管理薬剤師が最悪だとそこで働く薬剤師や事務はたまったもんではありません。
薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。

少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。

薬局の雰囲気を決定づける大きな要因は、薬局の責任者(管理薬剤師)か、もっとも年配の薬剤師(まれに事務)であることがほとんどです。
あなたの薬局ではこんなことはありませんか?

よくあるだめな薬局の光景

  • 薬局の責任者(管理薬剤師もしくは社長)が周囲に当たり散らしている
  • 管理薬剤師でもないのになぜか権限のない年配の薬剤師が取り仕切っている
  • 年配の事務の人が若い事務をいじめている
  • 一部の薬剤師が仕事をしないでサボる・・・
これらすべては管理薬剤師の責任です。

今まで何も対策を打ってこなかった管理薬剤師の怠慢です。

薬局の運営がうまくいっていないところは調剤過誤も多いはずです。
もしそんな薬局に配属されてしまったら、すでに配属されていたらどうすればよいでしょうか?
閉鎖された空間、勘違いしている薬剤師の存在、管理薬剤師の資質。
特に上のスタッフが長年固定されていると、いくらあなたのような若手薬剤師がどうにか頑張ったとしても状況を変えていくことは難しいでしょう。
ただでさえ、他人を変えるのは難しいのです。

やるべきことは自分を変えるか職場を変えるか。

自分を変えるか薬局を変えるか

自分を変える

ひどい状況ではあるがこれも試練と思って全てを学ぶ。そして自分が管理薬剤師になった時には今の管理薬剤師を反面教師とする。
それくらいの強い気持ちで仕事をしていくということです。
そして、そのエリアを管理している上司(管理薬剤師より上の人)や本社人事部などに現在の状況を伝えるとともに異動希望を出しましょう。
ひどい状況を伝えて異動希望を出したにも関わらず、何も手を打ってくれない場合は転職を考えます。
社長が管理薬剤師だったら職場を変えるしかありません。

転職して薬局を変える

薬剤師であるあなたがもっと患者さんのためにエネルギーを使って働ける薬局は他にたくさんあります。
そういう職場であなたの職能を活かしていった方が今後のためでもあります。
但し、転職には大変なエネルギーが必要です。自分の精神状態が悪い(エネルギーが低い)状態では良い薬局は見つかりません。
客観的に見て判断してくれる相談できるコンサルタントを味方につけましょう
私も一度目の転職は失敗しました。
職場の人間関係等で自分のエネルギーが低いときに転職先の薬局を決めてしまったことが原因です。
しかも一人で。
転職に失敗してしまうとそのあとが大変です。冷静で客観的な判断をして良い薬局を探しましょう。
転職先の薬局の情報はこちらから無料で得られます

↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴

↓ファルマスタッフへの登録は↓

ファルマスタッフ ファルマスタッフの特徴

↓薬剤師転職ドットコムへの登録は↓

薬剤師の転職ドットコム 薬剤師転職ドットコムの特徴

↓リクナビ薬剤師への登録は↓

リクナビ薬剤師 リクナビ薬剤師の特徴

↓薬剤師の転職 お仕事ラボに登録↓

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ お仕事ラボの特徴


もう薬剤師なんて辞めたいと思ったら

薬剤師転職サイトへ登録してコンサルタントとの相談の中で自分が思い描いている希望の薬局を探していきましょう。