パートで働きたい薬剤師必見!求人が少ない時に取るべき3つの方法
ppguru

パート求人が少ないと感じている薬剤師

パート薬剤師の求人が少ないと感じています。

なかなか良いところが見つかりません。

何か良い方法はないでしょうか。

確かに最近ではパート薬剤師の求人が減少傾向です。希望に合うパート薬剤師求人が少ないと感じている方も多いのではないでしょうか。

あなたも希望のパート薬剤師求人が見つからなくてお困りではないですか?

パート薬剤師の求人が少ない理由は様々ですが、実はそんな状況でもしっかりと希望に近い条件でパート求人を勝ち取っている薬剤師がいます。

pharma

パート薬剤師の求人が少ない状況においても、求人を勝ち取ることができる方法を解説します、

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
パート薬剤師求人が少ないと思っても大丈夫。実のところ、求人を出していなくても、おっ!と思う薬剤師がいたら採用してしまいます。求人が出ていないからといって諦めてはいけません。

パート薬剤師求人を最も多く持っていると言われているファルマスタッフで比較してみましょう。

コロナ前には2万件を超えていたパート薬剤師求人数が、直近では1.4万件にまで減少しています。

パート薬剤師求人が少ない中、どうすれば希望に沿ったパート薬剤師求人を見つけやすくなるのかをまとめてました。

パート薬剤師求人の正しい探し方は薬剤師専門の求人サイトを利用すること

パート薬剤師求人の正しい探し方は薬剤師専門の求人サイトを利用すること

あなたは大丈夫だと思いますが、パート薬剤師求人を探すときにネットで「パート薬剤師 求人 ○○(地名)」などと検索をしてはいないでしょうか?

検索をすると近所の薬局のパート薬剤師求人が表示されると思いますが、そこにそのまま応募すると損をしてしまいます。というのも、本当はもっと高い時給で働ける可能性があるからです。

パート薬剤師求人が少ない中でも希望通りの働き方ができる求人を探したいなら、薬剤師専門の求人サイトを利用してください。これは必須です。

薬剤師求人サイトは正社員が転職で使うものでは?と思う薬剤師もいることでしょう。実際は違います。

パート薬剤師の求人探しこそ、薬剤師専門の求人サイトを利用すべきなのです。薬剤師専門の求人サイトは薬剤師転職サイトとも呼ばれ、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリアポプラス薬剤師が有名です。

パート薬剤師の求人探しこそ、薬剤師転職サイトを利用すべきなのはメリットが大きいから。パート薬剤師の求人探しに薬剤師転職サイトを利用すべき理由はこちらにまとめました。

薬剤師転職サイト経由なら、公開されていない求人も含めてあなたの希望に合ったパート薬剤師の求人を紹介してくれます。

求人を出していない薬局にもあなたを売り込んでもらえますので、パート薬剤師を募集していない薬局で採用されるのも珍しい事ではありません。

あなたがもし薬剤師転職サイトに登録をしないでパート薬剤師の求人探しをしていたのなら、今すぐ登録を。

パート薬剤師に強い薬剤師転職サイトはこちら。

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。


すでに薬剤師転職サイトに登録しているけど、希望の求人が少ないという薬剤師の方は次をご覧ください。

パート薬剤師求人が少ない・見つからない時に取るべき3つの方法

パート薬剤師求人が少ない・見つからない時に取るべき3つの方法

 薬剤師転職サイトに登録したにも関わらずパート求人が少ない時にすべきこと事

  • 希望条件をほんの少しだけ緩める
  • 求人が出やすい時期まで少し待つ
  • あなたの能力(強み)を売り込む

この3つを行うとあなたの希望の求人が見つかる可能性が高まり、さらには薬局に採用される可能性が格段に高まります。

pharma

面接をしていて思うのですが、特に3つ目の『強みを売り込む』ことをしない薬剤師が多すぎます。

希望条件をほんの少しだけ緩める

平日の午前中のみの薬局パート求人は大変少ない状況です。そう簡単には見つからないでしょう。午前中のみのパートは人気が高すぎる上に、辞める人が少ないからです。

でもあきらめてはいけません。

パート薬剤師の求人は必ず見つかります。

但し、条件があります。あなたが働きたい時間帯や曜日などの希望条件を、ほんの少しだけゆるめることはできないでしょうか。ほんの少しだけで良いのです。

勤務開始時間を早める

例えば、勤務開始希望を朝9時から8時半からにできないでしょうか。早い時間帯の薬剤師の確保ができていない薬局もあります。

8時から勤務可とすればさらにインパクトが高まります。

勤務終了時間を遅くする

午前中だけ働きたいという気持ちは痛い程わかります。でもそこを13時までや、14時まで可にはできないでしょうか。このくらいの時間までいてくれると、他の薬剤師を昼休憩に入れられる余裕が生まれます。

閉局までいられる日を作る

例えば週に1,2日だけでも最後までいられる日は作れないでしょうか。最後までいてくれる日があるだけでシフト作成の幅が広がります。責任者は大変喜ぶことでしょう。

ほかの薬剤師が働きたがらない時間帯に働く

パート薬剤師求人は減っている状況の中でも、なかなか応募してもらえない薬局ががあるもの事実です。特に、土日や夜間など、薬剤師が働きたくないと思う時間帯の求人はなかなか埋まりません。土日、夜間に働けたりしないでしょうか?

勤務エリアを広げる

希望のパート薬剤師求人が見つからない時には、探していた範囲を少し広げてみてください。

片道15分では少なかった求人も、片道30分まで広げることができれば見つかる求人は増えるはずです。交通費も出ますから、ついでに買い物などしてしまうことを考えたらどうでしょう。

場所によってはかえって好都合かもしれません。

職種を変えてみる

たとえば調剤薬局だけで求人を探していたのを調剤併設のドラッグストアまで広げる。病院まで範囲を広げる。思い切って企業にまで広げる。これだけでも選択肢がかなり増えるでしょう。

職種を拡げて考えることで、あなたの可能性もさらに広がるかもしれません。

希望時給を下げる

あまりしたくはないことですが。、希望の時給を下げることによって求人が見つかることもあります。

時給の相場が2500円の地域だったら、2300円に。時給の相場が2000円の地域だったら1800円以上というように、希望の時給を下げてみると意外と求人は出てくるものです。

求人が出やすい時期まで少し待ってみる

パート求人が出やすい時期とはいつでしょうか。正社員の薬剤師が多く辞めるのはボーナス後。

パート薬剤師が多く辞めるのは、夫の転勤が決まる時期(2月~3月)です。

今この時点では求人が出ていないとしても、来週や来月には求人が出てくるということも珍しくはありません。急いで職に就かなければならない理由がないなら、ちょっと待ってみるもの一つの作戦です。

あなたの能力(強み)を売り込む

あなたには他の薬剤師よりも秀でた能力や知識があるのではありませんか?ずば抜けていなくても、何か得意分野があるはずです。

  • 小児科の服薬指導なら何でも大丈夫
  • 病院薬剤師の経験があるから輸液や栄養のことならお任せを
  • 在宅なんてチョロいもの

アピールしてください。あなたの強みを。

薬局が欲しがっているピッタリな人材が応募してきたら求人を出していなくても採用されるかもしれません。

薬剤師を採用するのは、求人を出しているところだけとは限りません。

あなたの強みをどんどんアピールして、「ぜひうちに来てください」と言われるくらいになりましょう。

これも、薬剤師転職サイトを利用していればこそできることです。利用していなければ、うちは今は募集していませんと言われて門前払いとなるでしょう。

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

ppguru

でも私には強みなんて・・・。

pharma

絶対何かあるはずです。リスクマネジメントに強いとか、かかりつけ薬剤師を取るのは簡単とか、なんでも良いのです。

アピールしましょうといっても、自分で応募して面接で強みを伝えるのはかなり勇気がいるでしょう。でもあなたがすでに薬剤師転職サイトに登録をしているなら、コンサルタント経由でそれを伝えてもらうことが可能です。

普通のパート薬剤師は要らないけど、こういう強みを持った薬剤師なら雇いたいと考える薬局が必ずあります。求人が出ていなくても、逆求人でアピールしてもらいましょう。

パートで働きたい薬剤師必見!求人が少ない時に取るべき3つの方法(まとめ)

パートで働きたい薬剤師必見!求人が少ない時に取るべき3つの方法(まとめ)

パートで働きたいが求人が少なくて困っている。そんな時に取るべき3つの方法です。

まずは大前提として、薬剤師転職サイト経由で求人探しをすること。

pharma

薬剤師転職サイト経由なら、あなたを薬局に売り込んでくれます。求人を出していない薬局でも採用される可能性があります。

 求人が少ない時に取るべき3つの方法

  • 少ないパート薬剤師求人も薬剤師求人サイトなら見つかる
  • 希望条件を少し緩めることも検討する
  • 求人が出ていなくてもこちらから売り込んで採用してもらうこともできる

さあ、今すぐ行動しましょう。好条件の求人を他の薬剤師に取られてしまわないためにも。求人の応募は早い者勝ちです。

  1. まずは薬剤師転職サイトに登録をします。ここは実績十分のファルマスタッフをおすすめします。
  2. 希望の条件を伝え、求人を紹介してもらう。
  3. 希望通りの求人が見つかったら応募。見つからない場合は次のステップへ。
  4. あなたの強みをアピールして逆求人を取ってきてもらう。

結論:パート薬剤師の求人を探すなら、薬剤師転職サイトに登録することが必須。

理由:求人を出していない薬局に対してアピールをしてもらうのは個人では難しいから。

今すぐ行動して、好条件のパート薬剤師求人を勝ち取りましょう。

※後回しにしていると他の薬剤師に求人が取られてしまいます。求人探しで損をしないためにも、本日中に行動しましょう。すぐ行動すれば幸運はあなたの手の中へ。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

公開求人数施設種類雇用形態
41,000件以上薬局、病院、ドラッグストア、企業正社員、パート派遣
相談方法おすすめの薬剤師特記
直接面談、電話、メール、オンライン女性、20代、30代薬局見学にもコンサルタント同伴実績あり