週5日勤務の週40時間が一般的です。


週32時間、週36時間という薬局もあります。これは、薬局の開局時間の違いによるものですね。


この所定労働時間分を働くことをフルタイム勤務と言います。


正社員の薬剤師は基本的にフルタイム勤務です。


パート薬剤師のうち、正社員と同じく所定労働時間分働いている人は、フルタイムパートと呼ばれます。


pharma

これでは正社員と何が違うのかよくわかりませんね。違いを見ていきましょう。

雇用形態の違い

フルタイムパートも非正規雇用

フルタイムのパートは非正規雇用であるのに対し、正社員は正規雇用です。


フルタイムのパートでは、雇用期間が決められていることがあります。

フルタイムパートの給与の計算方法

フルタイムパートの給与は、時給×勤務時間で計算されます。


フルタイムで働いたとしても、祝日等で休みが多い月は勤務時間が少なくなりますから、給与は月ごとに変動します。


ちなみに、正社員薬剤師の給与は月給制ですから、月ごとに変動するのは残業代くらいです。

フルタイムパートは賞与(ボーナス)が出ない

パート薬剤師には賞与が支給されないところがほとんどです。賞与の支給があったとしても寸志。お小遣い程度の少額です。


それはフルタイムパートの薬剤師でも同様。賞与は出ないと考えておきましょう。


これに対して正社員の薬剤師には賞与が支給されます。

異動の有無

薬局によって状況は異なります。転居を伴う異動は正社員のみという薬局がほとんどです。

フルタイムパートならできること

正社員では認められないが、フルタイムパートなら認めてもらえることがあります。


具体例を挙げてみましょう。

希望:フルタイムで働くのは問題ないが、毎週土曜日と日曜日はどうしても休みが必要



この薬局は土曜日も開局していて、就業規則では勤務時間は週40時間と定められています。


正社員で入ってしまうと、毎週土日を休ませてもらうのは無理ですね。


でも、フルタイムパートとして月~金、1日8時間の雇用契約を結んでもらえばその悩みは解消します。


雇用契約を結んでいない土曜日と日曜日に、出勤させられることはありません。

このように、正社員で採用されてしまうと難しいという条件も、フルタイムパートならクリアできることもあります。


薬剤師ならフルタイムパートでの勤務を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

薬剤師のフルタイムパートの年収はどれくらい?

薬剤師のフルタイムパートの年収を試算してみましょう。

 時給2,200円 1日8時間 月20日勤務をした場合の月収と年収を試算
(いわゆるフルタイムのパート薬剤師です)

  • 日給:17,600円
  • 月収:352,000円
  • 年収:4,224,000円

勤務する地域によっては時給2,500円が可能な薬局もあります。


時給2,500円のフルタイムパートなら年収はおよそ4,800,000円となります。


薬剤師は、世間でいう非正規雇用による貧困とは無縁。


パートでも十分生きていけます。フルタイムパートなら余裕ですね。

まとめ

  1. フルタイムパートとは正社員と同じ所定労働時間分を働くパートタイマーのこと
  2. フルタイムパートと正社員の違いは様々あるが、フルタイムパートなら認めてもらえることもある
  3. フルタイムパートという働き方も選択肢の一つに加えるべき

フルタイムパートが良いのか正社員の方が良いのか。


それは、あなたがどう働きたいのかで答えが変わります。

数ある薬局の中には週休3日であったり、土日休みのところもあります。


フルタイムパートよりも正社員の方が良いかもしれませんし、派遣の方が良いという場合もあるでしょう。


数ある求人の中から、あなたの希望の働き方ができる薬局を探すのはかなりの労力が必要です。


薬剤師転職サイトをうまく活用すれば、希望に沿った形で勤務できる薬局は必ず見つかります。

 派遣の方が働きやすいかも!おすすめ派遣会社




\ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\パート薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\正社員におすすめの薬剤師転職サイト/

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。