【在宅をやりたい薬剤師向け】訪問薬剤管理指導ができる求人の探し方
q

在宅をやりたい薬剤師

在宅ができると言われてこの薬局に入ったのですが、そもそも指示が入った処方せんが来ません。

人が足りないからと在宅の依頼は断っているみたいです。

在宅ができる薬局の求人の探し方を教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
在宅をやりたがらない薬剤師の方が多数派。

在宅をやりたい薬剤師はどの薬局でも欲しいと考えています。

在宅をやっていない薬局から在宅をやっている薬局へ、今のうちに転職しておくことは完全に「あり」です。

在宅医療への参加は薬局薬剤師にとって、重要な業務に位置付けられています。


在宅をやっていない薬局は薬局にあらずと言わんばかりに、地域支援体制加算の算定要件にもなっているのはご存じのとおり。


地域支援体制加算の算定要件のうち、満たせていないのは在宅だけという薬局も多い事でしょう。

現在の地域支援体制加算の算定要件では、直近1年間で在宅薬剤管理の実績が24回以上必要です。

過去には年間に1回でも実績があれば要件を満たしていました。

今後この要件がさらに厳しくなっていくことは確実です。

在宅をやっていない(できていない)薬局は、地域支援体制加算の算定ができず利益が出にくい構造となっています。

これでは薬剤師の賃金は上がりません。

今のうちに、在宅にしっかり取り組んでいる薬局に転職するのが良いでしょう。

今回は、在宅業務ができる薬局求人の探し方をまとめました。

在宅(訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導)ありの薬局求人の探し方

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師なら、「在宅業務あり」の条件で薬剤師求人を検索できます。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ なら「在宅」の条件で、薬剤師求人を検索できます。

\ファルマスタッフへの登録はこちら/


アポプラス薬剤師でも「在宅あり」の条件での薬剤師の求人検索が可能です。

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

薬キャリ
薬キャリ でも「在宅」の条件で薬剤師の求人検索が可能です。

\薬キャリエージェントへの登録はこちら/

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ
薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ では、「在宅」の条件で薬剤師求人を検索することはできません。登録後に希望を伝えましょう。

\お仕事ラボへの登録はこちらから/

もっと積極的に在宅をやっている薬局を探したい方は、こちらをご覧ください。

在宅をやっている薬局で働くデメリット

在宅をやっている薬局で働くデメリット

在宅ありの薬局で働くことによるデメリットもあります。

  • スケジューリングが重要
  • 臨時処方の対応
  • 他職種との連携が必要
  • 自動車免許が必要

最大のデメリットは忙しさ。

外来の調剤もやりつつ在宅にも行かなければなりません。

うまくスケジューリングをしないと業務が回らないことも。

医師やケアマネへの報告書作成にも時間が必要です。

また、臨時処方への対応も必要です。

早めに届けるようにと医師から指示が出ることもありますので、ある程度薬剤師の人数がいないと業務が回りません。

医師やケアマネとの連携はもちろん、訪問看護師さんやヘルパーさんとの情報共有も必要です。

サービス担当者会議に呼ばれることもあるでしょう。

このように、在宅ありの薬局の方が忙しいのは明らか。

しかも薬剤師の訪問は個人宅だけではありません。

施設在宅もあります。

注意しなければならないのは、施設の責任者等からの要求が徐々に厳しくなってくること。

全ての要求に応えていると大変な目に逢いますので、線引きが必要です。

施設の責任者(特に看護師)の中には、薬剤師を見下すような発言をしてくる人もいます。

施設の責任者は病院上がりの看護師が多いですから、以下のような序列ができていると勘違いしていることも少なくありません。

  1. 医師
  2. 看護師
  3. 薬剤師

薬剤師は『薬の運び屋』としか思っていないような施設もありますので、応需する時には十分注意しましょう。

在宅をやりたくない、やめたい薬剤師はこちらが参考になります。

在宅をやっている薬局で働くメリット

在宅をやっている薬局で働くメリット

在宅をやっている薬局で働くメリットは以下の通りです。

  • 外来では得られない多くの経験を積める
  • 外来よりも在宅の方が患者さんの背景が見えるのでより深い管理・指導ができる
  • 他職種との連携ができる

在宅に行くと外来では得られない経験を積むことができます。

患者さんの生活している状況を見ることができますので、外来ではできないより深い薬剤管理・指導ができます。

また、医師や訪問看護師、ケアマネさん、地域包括支援センターなどと連携をとりながら業務を行っていきますので、チーム医療に参加して実感が得られます。

さらに、医師に往診同行を求められた場合には薬剤師としての職能を発揮する大チャンス。

医師から頼られる薬剤師になればあなたの評価はうなぎ上りです。

 在宅ありの薬局求人を探すのにおすすめの薬剤師転職サイト

転職はしたくないけど、在宅をやりたいという方はこちらが参考になるかもしれません。

 希望条件別薬剤師求人の探し方


















 薬剤師転職サイトに登録しなくても転職できるけど・・・
薬剤師の求人はまだまだたくさんあります。コンビニよりも多い数の薬局の中から自分の希望通りの薬局を探し出せますか?それはちょっと厳しい、誰かに手伝ってほしいと思いますよね。

この記事で紹介した薬剤師転職サイトならすべて無料であなたの転職活動をサポートしてくれます。

別に転職サイトに登録しなくても転職できます。薬剤師の求人はたくさんありますし。でも私は自力で転職活動をして大失敗しました。


(転職したいだけなら自力でもできますが、自分の希望通りの薬局に転職したいなら薬剤師転職サイト登録したほうが成功率は高まります。)


この記事を読んでいる方は大丈夫かと思いますが、自力で転職活動をして後悔しないようお気を付けください。

  転職に失敗したくない薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

本当の薬剤師転職サイトの選び方