薬局の利益を増やすには売上を増やすことも必要ですが、費用(コスト)の削減も合わせて行わなければいけません。

薬局経営にかかる費用を割合の大きいと思われる順に見ていきましょう。

人件費

薬局での費用のうち大きい割合を占めるのは何といっても人件費です。
薬局の損益計算書の給与及び手当という項目を見てみましょう。ここに書かれている数字は薬剤師、事務の給与や手当の合計金額です。

管理薬剤師には人を辞めさせるといった権限は当然ありません。

この人件費を削減するために管理薬剤師ができることと言えば、とにかく残業を減らすということです。

薬歴を書いて早く帰る。
明日でよい仕事は明日にする。
業務時間内にできることはなるべくやり切り、閉局したらすぐに帰りましょう。
派遣薬剤師を入れているのであれば、派遣薬剤師を止めるということも必要になってくるでしょう。
他薬局とのやりくりをするなど、正社員やパート薬剤師だけで業務を回していくことを考えなくてはいけません。
少人数で回せるように業務の見直しをこの機会にやってみるのも良いでしょう。

租税公課

薬局での租税公課とは、医薬品の購入代金にかかった消費税などです。
医薬品の購入代金を減らすことで租税公課額も減っていきます。
購入している医薬品の包装を小さくする、発注のタイミングを適正にするなどして医薬品の購入額を減らしましょう。

家賃

確認すべきは薬局の損益計算書の地代家賃賃借料の項目です。

開局当初から同じ家賃で借り続けているといったことはないでしょうか。
建物や設備はだんだんと旧くなってきます。
また周辺の家賃相場も変わってきているでしょう。
ここで思い切って大家さんに対して家賃の減額交渉を行ってみましょう。
新型コロナウイルスが流行している今なら要請が通りやすいかもしれません。

実際に薬局の売上は落ちていますし、それに伴い利益も減っています。

また、患者用・従業員用の月極駐車場代の台数削減も効果が大きいものの一つです。
無駄に多く借りている状態であれば適性な台数まで削減しましょう。

委託料

薬局での委託料には、清掃業者、廃棄物処理業者、警備会社、社宅管理会社、事務作業等の外注費などが入ります。

清掃業者や廃棄物処理業者に支払っている金額は妥当でしょうか。

当初の契約から状況はいろいろ変わっていませんか?

高額になっている事例として、保管期限が過ぎた処方箋を割高な方法で処理をしていませんか?

少量であれば薬局でシュレッダーすればよいですし、市町村の焼却所では事業用のごみを処理してくれるところもあります。

消耗品費

薬局での消耗品費とは、事務用品などの購入代金です。本当に必要なものなのかどうか精査してから購入するようにします。

通信費

薬局での通信費と言えば、電話代、インターネット代などでしょう。公衆電話を設置している薬局は撤去も検討します。携帯電話の保有率が上がっていますから公衆電話の使用も減っているのではないでしょうか。

自薬局で使用しなくなった医薬品を他薬局へ送ることがあると思いますが、その送料も結構な額になります。
薬局間で不動品を移動させる場合はなるべく何かのついでにスタッフが運ぶ、クール便が必要な時期はなるべく移動させないなど節約することが必要です。

水道光熱費

水道や電気を節約していくことは簡単ではありませんが、電気の契約先を見直すことは有効かもしれません。

その他

待合室に置く雑誌・書籍代・新聞代もコストカットに有効です。
患者さんは本当に読んでいるでしょうか。感染拡大防止の観点からも共有物はなるべくなくしましょう。
他にも、購入予定の調剤機器・備品・什器の購入延期などもコストカットに有効です。
やれることはなんでもやって利益を確保していきましょう。
利益が出なければボーナスなんて期待できませんし。
周りの薬局が利益を出せていない中でしっかり利益を出せる管理薬剤師は評価が高まるだけでなく、ボーナスや昇給が期待できます。今できることをしっかりと行い、しっかりと評価と報酬を得ていきましょう。