【薬剤師向け在宅業務あり求人の探し方】メリット・デメリットも
q

在宅をやりたい薬剤師

在宅ができると言われてこの薬局に入ったのですが、そもそも指示が入った処方せんが来ません。

人が足りないからと在宅の依頼は断っているみたいです。

在宅ができる薬局の求人の探し方を教えてください。

men?

在宅医療に積極的に携わりたい薬剤師

うちの薬局は採算性の問題と、人手不足の問題があるから在宅医療にはあまり積極的ではないんです。

在宅医療をたくさんしている薬局に転職したいのですがどのように探すと良いでしょうか?

  • 在宅をやりたいけれど、うちの薬局では在宅の処方せんが来ない
  • 在宅をやりたいけど人手が足りないからとうちの薬局は断っている
  • 在宅をやりたいのに今の薬局ではずっとできなそう

あなたもこのようなことで悩んでいませんか?

転職するなら在宅ありの薬局にすべき理由はたくさんあります。

転職するなら在宅ありの薬局がよい理由

  • 在宅をやっていない薬局は将来性が無い
  • 在宅のスキルは薬剤師にとって必要
  • 在宅件数が少ない薬局は、各種加算が取れずに薬局経営が悪化する可能性が高い

≫転職せずに今の薬局で在宅の処方せんを獲得するための方法

pharma

今回は積極的に在宅医療に参加したい薬剤師向けに、在宅医療に積極的な薬局に転職する方法を解説します。

この記事を読めば、在宅を積極的に応需している薬局求人の探し方がわかります。

本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
在宅をやりたがらない薬剤師はとても多いです。だからこそ、どの薬局でも在宅をやりたいと思っている薬剤師を欲しがっているのです。

在宅をやっていない薬局から在宅をやっている薬局へ、今のうちに転職しておくことは完全に「あり」です。

≫【薬剤師求人の探し方】正しい方法なら転職先が必ず見つかる!

在宅医療への参加は薬局薬剤師にとって、重要な業務に位置付けられています。在宅をやっていない薬局は薬局にあらずと言わんばかりに、地域支援体制加算の算定要件にもなっているのはご存じのとおり。

地域支援体制加算の算定要件のうち、満たせていないのは在宅だけという薬局も多い事でしょう。現在の地域支援体制加算の算定要件では、直近1年間で在宅薬剤管理の実績が24回以上必要です。

過去には年間に1回でも実績があれば要件を満たしていました。今後この要件がさらに厳しくなっていくことは確実です。

在宅をやっていない(できていない)薬局は、地域支援体制加算の算定ができず利益が出にくい構造となっています。

これでは薬剤師の賃金は上がりません。今のうちに、在宅にしっかり取り組んでいる薬局に転職するのが良いでしょう。

在宅専門薬局(在宅に特化した薬局)に転職する方法

在宅専門薬局(在宅に特化した薬局)に転職する
厳密には在宅専門薬局は存在しません。

処方せんが持ち込まれたら外来の調剤も行いますので、在宅に特化した薬局が正しい呼び方でしょう。

通常、在宅専門薬局は周辺に医療機関が少ない(処方せんがあまり来ない所)に立地しています。

薬剤師転職サイトの担当者に調べてもらう

在宅に特化した薬局を自分で探すのはかなり難しいです。

その理由は在宅特化薬局の区分は存在しないから。後述する医療情報検索システムでも出てきません。

在宅に特化した薬局を探すなら、薬剤師転職サイトの担当者に聞いてしまうのが最も早くて確実です。

薬剤師は皆さん真面目なので何でも自分で調べたり考えたりしてしまいます。

どうせ無料なのですから、薬剤師転職サイトに登録して担当者に調べてもらいましょう。

転職目的であればどこに在宅に特化している薬局があるのか、求人は出ているのかをすぐに教えてくれます。

薬剤師保有求人数最多級
20代から40代の転職に特に強い
全国15会場で直接面談可能(業界最多)

\求人紹介・交渉力に定評あり/

≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\聞く姿勢重視!相談できる/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分
パート・派遣求人も取扱あり!

\地方在住の薬剤師にオススメ/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!
メールと電話でかんたん転職

\仕事の早さに定評あり/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

2つ以上の薬剤師転職サイトに登録しておけば『セカンドオピニオン』が使えてオススメです。

いまや複数の薬剤師転職サイトに登録するのは常識となりました。

≫複数の薬剤師転職サイトに登録するとメリット大

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

どの転職サイトも完全無料です。

マイナビ薬剤師とファルマスタッフに登録しておけば間違いありません。

当サイトで最もオススメしている薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人最多級/

\薬局見学にも同行可能!/

※どちらも登録から転職まで完全無料&プライバシーマーク取得で個人情報保護も万全です。

まずはこの2社に登録して転職活動をスタートさせましょう。ほぼすべての求人にアクセスできるので、好条件の求人を見落す心配はありません。

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細

複数の薬剤師転職サイトに登録して転職活動をするのは常識となりました。
≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

無菌調剤室を持っている薬局に転職する方法

無菌調剤室を持っている薬局に転職する
無菌調剤室を持っている薬局を探すのは現状では困難です。次の3つの方法で探しましょう。

無菌調剤室を持っている薬局の探し方

  • 地域の薬剤師会に電話する
  • 薬局機能情報で検索する
  • 薬剤師転職サイト・エージェントの担当者に聞く

地域の薬剤師会に電話する

無菌調剤室を持っている薬局を探す一番早い方法は地域の薬剤師会に電話すること。

地域の薬剤師会は、無菌調剤室の共同利用の契約の仲介なども行っていることが多く、どこの薬局に無菌調剤室があるかを把握しています。

但し、薬剤師会に入会していない一部の大手調剤チェーンの薬局の情報は得られないので注意が必要です。

薬局機能情報で検索する

薬局は都道府県に対して毎年『薬局機能情報』を報告しています。

その薬局機能情報の中に、無菌製剤処理に係る調剤の実施という項目があります。

ここが、『実施』もしくは『可』となっていれば自薬局に無菌調剤室があるか、共同利用の契約を結んでいるということです。

残念ながら無菌調剤の実績があるかどうかまではわかりません。

各都道府県の薬局機能情報検索サイト
北海道  北海道医療機能情報システム
青森県  あおもり医療情報ネットワーク
岩手県  いわて医療ネット
宮城県  宮城県薬局検索システム
秋田県  あきた医療情報ガイド
山形県  山形県医療機関情報ネットワーク
福島県  ふくしま医療情報ネット
茨城県  いばらき医療機関情報ネット
栃木県  とちぎ医療情報ネット
群馬県  群馬統合型医療システム
埼玉県  埼玉県医療機能情報システム
千葉県  ちば医療なび
東京都  東京都医療機関・薬局案内サービス
神奈川県 かながわ医療情報検索サービス
新潟県  にいがた医療情報ネット
富山県  とやま医療情報ガイド
石川県  石川県医療・薬局機能情報提供システム
福井県  医療情報ネットふくい
山梨県  やまなし医療ネット
長野県  ながの医療情報Net
岐阜県  ぎふ医療施設ポータル
静岡県  医療ネットしずおか
愛知県  あいち医療情報ネット
三重県  医療ネットみえ
滋賀県  医療ネット滋賀
京都府  京都健康医療よろずネット
大阪府  大阪府医療機関情報システム
兵庫県  兵庫県医療機関情報システム
奈良県  なら医療情報ネット
和歌山県 わかやま医療情報ネット
鳥取県  とっとり医療情報ネット
島根県  島根県医療情報機能システム
岡山県  おかやま医療情報ネット
広島県  救急医療Net HIROSHIMA
山口県  yakkyoku-info
徳島県  薬局機能情報検索システム
香川県  医療Netさぬき
愛媛県  えひめ医療情報ネット
高知県  こうち医療ネット
福岡県  福岡県薬局情報ネット
佐賀県  さが薬局検索システム
長崎県  ながさき医療機関情報システム
熊本県  熊本県薬局検索システム
大分県  おおいた医療情報ほっとネット
宮崎県  みやざき医療ナビ
鹿児島県 かごしま医療情報ネット
沖縄県  うちなぁ医療ネット

薬剤師転職サイトの担当者に聞く

転職サイトの担当者はそれぞれの薬局の情報を保有しています。

定期的に採用担当者と打ち合わせをするなどして情報をアップデートしています。

『○○薬局に無菌調剤室が設置された』という情報ももちろん持っています。

薬局はそれを売りにして薬剤師を集めたいという思いもあるからです。

転職サイトの担当者は無菌調剤室の有無だけでなく、さきほどの在宅に特化した薬局についても把握しています。

自分で時間と労力を使って調べるよりは、転職サイトの担当者に調べてもらった方が確実かつ楽なのは間違いありません。

薬剤師保有求人数最多級
20代から40代の転職に特に強い
全国15会場で直接面談可能(業界最多)

\求人紹介・交渉力に定評あり/

≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\聞く姿勢重視!相談できる/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分
パート・派遣求人も取扱あり!

\地方在住の薬剤師にオススメ/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!
メールと電話でかんたん転職

\仕事の早さに定評あり/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

2つ以上の薬剤師転職サイトに登録しておけば『セカンドオピニオン』が使えてオススメです。

いまや複数の薬剤師転職サイトに登録するのは常識となりました。

≫複数の薬剤師転職サイトに登録するとメリット大

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

地域連携薬局に転職する方法

地域連携薬局に転職する
地域連携薬局についてもさきほどの薬局機能情報のサイトで検索することができます。

但し、ここでも注意が必要です。

地域連携薬局を掲げているからと言って、必ずしも在宅医療に積極的かどうかは別問題だからです。

たまたま要件を満たしているだけかもしれません。新たな在宅の依頼を断っていることだってあり得ます。

薬剤師転職サイトの担当者に実際の在宅の実績を調べてもらうのがオススメです。

在宅をやっている薬局で働くデメリット

在宅をやっている薬局で働くデメリット
在宅ありの薬局で働くことによるデメリットもあります。

  • スケジューリングが重要
  • 臨時処方の対応
  • 他職種との連携が必要
  • 自動車免許が必要

最大のデメリットは忙しさ。外来の調剤もやりつつ在宅にも行かなければなりません。

うまくスケジューリングをしないと業務が回らないことも。医師やケアマネへの報告書作成にも時間が必要です。

また、臨時処方への対応も必要です。早めに届けるようにと医師から指示が出ることもありますので、ある程度薬剤師の人数がいないと業務が回りません。

医師やケアマネとの連携はもちろん、訪問看護師さんやヘルパーさんとの情報共有も必要です。

サービス担当者会議に呼ばれることもあるでしょう。

このように、在宅ありの薬局の方が忙しいのは明らか。

しかも薬剤師の訪問は個人宅だけではありません。施設在宅もあります。

注意しなければならないのは、施設の責任者等からの要求が徐々に厳しくなってくること。

全ての要求に応えていると大変な目に逢いますので、線引きが必要です。

施設の責任者(特に看護師)の中には、薬剤師を見下すような発言をしてくる人もいます。

施設の責任者は病院上がりの看護師が多いですから、以下のような序列ができていると勘違いしていることも少なくありません。

  1. 医師
  2. 看護師
  3. 薬剤師

薬剤師は『薬の運び屋』としか思っていないような施設もありますので、応需する時には十分注意しましょう。

在宅をやりたくない、やめたい薬剤師はこちらが参考になります。

在宅をやっている薬局で働くメリット

在宅をやっている薬局で働くメリット
在宅をやっている薬局で働くメリットは以下の通りです。

  • 外来では得られない多くの経験を積める
  • 外来よりも在宅の方が患者さんの背景が見えるのでより深い管理・指導ができる
  • 他職種との連携ができる

在宅に行くと外来では得られない経験を積むことができます。

患者さんの生活している状況を見ることができますので、外来ではできないより深い薬剤管理・指導ができます。

また、医師や訪問看護師、ケアマネさん、地域包括支援センターなどと連携をとりながら業務を行っていきますので、チーム医療に参加して実感が得られます。

さらに、医師に往診同行を求められた場合には薬剤師としての職能を発揮する大チャンス。

医師から頼られる薬剤師になればあなたの評価はうなぎ上りです。

 在宅ありの薬局求人を探すのにおすすめの薬剤師転職サイト

転職はしたくないけど、在宅をやりたいという方はこちらが参考になるかもしれません。

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師なら、「在宅業務あり」の条件で薬剤師求人を検索できます。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

ファルマスタッフ
ファルマスタッフなら「在宅」の条件で、薬剤師求人を検索できます。

\ファルマスタッフへの登録はこちら/


アポプラス薬剤師でも「在宅あり」の条件での薬剤師の求人検索が可能です。

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

薬キャリ
薬キャリ でも「在宅」の条件で薬剤師の求人検索が可能です。

\薬キャリエージェントへの登録はこちら/

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ
薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ では、「在宅」の条件で薬剤師求人を検索することはできません。登録後に希望を伝えましょう。

\お仕事ラボへの登録はこちらから/

在宅医療に積極的に取り組んでいる薬局に転職する方法(まとめ)

在宅に特化した薬局≒無菌調剤室も持っている

無菌調剤室を持っている薬局は極めて少ないのが現状ですが、その薬局へ転職できれば在宅医療へ携わることは簡単でしょう。

本気で在宅医療に携わりたいなら、無菌調剤室を設置している在宅に特化した薬局へ転職をすることをおすすめします。

無菌調剤室を持っている薬局は、他薬局からの患者紹介も見込めますので経営的にも安定しやすい特徴があります。

あなたの年収も上がりやすいのは言うまでもありません。

まとめ

  1. 本気で在宅に取り組みたいなら、在宅に特化した在宅専門薬局へ転職する
  2. 在宅専門薬局は薬剤師転職サイトの担当者に探してもらう
  3. 在宅専門薬局は経営的に安定しやすいので、高額年収が期待できるうえ維持も可能!

「在宅なんて時間かかって大変だから一切やるつもりはない」という経営者も少なからずいるようです。

この考えは流れを完全に見誤っています。

ここ数年、外来調剤の保険調剤点数は下がる一方。

今は利益が出ていたとしても、在宅医療に取り組まない薬局が10年後も存続しているか否かは容易に想像できます。

在宅に特化した薬局でもよいのですが、外来の処方せん調剤もやりつつ地域連携から在宅の要請が来ている薬局が理想的。

バランスよく外来調剤と在宅調剤を行っていれば、調剤報酬が改定された場合のリスク分散になります。

転職を考える時にはその薬局の収益構造も見ておきましょう。

 

 

 
在宅医療に積極的に携わりたいなら即行動が必要です。

無菌調剤室を持っていて、在宅に特化している薬局の数はほんのわずか。

求人を募集しているとも限りません。

他の薬剤師に先を越されぬよう、以下の2つの転職サイトに今ここで登録を済ませておきましょう。
 

 

 
あとでいいや、もう少し考えてみようなんて言っていると、一生希望の薬局で働けません。

行動するのは今です。

 

 在宅に特化している薬局に転職したいならこの2つに登録

どちらも完全無料です。

相談も調査も求人紹介も無料です。

薬局見学への同行も無料。
 

 

 
どちらか一つ・・・なんて言っているとその間に情報を逃してしまいます。

独立している2社それぞれに『在宅に特化している薬局』を探してもらえば、情報収集力は2倍に。

今行動すれば、あなたの希望通り、在宅に積極的に取り組んでいる薬局への転職が成功します。
 

 

 
ちなみに、転職先が決まってから退職の届け出を出しても間に合います。

まずは在宅に積極的な薬局探しをスタートさせましょう!!
 
 
薬剤師が転職先を選ぶならこの方法で【薬局の選び方おすすめ8選!】

  1. 10年後も働き続けることができるイメージができた薬局
  2. ブラックではない薬局
  3. 店舗数が伸びている薬局
  4. 新卒薬剤師を採用できている薬局
  5. 不正が行われていない薬局
  6. キャリアプランの選択肢が多い薬局
  7. 在宅医療に積極的な薬局⇐今ここ
  8. 本当に薬剤師のためになる勉強ができる薬局

 希望条件別薬剤師求人の探し方
≫【薬剤師求人の探し方】正しい方法なら転職先が必ず見つかる!


















 薬剤師転職サイトに登録しなくても転職できるけど・・・
薬剤師の求人はまだまだたくさんあります。コンビニよりも多い数の薬局の中から自分の希望通りの薬局を探し出せますか?それはちょっと厳しい、誰かに手伝ってほしいと思いますよね。

この記事で紹介した薬剤師転職サイトならすべて無料であなたの転職活動をサポートしてくれます。

別に転職サイトに登録しなくても転職できます。薬剤師の求人はたくさんありますし。でも私は自力で転職活動をして大失敗しました。

(転職したいだけなら自力でもできますが、自分の希望通りの薬局に転職したいなら薬剤師転職サイト登録したほうが成功率は高まります。)

この記事を読んでいる方は大丈夫かと思いますが、自力で転職活動をして後悔しないようお気を付けください。

  転職に失敗したくない薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

本当の薬剤師転職サイトの選び方