転職薬剤師の履歴書志望動機の書き方例文
q

志望動機をどのように書けばよいか悩んでいる薬剤師

違う薬局に転職することになったので、履歴書を書かなくてはいけません。

志望動機の欄をどのように書けばよいかわかりません。
採用されやすいような例文を教えてほしいのですが。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 履歴書の志望動機欄の書き方
  • 履歴書の志望動機で採用率は変わる?
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回のチェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論
本当の志望動機なんて、薬剤師転職サイトの担当者に伝えた条件そのものですよね。こっちも同じ薬剤師だからみんなわかっています。結局、「家から近くて通いやすい」、「給料が他より少し良い」、「休みがとりやすそう」、「薬局見学で雰囲気がよさそうだった」、といったところでしょう。


中途採用の薬剤師においては履歴書の志望動機欄は重視しません。それなりの当たり障りのない文章でも特に問題ありません。


ただし、「薬剤師 転職 志望動機」で検索された文章をそのまま履歴書に書いてくる薬剤師はうちでは不採用としています。

パート薬剤師も同様に、履歴書の志望動機欄は重視していません。

薬剤師の志望動機欄の書き方

結論を先に書いてしまいましたが、履歴書の志望動機欄については採用面ではあまり重視していません。


転職による中途採用薬剤師の大部分は薬剤師転職サイト経由ということもあり、履歴書内の志望動機欄はほぼ読んでいません。


その薬剤師の志望動機は、薬剤師転職サイトに伝えた希望条件にある程度合致した薬局のうちの1つだからでしょう。


それはこっちもわかっています。履歴書の志望動機欄を重視していませんから、どういう志望動機にしようかと悩んで時間を費やすことは無意味です。


ただし、インターネット上にあるちょっと上手な志望動機例をそのまま記載してきた薬剤師に対しては「信頼がおけない」という理由ですべて採用しない方針としています。
検索下位のサイトの例文でもダメです。志望動機文章をそのまま検索すれば普通に1位に出てきますから。


志望動機欄は、検索で出てきた文章を組み合わせるなどする必要はなく、自分で考えたそれなりの当たり障りのない文章で問題ありませんよ。むしろそのほうが良いくらいです。

履歴書の志望動機で採用率は変わる?

結論
変わりません。

理由
履歴書の志望動機で判断しない(採否の判断材料にはならない)から

私も中途薬剤師の採用面接の面接官になることがありますが、面接で志望動機を聞くことはありません。
志望動機は採否の判断材料にならないからです。(例外は上で書いた、インターネット上の志望動機をコピペしてきた場合のみ)


履歴書の志望動機ではなく、なぜ転職を考えたのか(転職をするのか)が重要だからです。


採用面接の面接官は、その薬剤師がうちの薬局でこれから長く勤務してくれるのか、活躍してくれるのか、成長してくれるのか、採用することで薬局にとってプラスになるのかという視点で採否を決定します。


ですから、うちの薬局を選んだ理由を聞いても仕方ないのです。

まとめ
履歴書の志望動機欄は重視されません。あまり気にせず、よくあるありきたりすぎる普通の文章を記載しましょう。
大事なのは履歴書の志望動機ではなく、なぜ転職することになったのかです。


この点については面接で絶対に聞かれますのでしっかりとまとめておきましょう。