60歳以上の派遣薬剤師はいる?【います】定年再雇用・再就職よりも派遣
men50

もうすぐ定年を迎える薬剤師

もうすぐ定年です。定年再雇用制度で働いても良いのですが給与が下がります。

かといってパートで雇用してくれるところもなさそう。

定年後に派遣で働く薬剤師っていますか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 60歳以上の派遣薬剤師はいる?
  • 60歳以上の派遣薬剤師は必要?
  • 60歳以上なら派遣薬剤師の方が得かも
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

結論
60歳以上の派遣薬剤師はいます。そして必要とされています。定年再雇用やパートで働くよりも派遣の方が得かもしれません。

60歳以上の派遣薬剤師はいる?要る?

60歳定年の会社が多いので正社員としての雇用されるのは難しいのは事実です。


しかし、派遣薬剤師なら定年なんて関係なくバリバリ働けます。


しかも単発派遣ではむしろ60歳以上の薬剤師が有利なのです。


単発派遣についてはこちらにまとめました。

単発派遣とも呼ばれる超短期間の派遣(日雇派遣)は原則禁止されているのですが、例外規定があります。


その例外規定は以下のとおり。

 日雇派遣原則禁止の例外

  • 応募時の年齢が60歳以上の方
  • 雇用保険の適用を受けない学生(昼間の学生)
  • 本業の年収が500万円以上ある方で、単発(日雇い派遣)が副業
  • 世帯年収500万円以上で、主たる生計者ではない方

応募の時点で60歳以上の薬剤師は無条件で単発の派遣業務に従事することが可能です。

時間がある若手薬剤師は500万円未満のため不可であることが多く、単発の派遣に応募できません。


60歳以上の薬剤師なら単発の派遣で働くことができますので、働き方の選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。


働きたい時だけ働く。自由度の高い働き方が単発派遣です。

60歳以上の薬剤師は派遣が得

多くの薬局では60歳が定年とされています。


65歳まで働ける制度となっていても、定年再雇用制度により賃金が定年前よりも下がってしまうことがほとんどです。


パート薬剤師では年齢制限に引っ掛かってしまうこともよくあります。


しかし、派遣ならパートよりも時給が高く、正社員のように年齢で制限されることはありません。


派遣求人がなければ働けないというデメリットはありますが、定年後の働き方の選択肢として派遣薬剤師を追加しておいても損はありません。

60歳以上の派遣薬剤師のまとめ

  1. 60歳以上なら単発の派遣が可能
  2. 定年再雇用制度やパートで働くよりも派遣薬剤師の方が稼げる可能性あり

 60歳以上の薬剤師歓迎!派遣で働くならこの薬剤師派遣会社に登録