【パート薬剤師の給料】月収・年収・手取りでいくらもらえるのか?
ppq

パートで働きたい薬剤師

パート薬剤師として働きたいと思っているのですが、給料が気になります。

月収とか年収のイメージをつかみたいのですが、手取りだといくらくらいもらえますか?

パートで働きたい薬剤師が最も気になるのは給料のことでしょう。

パート薬剤師の給料は勤務時間や時給によっていろいろですが、手取りがいくらになるかのイメージが湧きづらいのではないでしょうか。

pharma

パート薬剤師の手取り額がいくらになるのか、いくつかの例を挙げて解説していきます。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • パート薬剤師の月収・年収・手取り額
  • パート薬剤師の時給の決まり方
  • なるべく時給が高い薬局を探す方法
  • 求人票の時給よりも高い金額で働く方法(裏技)
結論
時給2,200円のフルタイムパート薬剤師の月収は352,000円、年収は4,224,000円です。手取りは月に28~29万円、年間ではおよそ340万円です

パート薬剤師の月収・年収・手取り額計算

パート薬剤師の月収・年収・手取り額計算

まずはパート薬剤師の月収や年収、手取り額の計算の基となる時給を設定します。

パート薬剤師の時給相場については別記事にまとめてあります。

都市部パート薬剤師の時給は1,800円から2,200円程度。

地方のパート薬剤師の時給は2,000円から2,500円程度。

中には2,500円から4,000円という非常に高い時給を提示している薬局もありますが、パート薬剤師の時給全国平均はおよそ2,200円です。

 パート薬剤師の平均時給

  • 都市部:1,800円~2,200円
  • 地方:2,000~2,500円
  • 全国平均:約2,200円

今回は、パート薬剤師の時給を全国平均の2,200円として計算してみます。

1日8時間、月20日勤務の月収・年収・手取り額

時給2,200円 1日8時間 月20日勤務をした場合の月収と年収を試算してみましょう。いわゆるフルタイムのパートタイマーです。

  • 日給:17,600円
  • 月収:352,000円
  • 年収:4,224,000円

所得税、住民税、社会保険料などを引かれたあとの手取りは、月額約28~29万円、年額約340万円くらいです。

1日6時間、週20日勤務の月収・年収・手取り額

次に、時給2,200円 1日6時間 月20日勤務をした場合の月収と年収を試算してみます。

  • 日給:13,200円
  • 月収:264,000円
  • 年収:3,168,000円

所得税、住民税、社会保険料などを引かれたあとの手取りは、月額約22万円弱、年額260万円くらいです。

1日4時間、週20日勤務の月収・年収・手取り額

午前中のみ勤務を想定して、時給2,200円 1日4時間 月20日勤務をした場合の月収と年収を試算してみます。

  • 日給:8,800円
  • 月収:176,000円
  • 年収:2,112,000円

所得税、住民税、社会保険料などを引かれたあとの手取りは、月額14万5千円ほど、年額約175万円くらいです。

どうでしょうか。パート薬剤師でどのくらい稼げるかのイメージがつかめたのではないでしょうか。

※手取り額の計算は残業代や交通費、扶養親族の有無、前年の住民税などによって異なります(この手取り額は目安です)。

pharma

パートで働いた場合にどのくらいの手取り額となるのか、イメージができたでしょうか。
もっと高い時給の職場ならその分手取り額も増えます。ではパート薬剤師の時給はどのようにして決まるのでしょうか。

パート薬剤師の時給の決まり方

パート薬剤師の時給の決まり方

薬剤師の需給バランスと薬剤師本人の経験年数や能力によってパート薬剤師の時給が決まります。

 パート薬剤師の時給の決まり方

  • 薬剤師の需給
  • 薬剤師としての経験年数・能力

求人票に記載の時給通りでの契約が多いのですが、ここだけの話、交渉によってそれ以上の時給で働くことも可能です。

ご存じでしたか?

薬剤師の需給バランス

パート薬剤師の時給が高くなるか安くなるかは、その地域の薬剤師需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって決まります。

その地域における薬剤師の不足度が高まればパート薬剤師求人の時給は上がる方向に、逆に薬剤師の不足度が低くなれば時給も下がります。

地域によってパート薬剤師の時給に差があるのはそのためです。

時給が下がるといっても、すでに雇用契約を済ませているパート薬剤師の時給が下がるわけではありません。

現在募集しているパート薬剤師の時給が下がるということです。

パート薬剤師だと、どんなに知識や能力がある薬剤師であっても契約できる時給はその地域の相場に合わせられてしまいます。

経験や能力があっても時給がせいぜい100円から200円程度上がるくらい。

もっと高い収入を求めるなら、正社員や派遣薬剤師に切り替えて求人を探してみてはいかがでしょうか。

以下の3社なら、正社員、パート、派遣のすべての求人を取り扱っています。

 正社員、パート、派遣のすべての求人を取り扱っている薬剤師転職サイト

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

パート薬剤師の求人をハローワークで探す方もいますが、オススメできません。

その理由は、ハローワークの求人票には薬剤師の不足度合いが反映されていないから。

慢性的な薬剤師不足の薬局は求人を通年で出しています。

特にハローワークには求人を出したままにしていますし、自社のWEBサイトにも同じ条件で掲載し続けています。

繁忙期や急な薬剤師の退職のため、急遽薬剤師が必要となってしまった際、雇う側はどうすると思いますか?

緊急事態なのでパート薬剤師の時給を高くしてでも薬剤師を雇いたいと考えるのは当然ですね。

でも、募集要項や求人票に掲載する時給を上げることはしません。

なぜでしょう。

もしここで自社ホームページに掲載しているパート薬剤師の時給を上げてしまったら・・・

当然、既に働いているパート薬剤師から文句が出ますよね。

だったら私の時給も上げてよと。

その会社のパート薬剤師全員の時給を上げたら人件費が上昇してしまい大変なことになってしまいます。

こういった理由で、薬局のホームページの募集要項やハローワークの求人票のパート薬剤師の時給には緊急度が全く反映されないのです。

あえて反映させていないというほうが適切でしょう。(※該当するパート薬剤師がいなければホームページやハローワークの求人票の時給を上げることもあります。)

そのため、求人票には「時給2,000円~」や「時給2,000円から2,500円」というように幅を持たせた形での掲載となっているのです。

これではあなたがいくらの時給で契約できるのかわかりませんね。

 パート薬剤師の求人にコロナの影響が出ていますご注意ください
コロナの影響で薬局の処方箋受付枚数が減っています。薬局の業績が悪化していることもあり、パート薬剤師を必要としている薬局が減少しています。

コロナによるパート薬剤師への影響はこちらにまとめましたのでご覧ください。

薬剤師としての経験・年数

薬剤師の需給で決まる時給に加えてパート薬剤師の経験と年数による金額が加算されます。

例として、調剤経験の有無(年数)、在宅経験の有無で時給が上乗せされます。

正しく伝えて時給の上乗せを勝ち取りましょう。

時給に幅がある場合、いくらで契約できるのか。

それは交渉次第です。

あなたは交渉が上手い方でしょうか?

パート薬剤師こそ薬剤師転職サイト経由で求人を探すべきです。

なぜ、パートで働きたい薬剤師が薬剤師転職サイトに登録すべきなのか。

それは、求人探しから薬局見学や面接の日程調整、時給の交渉などを全てあなたの代わりに無料で行ってくれるからです。

交渉は転職サイトのコンサルタントにお任せ。

交渉で100円の時給アップに成功したら、フルタイムパートで1万円以上も月の手取りが増えます。

もちろん、増えた手取りは全額あなたのもの。

パートで働きたい薬剤師こそ、薬剤師転職サイトを利用すべき理由はここにあります。

時給が高いパート薬剤師求人の探し方

時給が高いパート薬剤師求人の探し方

薬剤師転職サイトに登録して、担当のコンサルタントから求人を紹介してもらいましょう。

オススメの薬剤師転職サイトは以下の4社。

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

マイナビ薬剤師のみ派遣の取り扱いがありませんが、正社員とパートの求人は4社とも取り扱っています。

pharma

うちの会社が薬剤師を採用するのはいつもこの4社からの紹介。実績十分の信頼できる薬剤師転職サイトです。

各転職サイトのそれぞれの特徴はこちらにまとめました。

大手4社の薬剤師転職サイトの特徴と総合ランキング

薬剤師転職サイトの登録からの流れはこちらにまとめました。

あなたはパートでしか働けないと思い込んではいないでしょうか?

実はもっと良い条件の派遣薬剤師として働けるかもしれません。

正社員のほうが働きやすいかもしれません。

薬剤師転職サイトのコンサルタントは、あなたにとってピッタリの働き方も提案してくれます。

パート薬剤師が求人票の時給より高く契約する方法(裏技)

パート薬剤師が求人票の時給より高く契約する方法(裏技)

求人票に記載されている時給よりも高い金額で働きたいなら、求人票の時給で契約してはいけません。

大事な事なので繰り返しますが、雇用契約を結ぶ前には給与交渉を行いましょう。

 パート薬剤師の時給交渉の例

  • 賞与はいらないから、その分時給を上げてほしい
  • 土曜日は毎週出勤するので時給を上げて欲しい
  • 夕方から出勤可能なのでその分時給を上げてほしい


こういうパート薬剤師なら採用されやすい⇒時給アップの可能性あり

パート薬剤師は、募集要項や求人票に掲載されている時給のままで働いてはいけません。

ここまで読んだら求人情報に掲載されている時給で働こうとはしていないですよね。

本当はもう少し高い時給を出してでも薬剤師が欲しい。このように考えている薬局はたくさんあります。

薬剤師が不足している地域では、時給は2,500円から3,000円で募集をかけているところも。

派遣薬剤師よりは安く上がるという計算なのかもしれません。

  • 薬剤師が不足しているのはどの地域なのか。
  • 同じ県内でもどの地域なら給与水準が高いのか。

こういう情報は薬剤師転職支援サイトのコンサルタントがたくさん持っています。全て無料なので積極的に活用しましょう。

パート薬剤師として働きたい場合も薬剤師転職サイトを利用できます。

というか、利用すべきです。

正社員の薬剤師同様、パート薬剤師の求人案件もたくさん保有していますのであなたの希望条件に合った求人を複数紹介してくれます。

薬剤師転職サイトのコンサルタントなら、どこの薬局の薬剤師が不足しているのかを把握していますので、給与交渉で時給アップの可能性が高まります。

pharma

専任のコンサルタントとの面談の中で、実は派遣薬剤師して働いた方が理想に近くなるということが判明し、さらに時給が高い派遣薬剤師として働いている薬剤師もいます。

働き方で損をしないためにもプロの力を借りて転職活動を進めましょう。

折り込み広告やハローワークの薬剤師の求人にそのまま応募してはいけない。
パート薬剤師の求人を自力で探しているのであればすぐに止めてください。

もしこのまま自力でパート求人を探しつづけると、毎月3万円を捨てることになります。

 毎月3万円をドブに捨てずに自分の財布に入れる方法
パート薬剤師Aさんは1日6時間勤務、週に5日間(月20日で120時間)勤務です。

2,200円(時給)×6(時間)×20(日)=月収264,000円 年収は3,168,000円

もし、給与交渉でパート契約の時給が300円アップしたら月収はどうなるでしょうか。

2,500円(時給)×6(時間)×20(日)=月収300,000円 年収は3,600,000円

月に36,000円、年間で432,000円の収入アップです!!

月に36,000円多く収入が得られれば生活が楽になりますね。

時給を300円高く契約するのは大変そうですが、パート薬剤師採用ではよくあることです。

パート薬剤師が求人探しで損をしないためには薬剤師転職サイト経由で求人探しを

パート薬剤師が求人探しで損をしない方法は、薬剤師転職サイト経由で求人探しをすること。

登録から相談、就職(転職)まで全て無料です。

あとから費用を請求される事もありません。

あなたの希望を伝えれば希望に合った求人を紹介してもらえます。

交渉で時給アップも狙いましょう。

そして、働きやすい理想の職場でガンガン稼いじゃいましょう!

条件の良い薬局の薬剤師求人は、情報が出るとすぐに応募が殺到して終了してしまいます。

紹介は早い者勝ち。今すぐ薬剤師転職サイトに登録しておきましょう。

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

 パート薬剤師の求人に強い薬剤師転職サイト