40代男性薬剤師の転職
40代男性薬剤師の皆様。
お疲れ様です。
皆さんの年代は薬局・ドラッグストア・病院で重要なポストに就いていることと思います。
管理薬剤師はもちろん、エリアマネージャー等へ昇進している薬剤師もいらっしゃると思います。
男性薬剤師の40代は悩みが尽きません。
育児、転勤、昇進、家の購入など大きく生活が変化する時期です。
また責任あるポストに就いている薬剤師であればノルマに追われるといったこともあるでしょう。

管理薬剤師であればスタッフの教育に頭を抱えている場合もあると思います。

40代男性薬剤師のあなたは現在の職場に対してどのような悩みをお持ちでしょうか?

40代男性薬剤師の悩み・不満

40代男性薬剤師の市場価値・転職状況について

40代男性薬剤師で以下のスキルを・経験を持っていると市場価値が高くて転職に有利です。

  • マネジメントスキル
  • 管理薬剤師経験
  • 部下の育成経験
  • コミュニケーションスキル
管理薬剤師経験があり、さらに部下を育成した経験のある薬剤師は厚遇されます。
転職市場において40代男性薬剤師は非常に価値が高いにも関わらず、転職しようとしない薬剤師が少なくありません。
不満や悩みを持ちながら今の職場で働き続けていて、他を全く知らないなんてもったいないと思いませんか?

転職によって得られるもの

正しい手順に沿って転職すれば薬剤師としてのスキルアップ、年収アップをすべて得ることができます。

スキルアップ・昇進・昇格

管理薬剤師やその上といった重要なポストを目指すことができます。経験があればエリアマネージャーや部長職としての転職も可能です。

年収アップ

薬剤師転職サイトに登録して転職活動をすれば、給与の交渉を代行してくれます。経験と高いスキルを活かせれば、40代男性薬剤師の年収アップは難しいものではありません。

40代男性薬剤師の転職注意点

中途薬剤師を採用する立場から書きますと、40代男性薬剤師の中途採用で応募があったときに重要視するのは前職(経歴)と管理薬剤師経験。
他のスキルは話を盛ることもできますが、ここに嘘はないはずです。
40代男性薬剤師でこんな感じだと敬遠されます。

  • 1~2年ごとに転職して転々としている薬剤師
  • 仕事をしていない期間が長い薬剤師
  • 転職の理由が不明瞭
  • 新卒から調剤薬局に勤めていたのに管理薬剤師の経験が無い
また、面接で転職活動の理由を次のように語ってしまう人も敬遠されるでしょう。
もっと勉強できる環境に・・・
給料が安い
もっと休みが欲しい
それが転職の理由だったとしても言ってはダメ。
長年薬剤師としての経験があり、薬剤師の年収相場もわかってきているでしょうし、自身のスキルについてもどの程度か把握しているはずです。
20代薬剤師ならまだしも40代にもなって面接でそんなことを言ったら確実に落とされることでしょう。

面接で不利になる転職理由については男性薬剤師、女性薬剤師とも共通です。(⇒転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。

安心材料

転職が2回目、3回目くらいであれば敬遠されることはまずありませんし、転職回数が多くても採用する薬局は絶対にあります。
スキルと経験が豊富な40代男性薬剤師は市場価値が高く、厚遇で迎え入れてくれる薬局はたくさんあります。
自身の持つ高いスキルと経験をアピールしましょう。
通常の求人には載ることが少ない経営層への求人も存在しています。その情報を得るためにも、転職の際には薬剤師転職サイトに登録して専門のコンサルタントをつけることをおすすめします。
前職での経験や職務内容、能力を具体的かつしっかりと伝えて待遇アップも勝ち取りましょう。
薬剤師転職サイトのコンサルタントを味方につければ、転職成功の確率がアップ!

40代男性薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴
↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴
↓リクナビ薬剤師への登録は↓

リクナビ薬剤師 リクナビ薬剤師の特徴