「休日」タグの記事一覧

調剤薬局チェーンの紹介(8)ファーコス

調剤薬局チェーン

調剤薬局チェーン 株式会社ファーコスの特徴。ファーコス薬局の名前で山形から熊本まで展開している調剤薬局チェーン。親会社は東証1部上場の株式会社スズケン。ファーコスは、平成5年の創業当初から薬剤師による訪問服薬指導に取り組んで参りました。20年以上にわたって積み重ねてきた訪問服薬指導の実績やノウハウが、ファーコスの最大の強み。社長の島田氏は2016.7時点で日本薬剤師会の理事。薬剤師国家試験に仮に不合格であったとしても本人が希望すれば内定を延長可能。

調剤薬局チェーンの紹介(3)総合メディカル

調剤薬局チェーン

調剤薬局売上ランキング第三位の大手調剤薬局チェーンそうごう薬局(総合メディカル)の平均年収、初任給、利益、特徴など。東証一部上場の調剤薬局チェーンの大手。医師のための転職・開業支援、経営コンサルティングに強い。開業支援⇒医院開局⇒院外処方⇒優良案件は自社で薬局開局。その他案件は他社に紹介。また、グループ会社の総合メディプロ株式会社は医療従事者転職支援行っている。薬剤師プロ・看護師プロ・コメディカルプロ

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?

何を最大の基準にして転職先を探すか(薬剤師の薬局・病院への転職)

人間関係 給料

薬剤師のあなたが転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何でしょうか?薬局の人間関係が良くない。薬局の給料(給与)が安い。休みが無い・少ない(取れない)。先が見えない・・・。例えば、薬局の人間関係が良くないが理由だった場合、チェーンの薬局に勤めている場合であれば、転職ではなく、まずは異動を希望するべきだと思います。私も経験がありますが、転職ははっきり言って大変です。自分は何を最も重視するかをしっかりと定め、転職支援の力を借りるのが薬剤師の転職において成功する重要なポイントだと考えます。

薬剤師は休めない?有給休暇は取れる?薬局の休日は? 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 勤務時間

薬剤師は休めない?有給休暇は取れる?薬局の休日は? 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント。転職先の薬局を探す条件として、週休2日制をあげる人が大部分だと思います。週休2日制とは、1週間に2日休みがある週が月に1回以上あることを言います。毎週必ず2日休みがあるわけではありません。完全週休2日制とは、毎週2日の休みが必ずあることを言います。また、完全週休2日制といっても土日連休とは限りません。週休2日制と完全週休2日制は大きな違いです。