調剤薬局の処方せん枚数・受付回数を増やすためにやるべきこと
menaseru

薬局の処方せん受付回数を増やすようにと強く言われて困っている管理薬剤師

薬局の管理薬剤師をやっているのですが、最近売上が落ちてきています。

上からは処方せん受付回数を増やすよう言われているのですが、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局の処方せん受付回数を増やすためにやるべきこと
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬局の処方せん受付回数を増やすためにやるべきことはいろいろありますが、これをやれば確実に増えるといった簡単なものではありません。でもやらなければ増えません。

会社の上の人達は売上を増やせ、受付回数を増やせ、技術料を上げろなどと簡単に言いますが、そんな簡単ではないことは薬局で働いている薬剤師ならすぐにわかりますね。


まずは1枚の処方せんを獲得し、次回も引き続き調剤させていただく。


そして、その方が口コミなどで別の方を連れてきてくれる。


このような正のスパイラルを回していかなくてはなりません。

本気で処方箋受付回数を増やしたいならどうすれば良いかを、管理薬剤師経験15年以上の私が経験を基にまとめました。


全て実行するのは無理としてもできるところから始めましょう。


もちろんこれをやったから処方せん受付回数が増えるというものでもありませんが、やらなければ減ることはあっても絶対に増えません。

処方せん受付回数を増やす方法

門前医療機関からの処方せんの取りこぼしを防ぎつつ、面処方を増やしていく。


薬局の処方せん受付回数を増やすには、この作戦しかありません。

薬局の処方せん受付回数を増やすためにやるべきこと

  • どこの病院・クリニックの処方せんも受付可能であることをアピールする
  • 在庫が無くても断らない
  • のぼりを立てる
  • 薬局周辺の掃除をする
  • 薬剤師・事務の接遇を改善する
  • 待ち時間を短くする
  • 待合室を改善する
  • 定休日を減らす
  • 開局時間を長くする
  • 在宅処方せんを獲得する
  • 近隣医療機関への挨拶周り
  • 病院・クリニックへの情報提供

どこの病院・クリニックの処方せんも受付可能であることをアピールする

薬局ならどこの病院・クリニックの処方せんでも調剤できるということをまだ知らない人は結構多いです。


その病院の前の薬局でしか薬をもらえないと思っている人にしっかりと説明して処方せん獲得につなげましょう。

お薬手帳を見るときは相互作用や重複ばかりでなく、うちでも調剤可能ですというアピールにも活用していきます。


薬局の近くにお住まいの方なら、次回から処方せんを持ってきてくれる可能性だってあります。


ご家族の処方せんもうちで調剤できることもアピールしておきましょう。

のぼりを立てる

のぼりを立てたって意味がないと思われる方は多いかもしれません。


でも実際に、こののぼりをみて処方せんをもってきてくれる方が複数いらっしゃいました。


前からずっとその場所に薬局があっても、用事が無い人にとってはただの風景です。


ちょっとでも目立たせる、気づかせることができれば安いものです。


ずっと同じのぼりを立て続けてもまた単なる風景と化してしまいますから、定期的に交換すると良いでしょう。


例えばこんなのです。

在庫が無くても断らない

「他の薬局で在庫が無いと言われて・・・。3軒に断られたのですが、こちらには在庫ありますか?」


このように言われることは珍しくありません。


在庫が無くて調剤を断っている薬局のおかげでうちの薬局の処方せん受付回数が増えていきます。


うちの薬局にも在庫が無かったのですが、明日の午前中にはそろいますとお伝えしたところ再来局していただけることになりました。


その方は引き続き当薬局をご利用いただいています。


当たり前のことができていない薬局も結構多いので、当たり前のことをするだけで処方せん受付回数は増やせます。

薬局周辺の掃除をする

薬局周辺の掃除を毎朝しっかりと行いましょう。


きれいにしたからと言って処方せんが増えるわけではありませんが、汚くしていれば増えることはないでしょう。


薬局前の歩道や駐車場、駐輪場もきれいにしておきましょう。


薬局は清潔感が命。ドアや窓ガラスもピカピカにしておきます。


壁や看板の劣化は致命傷となります。

薬剤師・事務の接遇を改善する

来てくれた患者さんが次も来てくれるかどうかは薬剤師と事務の接遇・応対がどうだったかでほぼ決まります。


接遇が悪かったら二度とその薬局には来てくれません。


薬局の顔は事務さんです。


誰かが薬局に入ってきても挨拶もしないような状態なら今すぐ直しましょう。

待ち時間を短くする

接遇や応対に問題が無くても、待ち時間が長いと患者さんは離れていきます。


薬局内の動線の改善などで待ち時間を短くする努力をしましょう。


待ち時間を短くすることができないのであれば、待ち時間を長く感じさせない努力も必要です。


後何分で薬を渡せるのかの目安をお伝えするだけでも、待ち時間の印象は全く異なります。


いつできるのかわからない状態で待たされるのは非常に長く感じます。


調剤予約ができるアプリを導入して患者さんに使ってもらうのも良いでしょう。

待合室を改善する

待ち時間を長く感じさせない工夫にもつながります。

  • 新聞・雑誌を増やす
  • 健康関連の小冊子を増やす
  • テレビを置く
  • OTCを充実させる
  • 室温・湿度を快適に保つ

きれいで快適な空間であれば待ち時間だって苦ではなくなります。

定休日を減らす

地域支援体制加算を算定するために平日の定休日を無しにしました。


その結果面処方せんが相当数増加しました。


薬局がどのような場所に建っているのかにも大きく左右されますが、住宅地や商店街など周辺人口が多く人通りが多い場所であれば面処方せんの獲得につながります。


近隣の医療機関の診療日を調べてみると良いでしょう。

開局時間を長くする

近隣の医療機関の実情に合った開局時間にしておく必要があります。


昼休みとして2時間くらい閉めている薬局もいまだに存在していますが、面処方せんを取る気が無いと言われても仕方ないですね。


朝から夜まで開いている薬局なら患者さんも処方せんを持って行きやすいです。


究極は定休日なしの24時間開局。


薬局の近くでこれをやられたら相当厳しいです。

在宅処方せんを獲得する

 在宅の処方せんを獲得する方法

  • 往診している医療機関に挨拶に行き、近くに患者さんがいたらぜひうちにと伝えておく
  • 地域のケアマネさんと連絡を取り、在宅可能であることをアピールする
  • 地域包括支援センターに訪問し、連絡を密にとる
  • 薬局に来ている患者さんで在宅が必要そうな人をピックアップし、担当のケアマネさんや主治医に提案する
  • 近隣に有料老人ホームができるという話を聞いたら即営業をかける

これをやれば在宅の処方せん獲得は難しいものではありません。

近隣医療機関への挨拶周りと情報提供

近隣医療機関へ定期的に挨拶周りをしておきます。


気になる患者さんがいたら、ただ報告書をFAXするのではなく直接持参し医師と面会させてもらいます。


顔が見える関係性が作れるかどうかは非常に大切です。


場合によっては医師から薬局を紹介してくれることさえあります。


また、医師だけでなく受付の方とも顔見知りになっておくと良いでしょう。


受付の方に紹介されて処方せんを持ってきてくれる方もいらっしゃいました。

ここまで、薬局の処方せん受付回数を増やすにはどうすれば良いかを書いてきました。


管理薬剤師であれば、薬局運営に、一般薬剤師であれば設定した目標の達成のために使っていただければと思います。

上が口ばっかりで何も現場で対応してくれない。アドバイスもくれなくて困っている。

そのくせ数字ばっかり細かくて・・・。

そんな会社で働く意味ってありませんね。

今すぐには転職しようと思っていなくても、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録して情報は集めておきましょう。

他の薬局に行けるということがわかっているだけで、こんな会社なんていつでもやめてやると思えるので気持ち的に楽になりますよ。