訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導の処方せんを得るためにやるべきこと
q

在宅をやりたい薬剤師

在宅ができると言われてこの薬局に入ったのですが、そもそも指示が入った処方せんが来ません。

訪問薬剤管理指導の指示が入った処方せんはどうやったら来ますか?

menaseru

在宅の処方せん獲得を指示されている管理薬剤師

地域支援体制加算の算定のために在宅の処方せんが必要です。

どうすれば在宅の処方せんが来るのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 在宅(訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導)の処方せんを獲得するためにすべきこと
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:何もせずに待っているだけでは在宅の処方せんはまず来ません。薬局側から獲得を目指す行動をとることが必要です。

在宅医療と言っても、薬局でやっている業務の延長線上です。


薬局で服薬指導ができる薬剤師なら在宅をすることは難しいことではありません。


もはや在宅をやるとかやらないとか言っている場合ではなく、薬局として在宅の実施は義務です。

在宅の処方せんを応需して経験を積んでいきましょう。

在宅(訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導)の処方せんを獲得するためにすべきこと

  • 在宅応需可能であることをアピールする
  • 往診している医療機関に挨拶に行き、近くに患者さんがいたらぜひうちにと伝えておく
  • 地域のケアマネさんと連絡を取り、在宅可能であることをアピールする
  • 地域包括支援センターに訪問し、連絡を密にとる
  • 薬局に来ている患者さんで在宅が必要そうな人をピックアップし、担当のケアマネさんや主治医に提案する
  • 近隣に有料老人ホームができるという話を聞いたら即営業をかける

在宅応需可能であることをアピールする

薬情に申し訳なさそうに「当薬局は在宅医療に取り組んでいます」と書いてあるくらいではだめです。


算定要件のための記載や薬局の入り口の掲示だけではアピールしていることになりません。

pharma

薬情や入り口の掲示をみて、在宅お願いしたいんですけどと言われることはまず無いです。

在宅の処方せんがゼロの時には、こんなこと書いて在宅の処方せんが来たら困るなーと思っていましたが、そのような心配は無用です。

来ません。


まずは患者さん向けに、『薬剤師が家に行って薬の整理などできますよ』ということをアピールしましょう。


そして地域に向けては、薬局のホームページや薬剤師会作成の薬局リストに在宅を積極的に受けていることを記載してもらいましょう。


往診医やケアマネは薬剤師会の薬局リストを参考にして薬局を探していることが結構あります。

往診している医療機関に挨拶に行き、近くに患者さんがいたらぜひうちにと伝えておく

薬局周辺に往診をしている医療機関があると思います。


在宅専門医の場合もありますし、外来と訪問診療の両方を行っている医師もいることでしょう。


面会して在宅対応が可能であることをアピールしてください。


近所に患者さんがいた場合に話が来るかもしれません。

地域のケアマネさんと連絡を取り、在宅可能であることをアピールする

薬剤師も在宅医療に加われますということからまず説明しましょう。


知らないケアマネさん結構います。


ケアマネに対する勉強会を開催するのも良いですね。

  • どんな患者さんに対して保険適応になるのか。
  • 医師からどのような指示がくれば薬剤師が行けるのか
  • 薬剤師が訪問に来るとケアプランへの影響はあるのか

このあたりを説明しておくと良いと思います。

地域包括支援センターに訪問し、連絡を密にとる

要介護の前の要支援の段階では地域包括支援センターに情報が集まります。


心配な患者さんがいたら連絡をもらえるようにしておくとその後の在宅処方せん応需につながります。

薬局に来ている患者さんで在宅が必要そうな人をピックアップし、担当のケアマネさんや主治医に提案する

薬剤師の介入が必要な患者さんは目の前にいた。


そんなこともあります。


投薬カウンターでは「残っている薬はないですよ」と言っていても実は家の薬はめちゃくちゃだった。


こんな患者さんには薬剤師の在宅が必要かも

  • 受診間隔がおかしい人
  • 薬が飲めていないと疑われる人
  • 病状が安定していない人
  • 本人は一人暮らしで、家族がいつも薬を取りに来る人
  • 輸液や経管栄養剤の処方が多い
  • 実は往診しているが家族が処方せんを取りに来ている

薬局にいるだけではご自宅の状況まで知ることはできません。


欠品した薬を届けに行ったときに家の中の状態がわかるかもしれません。


患者さんの生活が見えてくるはずです。


点数の算定はできませんが、これだって在宅の大きな一歩です。


欠品した薬を届けた際にはっ、ただ薬を置いてくるだけでなく薬の保管状況などを確認させてもらいましょう。

近隣に有料老人ホームができるという話を聞いたら即営業をかける

有料老人ホームには薬剤師の訪問が必要な患者様が多くいらっしゃいます。


施設によっては事前に薬局と契約してしまっているところもありますがあきらめてはいけません。


入れるチャンスがあるのかどうかも含めて一度訪問しておきましょう。

 どこの薬局も最初は在宅ゼロからのスタート

これをやればどれかが当たって、「在宅受けられますか?」という電話が来ます。


しっかり行動すれば在宅の処方せん獲得は難しいものではありません。

うちの薬局は最初はゼロでした。


ですが、今では複数の医療機関の往診医から依頼が来ます。


有料老人ホームの入居者さんの訪問薬剤管理指導をすべて自薬局で対応しています。


現在では1カ月で20名の患者さんの訪問薬剤管理指導を行っています。


このように、最初はゼロでも大丈夫。


みんなゼロからのスタートです。


依頼があったら断らないでとりあえずやってみる。


1回断ったら次はありません。


やってみるとそんなに大変ではないです。


1人薬剤師の薬局だから無理というのもわかります。


訪問日時は患者さんとの相談ですから、外来の調剤が落ち着いた時間にお伺いすることも可能です。閉局後の訪問でも良いでしょう。

話がきたらまずはやってみる。


これで道が開けます。

 在宅経験ゼロは薬剤師にとって非常に厳しい時代です

在宅やりたいのにできない。


勤務している薬局が在宅医療に消極的であったり、依頼を断っていたりするとなかなか在宅業務を行うチャンスが回ってきません。


在宅ができない薬剤師は不要という時代がやってきます。


今現在で在宅経験ゼロは結構厳しいですね。

そうならないように、今から在宅の経験を少しずつ積んでおきましょう。


在宅の経験を積めない環境で働いているなら、在宅業務のある環境に身を置くのも必要かもしれません。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトなら在宅を積極的に行っている薬局を紹介してくれます。

 調剤薬局への転職に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • リクナビ薬剤師|人材領域のプロであるリクルートが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス。早さに定評あり。急ぎで転職先を探したいならここ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。

薬剤師転職サイト別「在宅あり」薬局求人検索方法のまとめ。