20代女性薬剤師の転職
q

20代女性薬剤師

人間関係で悩んでいます。人間関係が良くて自分がもっと成長できる薬局ってないですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 20代女性薬剤師のよくある悩み
  • 20代女性薬剤師の市場価値・転職状況
  • 転職で得られるもの
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

20代女性薬剤師の皆様。お疲れ様です。

入社・入局して数年経っている頃かと思いますが、現在の職場はいかがですか?

自分が思い描いていた理想に近かったでしょうか。それとも全く違ったでしょうか。

患者さんのための仕事はできているでしょうか。

ここでは、同じ20代の女性薬剤師の悩みや不満にどのようなものがあるのか、転職でその悩みや不満を解消できるのかを書いていきます。

20代女性薬剤師の悩み・不満

20代女性薬剤師に多い悩み・不満

休めない

薬剤師が不足していて休みが全く取れない。もしくは希望の日に休みがとれない。こうなってしまうと友達と遊びの予定も立てられませんね。
例えば水曜日や木曜日が定休日の薬局だと、土曜日出勤となってしまい連休が取れないという不満も出てくるでしょう。
連休が取れないと旅行にも行けませんね。

勤務時間が長い・忙しい

患者さんの数が多い、処方が重い、薬剤師が足りないなどが原因で長時間拘束され、毎日忙しい日々を送っていると当然疲れが抜けません。この状態が長く続くと心も疲れてきてしまいます。

心が元気なうちならまだどうにかなります。

忙しすぎて心まで疲れてしまっているのであれば、まず必要なのは休息です。
この状態で転職活動をしてしまいますと良い職場はおそらく見つからないでしょう。
思考がマイナスになっている可能性があるからです。
仮病を使ってでもゆっくり休み、心が元気になってから転職活動を始めましょう。

人間関係がよくない

薬局は少人数で働くところがほとんど。
その中に1人でも合わない人がいると毎日が憂鬱です。
実際、人間関係が嫌で転職する薬剤師が非常に多いです。
このような薬局だと、これから先もここで長く続けていけるか心配になりますね。

転職しようと考えるのは当然のことだと思います。

20代女性薬剤師の市場価値・転職状況について

経験が少なくても、学習意欲と患者さんとのコミュニケーション力が高ければ市場価値の高い薬剤師になれるはずです。
あなたを必要としている薬局はたくさんあります。転職について心配する必要はありません。
希望通りの薬局へ転職できるでしょう。

転職によって得られるもの

正しい手順に沿って転職活動を進めていけば人間関係の良い薬局を探すのはそう難しいことではありません。
加えて教育研修システムがしっかりと構築されている薬局であれば自身の成長がさらに加速します。

安心材料

転職はネガティブなものではありません。まして20代での転職など、薬剤師にとって珍しいことでも何でもありません。
若いうちの転職であれば、転職後の会社でしっかりキャリアを積むことができますのですぐにその薬局の同期社員に追いつけます。

20代女性薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

女性薬剤師の転職に特に強いのは薬キャリとファルマスタッフです。

↓ファルマスタッフへの登録は↓

ファルマスタッフ ファルマスタッフの特徴

↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴
マイナビなら就職活動で使ったことがあるのではないでしょうか。