転職するなら在宅ありの薬局へ【在宅なしの薬局は将来性もなし】
q

在宅経験の無い薬剤師

うちの薬局では在宅をしていません。

処方せんが取れていないのか断っているのかわかりませんけど。

在宅経験が無い薬剤師ってこれから大丈夫でしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 転職するなら在宅ありの薬局にすべき理由(在宅なしの薬局は将来性もなし)
  • 在宅をしている薬局の探し方
  • 在宅の処方せんを獲得する方法
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

結論
在宅をやっていないは失格と言わんばかりの調剤報酬改定が続いています。今後もこの流れは続きます。薬剤師の在宅は必須のスキルとなることは間違いありません。

転職するなら在宅ありの薬局にすべき理由

在宅なしの薬局は将来性もなし


在宅のスキルは薬剤師にとって必要


在宅をしていない薬局=在宅の処方せんを獲得できていない
これは地域の患者さんのためになっていないとも言いかえることができます。

在宅ができるような環境ではない
断ったら次からは依頼は来ません。

在宅をしている薬局の探し方

転職活動中の薬剤師向けです。


在宅をしている薬局を探す方法はこちらにまとめました。

在宅の処方せんを獲得する方法

転職は考えていないが在宅をやりたい、在宅をやる必要に迫られている薬剤師向けです。


在宅の処方せんを獲得するための方法をまとめました。

まとめ

在宅なんて時間ばかりかかって収入にならないから一切やるつもりはないという経営者も少なからずいるようですが、流れを見誤っている可能性が高いでしょう。

 

ここ数年、外来調剤の保険調剤点数は下がる一方です。

 

今は利益が出ていたとしても、在宅医療に取り組まない薬局が10年後も存続しているか否かは容易に想像できます。

 

在宅に特化した薬局でもよいのですが、外来の処方せん調剤もやりつつ地域連携から在宅の要請が来ている薬局が理想的です。

 

バランスよく外来調剤と在宅調剤を行っていればリスクの分散になります。

 

転職を考える時にはその薬局の収益構造も見ておく必要があるでしょう。

 

 

転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント

  1. 調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性)
  2. 薬局数が増加しているかどうか
  3. 新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか
  4. コンプライアンスがしっかりしているか
  5. 薬剤師のキャリアパスが複数用意されているか
  6. 在宅に取り組んでいるかどうか⇐今ここ
  7. 社員教育に力を入れているかどうか